SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の拾捌)-Curlin(2004.3.25)-

Pedigree

Curlin(カーリン) 牡 栗毛 2004.3.25生 米国・Fares Farm Inc生産 馬主・Stonestreet Stables & Midnight Cry Stables 米国・Helen Pitts厩舎→Steve Asmussen厩舎

Curlin(2004.3.25)の4代血統表
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
種付け時活性値:0.75
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native
栗毛 1961.4.28
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Classy ‘n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten
黒鹿毛 1976.4.17
★Cyane 1959.4.12
Smartaire 1962.4.25
No Class
鹿毛 1974.3.30
★Nodouble 1965.3.4
Classy Quillo 1969.1.24
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
仔受胎時活性値:0.25
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.50
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty’s Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Barbarika
鹿毛 1985.3.9
仔受胎時活性値:2.00
Bates Motel
鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.25
Sir Ivor 1965.5.5
Sunday Purchase 1970.5.7
War Exchange
芦毛 1972.3.24
仔受胎時活性値:1.00
Wise Exchange
芦毛 1965.3.17
種付け時活性値:1.50
Jungle War
黒鹿毛 1964.3.8
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:なし>

Curlin(2004.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Smart Strike
(Mr. Prospector系)
Deputy Minister
(Northern Dancer系)
Bates Motel
(Sir Gaylord系)
Wise Exchange
(Teddy系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Deputy Minister
(Vice Regent)
5.00 従弟レッドスパーダ
(No. 19-c)
5番仔?
(3連産目?)

*

2007年の第132回プリークネスS(米GI。ピムリコ・ダート9.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Curlin 牡3 57.2 Robby Albarado 1:53.46 Steven Asmussen 2
2 8 ストリートセンス 牡3 57.2 Calvin H Borel アタマ Carl Nafzger 1
3 7 ハードスパン 牡3 57.2 Mario G Pino 4 J Larry Jones 3
4 9 C P West 牡3 57.2 Edgar S Prado 1 1/2 Nicholas Zito 8
5 3 Circular Quay 牡3 57.2 John R Velazquez 1 1/4 Todd Pletcher 4

*

2007年の第24回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。モンマスパーク・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Curlin 牡3 54.9 Robby Albarado 2:00.59 Steven Asmussen 4
2 8 ハードスパン 牡3 54.9 Mario G Pino 4 1/2 J Larry Jones 6
3 6 Awesome Gem せん4 57.2 David Romero Flores 4 3/4 Craig Dollase 8
4 2 ストリートセンス 牡3 54.9 Calvin H Borel 1 Carl Nafzger 1
5 9 Tiago 牡3 54.9 Mike E Smith 8 1/4 John Shirreffs 7

*

2008年の第13回ドバイワールドカップ(UAE・GI。ナドアルシバ・ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 12 Curlin 牡4 57 Robby Albarado 2:01.15 Steven Asmussen 1
2 9 Asiatic Boy 牡4 57 Johnny Murtagh 7 3/4 M F De Kock 3
3 2Well Armed せん5 57 Aaron T Gryder 1/4 Eoin Harty 9
4 13 A P Arrow 牡6 57 R A Dominguez 3/4 Todd Pletcher 6
5 5 Great Hunter 牡4 57 G K Gomez 1 Doug O’Neill 11

*

2008年の第90回ジョッキークラブゴールドC(米GI。ベルモントパーク・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Curlin 牡4 57.2 Robby Albarado 2:01.93 Steven Asmussen 1
2 3 Wanderin Boy 牡7 57.2 Alan Garcia 3/4 Nicholas Zito 3
3 2 Merchant Marine せん4 57.2 Cornelio H Velasquez 3 3/4 H Allen Jerkens 4
4 8 Mambo In Seattle 牡3 55.3 Edgar S Prado 7 1/4 Neil J Howard 2
5 1 Ravel 牡4 57.2 Rafael Bejarano 4 Todd Pletcher 7

*

2007年と2008年のエクリプス賞年度代表馬、Curlin。北米競馬史上初の1000万ドルホースは、

  1. 2007年
    →プリークネスS(米GI)、ジョッキークラブゴールドC(米GI)、ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)
  2. 2008年
    →ドバイワールドカップ(UAE・GI)、スティーブンフォスターH(米GI)、ウッドワードS(米GI)、ジョッキークラブゴールドC(米GI)

と、王道路線を2年に渡り走りながら、強者としての矜持を見せ続けた真の名馬。2008年は凱旋門賞(仏GI)に向かうべく芝のマンノウォーS(米GI)にも出走しましたが結果2着で白紙となりました。それでも、大陸を超え、統一王者になろうとした心意気や良し。

Curlin。栗毛の流星、その美しさと共に強さと速さを兼ね備えた駿馬は、世代を重ねる時にもその能力を遺憾なく発揮し、

  1. Palace Malice(2010.5.2)
    →ベルモントS(米GI)、メトロポリタンH(米GI)ほか
  2. Keen Ice(2012.3.25)
    →トラヴァーズS(米GI)ほか。トラヴァーズSではAmerican Pharoah(2012.2.2)を破る大金星
  3. カラライナ(2012.5.5)
    →エイコーンS(米GI)、CCAオークス(米GI)、ラトロワンヌS(米GI)ほか
  4. Stellar Wind(2012.2.13)
    →サンタアニタオークス(米GI)、クレメントLハーシュS(米GI)2回、ゼニヤッタS(米GI)、アップルブロッサムH(米GI)、ビホルダーマイルS(米GI)ほか
  5. Exaggerator(2013.2.5)
    →プリークネスS(米GI)、サンタアニタダービー(米GI)、ハスケル招待S(米GI)ほか
  6. Off the Tracks(2013.2.15)
    →マザーグースS(米GI)ほか
  7. Connect(2013.5.6)
    →シガーマイル(米GI)ほか
  8. Vino Rosso(2015.3.29)
    →ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、ゴールドCアットサンタアニタS(米GI)ほか
  9. Good Magic(2015.3.1)
    →ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)、ハスケル招待S(米GI)ほか

等を輩出しており、2020年の種付け料は17万5千ドルという人気種牡馬として活躍しています。

Curlin、北米競馬史上初の1000万ドルホースの血をこれからも伝えていって欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

[Curlin(2004.3.25)の主な競走成績]

  1. ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、ドバイワールドカップ(UAE・GI)、プリークネスS(米GI)、ジョッキークラブゴールドC(米GI)2回、ウッドワードS(米GI)、スティーブンフォスターH(米GI)、アーカンソーダービー(米GII)、レベルS(米GIII)
  2. ケンタッキーダービー(米GI)、ベルモントS(米GI)、マンノウォーS(米GI)
  3. ハスケル招待S(米GI)

通算16戦11勝、2着2回、3着2回。