SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の拾玖)-Rachel Alexandra(2006.1.29)-

Pedigree

Rachel Alexandra(レイチェルアレクサンドラ) 牝 鹿毛 2006.1.29生 米国・Dolphus C. Morrison生産 馬主・Stonestreet Stables 米国・Hal R.Wiggins厩舎→Steve Asmussen厩舎

Rachel Alexandra(2006.1.29)の4代血統表
Medaglia d’Oro
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:1.50
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Lady Capulet
芦毛 1974.4.3
★Sir Ivor 1965.5.5
Cap and Bells 1958.5.21
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper
鹿毛 1974.3.28
Damascus 1964.4.14
Court Circuit 1964.4.11
Dubbed In
栗毛 1973.5.31
Silent Screen 1967.4.23
Society Singer 1968.4.24
Lotta Kim
鹿毛 2001.3.15
仔受胎時活性値:1.00
Roar
鹿毛 1993.1.25
種付け時活性値:1.75
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Wild Applause
鹿毛 1981.5.4
Northern Dancer 1961.5.27
Glowing Tribute 1973.3.15
Kim’s Blues
鹿毛 1993.4.3
仔受胎時活性値:1.75
Cure the Blues
鹿毛 1978.4.27
種付け時活性値:1.50
Stop the Music 1970.3.23
Quick Cure 1971.1.27
Early Decision
黒鹿毛 1985.5.11
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gaylord
黒鹿毛 1970.4.21
種付け時活性値:1.50
Biscayne Missy
黒鹿毛 1975.5.24
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Sir Gaylord5×5>

Rachel Alexandra(2016.1.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Medaglia d’Oro
(Sadler’s Wells系)
Roar
(Mr. Prospector系)
Cure the Blues
(Hail to Reason系)
Lord Gaylord
(Sir Gaylord系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Roar
(Lotta Kim)
4.75 娘も米GI馬
(No. 1-o)
初仔

*

2009年の第135回ケンタッキーオークス(米GI。チャーチルダウンズ・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Rachel Alexandra 牝3 54.9 Calvin H Borel 1:48.87 Hal R Wiggins 1
2 3 Stone Legacy 牝3 54.9 Kent J Desormeaux 20 1/4 D Wayne Lukas 7
3 8 Flying Spur 牝3 54.9 G K Gomez 4 1/4 William Mott 2
4 2 Be Fair 牝3 54.9 Rafael Bejarano 1 D Wayne Lukas 5
5 7 Nan 牝3 54.9 Corey S Nakatani クビ Craig Dollase 4

*

2009年の第134回プリークネスS(米GI。ピムリコ・ダート9.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 13 Rachel Alexandra 牝3 54.9 Calvin H Borel 1:55.08 Steven Asmussen 1
2 2Mine That Bird せん3 57.2 Mike E Smith 1 Bennie L Woolley Jr 3
3 3 Musket Man 牡3 57.2 E Coa 1/2 Derek S Ryan 6
4 10 Flying Private 牡3 57.2 Alan Garcia 2 1/2 D Wayne Lukas 12
5 1 Big Drama 牡3 57.2 John R Velazquez 1 1/2 David Fawkes 5

*

2009年の第53回マザーグースS(米GI。ベルモントパーク・ダート9F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Rachel Alexandra 牝3 54.9 Calvin H Borel 1:46.33 Steven Asmussen 1
2 4 Malibu Prayer 牝3 54.9 John R Velazquez 19 1/4 Todd Pletcher 3
3 5 Flashing 牝3 54.9 Javier Castellano 12 1/4 Saeed bin Suroor 2

*

2009年の第42回ハスケル招待S(米GI。モンマスパーク・ダート9Fの結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Rachel Alexandra 牝3 53.1 Calvin H Borel 1:47.21 Steven Asmussen 1
2 2 Summer Bird 牡3 55.3 Kent J Desormeaux 6 Tim A Ice 2
3 4 Munnings 牡3 53.5 John R Velazquez 1 Todd Pletcher 3
4 3 Papa Clem 牡3 53.5 Elvis Trujillo 3/4 Gary Stute 4
5 1 Duke of Mischief 牡3 53.5 E Coa 3/4 David Fawkes 5

*

2009年の第56回ウッドワードS(米GI。サラトガ・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Rachel Alexandra 牝3 53.5 Calvin H Borel 1:48.29 Steven Asmussen 1
2 4 Macho Again 牡4 57.2 Robby Albarado アタマ Dallas Stewart 2
3 2 Bullsbay 牡5 57.2 Jeremy Rose 1 1/2 H Graham Motion 5
4 6 Asiatic Boy 牡6 57.2 Alan Garcia 8 1/4 Kiaran McLaughlin 3
5 5 It’s A Bird 牡6 57.2 Julien R Leparoux 1 Martin D Wolfson 4

*

2009年のエクリプス賞年度代表馬、Rachel Alexandra。2009年のGI5連勝、そのインパクトは激烈であり、

  1. 第135回ケンタッキーオークス
    →レース史上最大着差の20と4分の1馬身差勝ち。稀代の名牝が見せた一大キャンペーンの始まりでした
  2. 第134回プリークネスS
    →牝馬による勝利は1924年のNellie Morse(1921)以来85年ぶり史上5頭目。2着に負かした相手はケンタッキーダービー(米GI)馬Mine That Bird(2006.5.10)
  3. 第53回マザーグースS
    →Rachel Alexandraに恐れをなして3頭立て。レース史上最大着差の19と4分の1馬身差勝ち。ベルモントパーク・ダート9ハロンの勝ち時計1分46秒33はステークスレコード
  4. 第42回ハスケル招待S
    →牝馬による勝利はSerena’s Song(1992.4.4)以来14年ぶり史上2頭目。ベルモントS(米GI)馬サマーバード(2006.4.7)に6馬身差勝ち
  5. 第56回ウッドワードS
    →牝馬による勝利は史上初。初の古馬相手もいとやせず

むぅ、恐るべしはRachel Alexandra!!

  

Rachel Alexandra、スピナウェイS(米GI)を制した2番仔Rachel’s Valentina(2013.2.12)出産時に負傷した結腸の手術後、繁殖牝馬としての活動は休止状態です。また、初仔のJess’s Dream(2012.1.22)は1戦1勝で引退しましたが、父Curlin(2004.3.25)、母Rachel Alexandraという「父母共にエクリプス賞年度代表馬」という稀に見る良血であり、現在は種牡馬として供用されています。この先、Rachel Alexandraの3番仔が見られるかどうかは分かりかねますが、初仔Jess’s Dreamと2番仔Rachel’s Valentinaにより、Rachel Alexandraの血が繋がれていくことを、東洋の空の下から祈るばかりです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

[Rachel Alexandra(2006.1.29)の主な競走成績]

  1. プリークネスS(米GI)、ケンタッキーオークス(米GI)、ウッドワードS(米GI)、ハスケル招待S(米GI)、マザーグースS(米GI)、フルールデリスH(米GII)、ファンタジーS(米GII)、フェアグラウンズオークス(米GII)、ゴールデンロッドS(米GII)
  2. パーソナルエンスンS(米GI)、ラトロワンヌS(米GII)、ポカホンタスS(米GIII)、デビュターントS(米GIII)

通算19戦13勝、2着5回。