SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の拾伍)-Ghostzapper(2000.4.6)-

Horse of the Year

Ghostzapper(ゴーストザッパー) 牡 鹿毛 2000.4.6生 米国・Adena Springs Farms生産 馬主・Frank Stronach & Ghostzapper Syndicate 米国・Robert J. Frankel厩舎

Ghostzapper(2000.4.6)の4代血統表
Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
種付け時活性値:1.25
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty’s Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Primal Force
鹿毛 1987.4.27
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Prime Prospect
鹿毛 1978.3.20
Mr. Prospector 1970.1.28
Square Generation 1969.3.27
Baby Zip
鹿毛 1991.3.24
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Relaunch
芦毛 1976.3.16
種付け時活性値:1.50
In Reality
鹿毛 1964.3.1
Intentionally 1956.4.2
My Dear Girl 1957.2.17
Foggy Note
芦毛 1965.3.20
The Axe 1958.5.15
Silver Song 1957.4.2
Thirty Zip
黒鹿毛 1983.4.23
仔受胎時活性値:1.75
Tri Jet
黒鹿毛 1969.4.3
種付け時活性値:1.25
Jester 1955.4.1
Haze 1953.2.15
Sailaway
鹿毛 1976.4.12
仔受胎時活性値:1.50
Hawaii
鹿毛 1964
種付け時活性値:0.625
Quick Wit
栗毛 1956.3.29
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:なし>

Ghostzapper(2000.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Awesome Again
(Deputy Minister系)
Relaunch
(Intent系)
Tri Jet
(Tom Fool系)
Hawaii
(Dante系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Relaunch
(Baby Zip)
6.00 or 4.00 半兄City Zipが米GI馬
(No. 23-b)
5番仔?
(5連産目?)

*

2004年のトムフールH(米GII。ベルモントパーク・ダート7F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Ghostzapper 牡4 54 Javier Castellano 1:20.42 Robert Frankel 1
2 3 Aggadan 牡5 51.7 Edgar S Prado 4 1/4 Richard Dutrow Jr 4
3 5 Unforgettable Max 牡4 51.7 J D Bailey 3 1/2 Bruce N Levine 2
3 1 Lion Tamer 牡4 53.5 John R Velazquez 1/2 Todd Pletcher 3

*

2004年のフィリップHアイズリンBCH(米GIII。モンマスパーク・ダート9F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Ghostzapper 牡4 54.4 Javier Castellano 1:47.66 Robert Frankel 1
2 2 Presidentialaffair せん5 53.1 Stewart Elliott 10 3/4 Martin E Ciresa 2
3 1 Zoffinger 牡4 52.2 J A Velez Jr 21 1/4 John H Forbes 4
4 7 Private Lap 牡5 51.7 Joe Bravo ハナ Steve Klesaris 3

*

2004年の第51回ウッドワードS(米GI。ベルモントパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Ghostzapper 牡4 57.2 Javier Castellano 1:46.38 Robert Frankel 1
2 2 Saint Liam 牡4 57.2 Edgar S Prado クビ Richard Dutrow Jr 5
3 7 Bowman’s Band 牡6 57.2 R A Dominguez 9 1/4 H Allen Jerkens 4
4 6 Seek Gold せん4 57.2 Cornelio H Velasquez 7 1/4 Nicholas Zito 7
5 5 Newfoundland 牡4 57.2 John R Velazquez 1 1/2 Todd Pletcher 2

*

2004年の第21回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。ローンスターパーク・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Ghostzapper 牡4 57.2 Javier Castellano 1:59.02 Robert Frankel 2
2 6ロージズインメイ 牡4 57.2 John R Velazquez 3 Dale Romans 4
3 12Pleasantly Perfect 牡6 57.2 J D Bailey 4 Richard E Mandella 1
4 4 Perfect Drift せん5 57.2 Kent J Desormeaux 3/4 Murray Johnson 7
5 3アゼリ 牝6 55.8 P Day 2 D Wayne Lukas 6

*

2004年のエクリプス賞年度代表馬、Ghostzapper。2歳~3歳は最長でも7Fまでの出走だった快速馬Ghostzapper、4歳を迎えた2004年は初戦の7FのトムフールHを4と4分の1馬身差で快勝すると、その次走、初距離だった9FのフィリップHアイズリンBCHを10と4分の3馬身差の大圧勝を以て、進路を王道路線に定めました。9Fの第51回ウッドワードSはやはり後にエクリプス賞年度代表馬に選出されるSaint Liam(2000.4.13)との名勝負をクビ差で制すると、大一番の10Fの第21回ブリーダーズカップ・クラシックは、現在もレース最速タイムとして残る1分59秒02でロージズインメイ(2000.2.9)に3馬身差の完勝。ブリーダーズカップ・クラシック初の父仔制覇を締めとして、2004年シーズン4戦4勝。速さと強さを見せ付けてGhostzapper、見事エクリプス賞年度代表馬に選出されました。

そんなGhostzapperの代表産駒を示しておきます。以下、代表産駒と共に示すGレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. Stately Victor(2007.5.1)
    →ブルーグラスS(米GI)ほか
  2. Better Lucky(2009.3.26)★
    →メイトリアークS(米GI)、ファーストレディS(米GI)ほか
  3. Judy the Beauty(2009.3.17)★
    →ブリーダーズカップ・フィリー&メアスプリント(米GI)、マディソンS(米GI)ほか
  4. Molly Morgan(2009.4.21)★
    →ラトロワンヌS(米GI)ほか
  5. コンテスティッド(2009.3.10)★
    →エイコーンS(米GI)、テストS(米GI)ほか
  6. スターシップトラッフルズ(2009.3.10)★
    →プリンセスルーニーH(米GI)
  7. Moreno(2010.4.2)
    →ホイットニーS(米GI)ほか
  8. Paulassilverlining(2012.3.21)
    →ヒューマナディスタフS(米GI)、マディソンS(米GI)ほか
  9. Shaman Ghost(2012.5.5)
    →サンタアニタH(米GI)、ウッドワードS(米GI)、クイーンズプレートほか
  10. Greenzapper(2012.4.14)
    →ホベルト&ネウソン・グリマウジ・セアブラ大賞(伯GI)
  11. Holy Helena(2014.5.4)
    →クイーンズプレートほか
  12. Guarana(2016.4.29)
    →エイコーンS(米GI)、CCAオークス(米GI)ほか
  13. Nucky(2017.3.29)★
    →デルマーフューチュリティ(米GI)
  14. ワイルドフラッパー(2009.5.12)★
    →レディスプレリュード(JpnII)、エンプレス杯(JpnII)、マリーンC(JpnIII)ほか

Ghostzapper自身の父系が加国由来、そして加国の名士であるフランク・ストロナック氏のストロナックステーブルの所有ということもあり、Shaman Ghost、Holy Helenaの2頭が、加国のクイーンズプレートの勝ち馬として名を連ねています。そしてまた、名前を挙げた13頭のうち10頭が牝馬であり、フィリーサイアーとしての活躍が目立ちます。繁殖馬としては母方に入って良い仕事をするGhostzapper、ブルードメアサイアーとしてJustify(2015.3.28)という超大物を送り込みました。

また、0の理論的な見解を述べると、14頭のうち6頭が2009年生まれ世代。Ghostzapperが満8歳時のミニモの遺伝を受けた牝駒たちが活躍したというところです。2009年生まれ世代の6頭のうち3頭がカタカナ馬名であり、コンテスティッドとスターシップトラッフルズ、そしておなじみのワイルドフラッパーの3頭が、繁殖牝馬として社台ファームで繋養されています。見れば、コンテスティッドとスターシップトラッフルズの2頭は、共に3月10日生まれですね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Ghostzapper(2000.4.6)の主な競走成績]

  1. ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、メトロポリタンH(米GI)、ウッドワードS(米GI)、ヴォスバーグS(米GI)、トムフールH(米GII)、フィリップHアイズリンBCH(米GIII)
  2. キングズビショップS(米GI)

通算11戦9勝、3着1回。