ナミュール(2019.3.2)&アスクビクターモア(2019.4.1)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.18)-

Pedigree

ナミュール 牝 鹿毛 2019.3.2生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・高野 友和厩舎

ナミュール(2019.3.2)の4代血統表
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.00【12】
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
サンブルエミューズ
栗毛 2010.1.23
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:0.00【8】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
ノーザンテースト 1971.3.15
スカーレツトインク 1971.5.5
ヴィートマルシェ
鹿毛 2002.4.16
仔受胎時活性値:1.75【7】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.25【9】
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
キョウエイマーチ
鹿毛 1994.4.19
仔受胎時活性値:1.75【7】
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
種付け時活性値:0.50【10】
インターシャルマン
鹿毛 1987.3.12
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Lyphard5×5>

ナミュール(2019.3.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハービンジャー
(デインヒル系)
ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
ダンシングブレーヴ
(Lyphard系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハービンジャー
(Penang Pearl)
7.00 or 5.00 叔母マルシュロレーヌ
(No. 7-d シユリリー系)
3番仔
(3連産目)

*

2022年の第29回チューリップ賞(GII。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6ナミュール 牝3 54 横山 武史 1:33.2 7-8 33.9 430
[0]
高野 友和 1
2 1ピンハイ 牝3 54 高倉 稜 1:33.4 1 1/2 10-8 34.1 414
[-6]
田中 克典 13
3 3サークルオブライフ 牝3 54 M.デムーロ 1:33.4 クビ 4-4 34.5 476
[-2]
国枝 栄 2
4 8サウンドビバーチェ 牝3 54 石橋 脩 1:33.5 クビ 2-2 34.9 474
[0]
高柳 大輔 8
5 9ウォーターナビレラ 牝3 54 武 豊 1:33.6 3/4 4-5 34.5 478
[+8]
武 幸四郎 3

2022年の第29回チューリップ賞。オープン特別時代も含めて過去の勝ち馬を辿ればマックスビューティ(1984.5.3)アグネスフローラ(1987.6.18)シスタートウショウ(1988.5.25)アドラーブル(1989.3.28)ベガ(1990.3.8)エアグルーヴ(1993.4.6)テイエムオーシャン(1998.4.9)スイープトウショウ(2001.5.9)ウオッカ(2004.4.4)ブエナビスタ(2006.3.14)、レーヴディソール(2008.4.8)、ハナズゴール(2009.4.24)ハープスター(2011.4.24)シンハライト(2013.4.11)ソウルスターリング(2014.2.13)ラッキーライラック(2015.4.3)ダノンファンタジー(2016.1.30)と目を剥いてしまうメンバーが名を連ねる、3歳牝馬の出世レース。

そんなチューリップ賞の2022年の一戦を制したのはナミュール。前走の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)では1番人気に推されたものの、出遅れも響き、勝利を収めたサークルオブライフ(2019.3.24)からコンマ2秒差の4着。

サークルオブライフ(2019.3.24)-第73回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬-
サークルオブライフ 牝 鹿毛 2019.3.24生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・飯田 正剛氏 美浦・国枝 栄厩舎 ラブリイユアアイズ 牝 青毛 2019.3.19生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・井内 康之氏 美浦・黒岩 陽一厩舎

ナミュールの潜在能力を信じたファンは、2022年初戦となったチューリップ賞でも1番人気に支持。ナミュール、初コンビとなった横山武史騎手に重賞を勝てて嬉しいですが、馬の力だけで勝てましたと言わしめて、14頭立ての阪神芝1600m、桜花賞(GI)の最重要前哨戦を制しました。

ナミュールは曾祖母キョウエイマーチが桜花賞馬であり、叔母マルシュロレーヌ(2016.2.4)という近時活性となりつつある7号族d分枝系であるシユリリー(1925)系。

サラブレッド血統書. 第1巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

国立国会図書館デジタルコレクション、恐るべしというところですね。曾祖母キョウエイマーチは雨の不良馬場、18番枠ものかはで桜花賞勝利を収めました。ナミュール、曾祖母に続いて桜冠奪取となりますでしょうか。本番を楽しみにしたいと思います。

*

アスクビクターモア 牡 鹿毛 2019.4.1生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・廣崎利洋HD(株) 美浦・田村 康仁厩舎

アスクビクターモア(2019.4.1)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.00【16】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
カルティカ
鹿毛 2007.2.1
仔受胎時活性値:0.75【11】
Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.25【25】
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
I Will Follow
鹿毛 1975.4.29
▲Herbager 1956.4.19
Where You Lead 1970.4.23
Cayman Sunset
栗毛 1997.4.19
仔受胎時活性値:0.25【9】
★Night Shift
鹿毛 1980.4.4
種付け時活性値:0.00【16】
Northern Dancer 1961.5.27
Ciboulette 1961.5.19
Robinia
栗毛 1986.3.30
仔受胎時活性値:0.50【10】
Roberto
鹿毛 1969.3.16
種付け時活性値:0.00【16】
Royal Graustark
栗毛 1974.4.16
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Northern Dancer4×5>

アスクビクターモア(2019.4.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
★Night Shift
(Northern Dancer系)
Roberto
(Hail to Reason系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Rainbow Quest
(カルティカ)
2.25 半姉が欧州GI2勝馬
(No. 1-l)
6番仔?
(2連産目?)

*

2022年の第59回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(GII。中山芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10アスクビクターモア 牡3 56 田辺 裕信 2:00.5 2-2-2-2 35.2 474
[-4]
田村 康仁 3
2 7ドウデュース 牡3 56 武 豊 2:00.5 クビ 5-4-4-5 35.0 504
[+8]
友道 康夫 1
3 6ボーンディスウェイ 牡3 56 石橋 脩 2:00.6 1/2 3-3-4-3 35.0 494
[0]
牧 光二 9
4 1ジャスティンロック 牡3 56 川田 将雅 2:00.7 1/2 8-8-6-5 35.0 498
[+10]
吉岡 辰弥 4
5 9インダストリア 牡3 56 戸崎 圭太 2:00.8 3/4 9-9-9-8 34.9 488
[-6]
宮田 敬介 2

2022年の第59回報知杯弥生賞ディープインパクト記念 。過去の勝ち馬を辿ればキーストン(1962.3.15)、アサデンコウ(1964.2.29)、アサカオー(1965.5.12)、ワイルドモア(1966.3.8)、タニノムーテイエ(1967.5.9)、ロングエース(1969.4.2)、ハイセイコー(1970.3.6)カブラヤオー(1972.6.13)クライムカイザー(1973.5.22)ラツキールーラ(1974.2.22)、フアンタスト(1975.4.24)、ミスターシービー(1980.4.7)シンボリルドルフ(1981.3.13)サクラスターオー(1984.5.2)サクラチヨノオー(1985.2.19)メジロライアン(1987.4.11)イブキマイカグラ(1988.2.24)ウイニングチケット(1990.3.21)フジキセキ(1992.4.15)ダンスインザダーク(1993.6.5)スペシャルウィーク(1995.5.2)ナリタトップロード(1996.4.4)アグネスタキオン(1998.4.13)エイシンチャンプ(2000.3.23)コスモバルク(2001.2.10)ディープインパクト(2002.3.25)アドマイヤムーン(2003.2.23)ロジユニヴァース(2006.3.11)ヴィクトワールピサ(2007.3.31)サダムパテック(2008.3.30)サトノクラウン(2012.3.10)マカヒキ(2013.1.28)ダノンプレミアム(2015.4.3)タイトルホルダー(2018.2.10)。……サスガに「名馬の登竜門」としか言いようがありません^^;

そんな報知杯弥生賞ディープインパクト記念の2022年の一戦を制したのは、出走11頭中唯一のディープインパクト産駒、アスクビクターモア。父の名を冠したレース、サスガに負けられないと奮起したのでしょうか。アスクビクターモア、前進気勢の強さからか引っ掛かり加減に見えましたが、外枠から終始先行2番手を進み、直線も脚を止めることなく、詰め寄った2歳王者ドウデュース(2019.5.7)を「クビ」だけ退けたところが決勝点。アスクビクターモア、中山芝3戦3勝とした先にあったのは、父仔制覇。

【弥生賞】ディープインパクト産駒が父サンデー超え7勝目&出走機会6連覇達成 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 6日、中山競馬場で行われた弥生賞ディープインパクト記念(3歳・GII・芝2000m)は、2番手でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の3番人気アスクビクターモア(牡3、美浦・田村康仁厩舎)が、直線で先頭に… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

ディープインパクト産駒の弥生賞制覇はカミノタサハラ(2010.2.14)、マカヒキ(2013.1.28)カデナ(2014.3.30)ダノンプレミアム(2015.4.3)メイショウテンゲン(2016.3.10)サトノフラッグ(2017.2.26)に次いで7頭目。↑で引いたnetkeiba.comの記事によりますと、父サンデーサイレンスの産駒の6勝を超え、1984年以降では最多勝に。また昨年は同産駒の出走自体がなく、出走機会では2016年から6連覇となったということ。サスガ^^;

アスクビクターモアの戦績を辿れば、2021年6月の東京芝1800mの新馬戦1番人気3着時の勝ち馬がジオグリフ(2019.2.25)、9月の中山芝1800mの未勝利戦2番人気1着時の2着馬がアサヒ(2019.2.22)、10月の東京芝1800mのアイビーS(L)1番人気3着時の勝ち馬がドウデュース、明けて2022年1月の中山芝2000mの1勝クラス1番人気1着時の2着がレヴァンジル(2019.1.15)、そして3月の弥生賞3番人気1着時の2着がドウデュース。2019年生まれ世代の牡馬クラシック戦線の中核馬との戦いの中で5戦3勝、3着2回なのですから、アスクビクターモアの能力推して知るべし、ですね。0の理論的にも↑の4代血統表で示したとおり、楽しみが多い血統構成です。アスクビクターモア、その馬名意味は「冠名+勝者+より多くの」とのことです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。