第78回優駿牝馬(GI)の勝ち馬

Result

ソウルスターリング 牝 青鹿毛 2014.2.13生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・藤沢和雄厩舎

ソウルスターリング(2014.2.13)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:1.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
スタセリタ
鹿毛 2006.4.17
仔受胎時活性値:1.75
Monsun
黒鹿毛 1990.3.4
種付け時活性値:1.75
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976.5.17
Dschingis Khan 1961
Konigskronung 1965
Mosella
鹿毛 1985.3.25
Surumu 1974.2.26
Monasia 1979
Soignee
鹿毛 2002.3.3
仔受胎時活性値:0.75
Dashing Blade
鹿毛 1987.3.1
種付け時活性値:1.50
Elegant Air 1981.4.8
Sharp Castan 1977.4.23
Suivez
鹿毛 1990.1.20
仔受胎時活性値:0.75
Fioravanti
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50
Sea Symphony
鹿毛 1980.2.14
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

ソウルスターリング(2014.2.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Sadler’s Wells系)
Monsun
(Blandford系)
Dashing Blade
(Mill Reef系)
Fioravanti
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Monsun 3.50 母がGI6勝の名牝
(No.16-c)
2番仔
(2連産目)

*

第78回優駿牝馬(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2ソウルスターリング 牝3 55 C.ルメール 2:24.1   34.1 474
[0]
藤沢和雄 1
2 1モズカッチャン 牝3 55 和田竜二 2:24.4 1 3/4 34.1 468
[0]
鮫島一歩 6
3 16アドマイヤミヤビ 牝3 55 M.デムーロ 2:24.8 2 1/2 33.9 476
[+2]
友道康夫 2
4 7ディアドラ 牝3 55 岩田康誠 2:24.8 アタマ 33.9 478
[+2]
橋田満 9
5 14リスグラシュー 牝3 55 武豊 2:24.9 3/4 34.2 432
[-4]
矢作芳人 3

2017年の第78回優駿牝馬。終わってみれば、1番人気の2歳女王が自信の先行策から抜け出しました。ソウルスターリング、「魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して」くれたファンの支持に応えて、鋭く差し迫って来た第52回フローラS(GII)勝ち馬モズカッチャン(2014.2.27)を1と4分の1馬身抑えての完勝でした。3着に第52回クイーンC(GIII)勝ち馬アドマイヤミヤビ(2014.1.14)が追い込み、結局、東京芝のオープン特別以上の上級条件で勝利を収めたことのある馬たちによる、上位決着でした。

レースは「見た感じ、前半はゆっくり流れているなぁ」と思ったのです。後で確認してみれば、最初の1000mは61秒7というスローペース。これは今年2017年を含む近10年では最も遅い1000mの通過時計でした。けれど、勝ち時計2分24秒1は、第73回を制したジェンティルドンナ(2009.2.20)の2分23秒6に続く、優駿牝馬史上2位の好時計。絶好の良馬場、向こう流しに入ってからは緩められること無くレースが進み、総合能力で勝る1番人気馬が堂々と押し切った、という結果でした。

成されたのは、2歳女王の復権、母スタセリタに続く仏日のオークス制覇を遂げた鞍上には共にクリストフ・ルメール騎手、そして藤沢和雄調教師のJRA重賞通算100勝という偉業。私が競馬を見始めた時、シンコウラブリイ(1989.2.2)が走っていましたけれど、彼女のニュージーランドトロフィー4歳S(現ニュージーランドトロフィー、GII)が、藤沢調教師のJRA重賞初勝利でした。そうして、四半世紀の歳月をかけて、JRA重賞100勝。管理されたGI馬たちを勝利の時系列順に記載しますと、シンコウラブリイ、バブルガムフェロー(1993.4.11)、シンコウキング(1991.4.24)、タイキブリザード(1991.3.12)タイキシャトル(1994.3.23)、スティンガー(1996.5.15)、シンボリインディ(1996.1.20)、ゼンノエルシド(1997.3.26)、シンボリクリスエス(1999.1.21)、ダンスインザムード(2001.4.10)、ゼンノロブロイ(2000.3.27)スピルバーグ(2009.5.12)、ソウルスターリング、サトノアレス(2014.2.25)。GI勝ち馬だけでも14頭、綺羅星の如く走った駿馬たち、それぞれの走りに思い馳せられるのが、競馬者の幸せのひとつですね。彼ら彼女らの後ろには、いつでも「ハッピーピープル メイクス ハッピーホース」を貫く、藤沢調教師の姿がありました。

ソウルスターリング、地力の確かさを改めて見せ付けた東京芝2400mの舞台。秋に向かう進路が気になりますが、まずは戦いの疲れを癒やしてください。そしてまた、「魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して」います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。