Yoshida(ヨシダ。2014.2.24)-五十音にて名馬を辿る(No.38)-

Series

Yoshida(ヨシダ) 牡 鹿毛 2014.2.24生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・China Horse Club International Ltd., WinStar Farm,LLC, Head of Plains Partners LLC 米国・William I. Mott厩舎

Yoshida(2014.2.24)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.00【12】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
ヒルダズパッション
鹿毛 2007.3.13
仔受胎時活性値:1.50【6】
Canadian Frontier
鹿毛 1999.2.25
種付け時活性値:1.75【7】
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Borodislew
鹿毛 1990.1.19
Seattle Slew 1974.2.15
Breath Taking 1982.4.7
Executricker
鹿毛 1998.3.16
仔受胎時活性値:2.00【8】
★El Prado
芦毛 1989.2.3
種付け時活性値:0.00【8】
Sadler’s Wells 1981.4.11
Lady Capulet 1974.4.3
Trick Trick
鹿毛 1992.3.10
仔受胎時活性値:1.25【5】
Clever Trick
黒鹿毛 1976.3.10
種付け時活性値:1.75【15】
Full Virtue
芦毛 1981.2.17
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

Yoshida(2014.2.24)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Canadian Frontier
(Mr. Prospector系)
El Prado
(Sadler’s Wells系)
Clever Trick
(Nearctic系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Canadian Frontier
(Borodislew)
5.25母が米GI勝ち馬
(No. 8-h)
2番仔
(2連産目)

*

2017年のヒルプリンスS(米GIII。ベルモントパーク芝9F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
12Yoshida牡352.6Manuel Franco1:47.07William Mott3
25Lucullan牡353.1Kendrick CarmoucheクビKiaran McLaughlin5
36ブリックスアンドモルタル牡354.4Joel Rosario1/2Chad C Brown1
44Frostmourne牡354.4Irad Ortiz JrアタマChristophe Clement2
51Secretary At War牡352.6Junior Alvarado1 1/2James Jerkens9

2017年のヒルプリンスS。上位5頭が2馬身程にひしめく僅差の一戦、制したのは日本は安平・ノーザンファームの生産馬、ハーツクライ産駒のその名もYoshidaでした。Yoshidaの米国での活躍はこのヒルプリンスS以前から聞かれていました。ベルモントダービー招待S(米GI)1番人気5着、米国競馬名誉の殿堂博物館S(GII)2着、サラナクS(米GIII)2着と来て、3歳秋、満を持してのグレードレース初制覇でした。

このヒルプリンスSで3着に負かしたブリックスアンドモルタル(2014.3.2)。ご存知、後の2019年のエクリプス賞年度代表馬でした。

第36回ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)の勝ち馬-Bricks and Mortar(2014.3.2)-
Bricks and Mortar(ブリックスアンドモルタル) 牡 黒鹿毛 2014.3.2生 米国・George Strawbridge Jr.生産 馬主・Klaravich Stables, Inc. and Lawrence, William H. 米国・Chad C. Brown厩舎

*

2018年の第32回ターフクラシックS(米GI。チャーチルダウンズ芝9F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
18Yoshida牡454.4Jose L Ortiz1:54.64William Mott6
29ビーチパトロール牡554.4Joel Rosario3/4Chad C Brown1
36Synchrony牡554.4Joe Bravo3Michael Stidham2
45Arklow牡454.4Florent Geroux3/4Brad H Cox7
54Channel Makerせん453.5Javier Castellano1 1/2William Mott4

2018年の第32回ターフクラシック。同時期に行われたSaxon Warrior(2015.1.26)による英2000ギニー(GI)制覇の影に隠れてしまった感もありますが、こちらも日本産馬による見事な海外GI勝利でした。2018年の米国クラシック三冠を制したJustify(2015.3.28)と同じウインスターファームの勝負服、道中先行4番手から徐々に進出して、直線では内のビーチパトロール(2013.2.7)との叩き合いを制してYoshida、GI初制覇を遂げました。負かした相手のビーチパトロールはアーリントンミリオンS(米GI)、ジョーハーシュ・ターフクラシックS(米GI)、セクレタリアトS(米GI)とGI3勝を挙げた米国の芝路線のトップホースであり、このレースも1番人気でした。そのビーチパトロールを同斤量でねじ伏せたのですから、Yoshida、素晴らしかった。

*

2018年の第65回ウッドワードS(米GI。サラトガ・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
11Yoshida牡455.3Joel Rosario1:48.94William Mott3
29Gunnevera牡453.5Edgard J Zayas2Antonio Sano1
311Leofric牡554.4Kendrick CarmoucheハナBrad H Cox9
414Rally Cry牡553.5Mike E Smith1Todd Pletcher8
53Patch牡453.5Luis Saez3/4Todd Pletcher13

2018年の第65回ウッドワードS。ウッドワードSを制した名馬は数多くいますが、中でも米国年度代表馬まで上り詰めた馬はSword Dancer(1956.4.24)、Kelso(1957.4.4)、Buckpasser(1963.4.28)、Damascus(1964.4.14)、Arts and Letters(1966.4.1)、Forego(1970.4.30)、Seattle Slew(1974.2.15)、Affirmed(1975.2.21)、Spectacular Bid(1976.2.17)、Alysheba(1984.3.3)、Holy Bull(1991.1.24)Cigar(1990.4.18)Skip Away(1993.4.4)Mineshaft(1999.5.17)Ghostzapper(2000.4.6)Saint Liam(2000.4.13)Curlin(2004.3.25)Rachel Alexandra(2006.1.29)Havre de Grace(2007.5.12)Gun Runner(2013.3.8)と20頭を数えます。

正に米国の王道路線の中核を担うGIのひとつである、ウッドワードS。その第65回を制したのが、日本産馬Yoshida。この王道路線のダートGIをダート初挑戦で射止めてしまったあたり、Yoshidaの絶対能力の奥深さ恐るべし。

そんなYoshidaの能力を底支えしたボトムラインについて簡単に示しておきます。なお、以下の近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Trick Trick 1992.3.10 0勝
|Executricker 1998.3.16 1勝
||ヒルダズパッション 2007.3.13 8勝 バレリーナS(米GI) インサイドインフォメーションS(米GII) ヴェイグランシーH(米GII) レイヴンランS(米GII) ハリケーンバーティS(米GIII)ほか
|||Yoshida 2014.2.24 (本馬) ウッドワードS(米GI) ターフクラシックS(米GI) ヒルプリンスS(米GIII)ほか
|||サンクテュエール 2017.2.13 2勝 シンザン記念(GIII)ほか

米国から日本で継承されている8号族h分枝系。Yoshidaの母ヒルダズパッションは2011年のバレリーナSを始めとして、米グレードレース5勝の名牝。ヒルダズパッションは、現役最後のレースがバレリーナSであり、そのレースを制してGI勝ち馬となりました。なお、バレリーナSは例年8月末にサラトガ・ダート7Fで行われるレースですけれど、息子も真夏のサラトガ・ダートでGI制覇を遂げました。また、ヒルダズパッションの戦績を辿ったところ、サラトガ・ダートは2戦2勝でした。

*

芝とダートの二刀流で米国GIを制したYoshida。2022年現在はウインスターファームにて種牡馬供用されています。

Yoshida - WinStar Farm

北米ではまだまだ駒が少ないサンデーサイレンス系のメールライン。Yoshida、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏に由来するというその名前と共に、祖父の血の恐ろしさと凄さと素晴らしさを、祖父の生まれた国で存分に伝えて欲しいと願います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[Yoshida(2014.2.24)の主な競走成績]

  1. ウッドワードS(米GI)、ターフクラシックS(米GI)、ヒルプリンスS(米GIII)
  2. ホイットニーS(米GI)、米国競馬名誉の殿堂博物館S(米GII)、サラナクS(米GIII)
  3. ウッドワードS(米GI)

通算18戦5勝、2着4回、3着1回。

*

マイシンザン
マイシンザン

サンデーサイレンスさんの血、生まれ故郷の米国でも根付こうとしているなぁ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

20世紀末の真の革命種牡馬ですから、サンデーサイレンスは。

マイシンザン
マイシンザン

ああ、日本国内だけに留まる血ではないことは、既に多く証明されているからな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

Yoshida、米国におけるサンデーサイレンス系種牡馬の旗手として、頑張って欲しいものです。

Yoshida(2014.2.24)
Yoshida 牡 鹿毛 2014.2.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・WinStar Farm, China Horse Club International Ltd., SF Racing LLC, Head of Pla...
第32回ターフクラシックS(米GI)の勝ち馬-Yoshida(2014.2.24)-
Yoshida 牡 鹿毛 2014.2.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・China Horse Club International Ltd., WinStar Farm,LLC, Head of Plains Prtnrs ...
第65回ウッドワードS(米GI)の勝ち馬-Yoshida(2014.2.24)-
Yoshida 牡 鹿毛 2014.2.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・China Horse Club International Ltd., WinStar Farm,LLC, Head of Plains Prtnrs LLC 米国・William I. Mott厩舎