イクイノックス(2019.3.23)-第168回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬-

Result

イクイノックス 牡 青鹿毛 2019.3.23生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村 哲也厩舎

イクイノックス(2019.3.23)の4代血統表
キタサンブラック
鹿毛 2012.3.10
種付け時活性値:1.50【6】
ブラックタイド
黒鹿毛 2001.3.29
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
シュガーハート
鹿毛 2005.3.6
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
サクラユタカオー
1982.4.29
サクラハゴロモ 1984.4.13
オトメゴコロ
栗毛 1990.4.18
ジヤツジアンジエルーチ 1983.2.22
テイズリー 1981.4.27
シャトーブランシュ
鹿毛 2010.3.28
仔受胎時活性値:2.00【8】
キングヘイロー
鹿毛 1995.4.28
種付け時活性値:1.50【14】
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
1969.5.10
Navajo Princess 1974.3.31
グッバイヘイロー
栗毛 1985.2.12
Halo 1969.2.7
Pound Foolish 1979.3.17
ブランシェリー
鹿毛 1998.3.3
仔受胎時活性値:0.75【11】
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50【14】
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
メゾンブランシュ
鹿毛 1989.4.16
仔受胎時活性値:2.00【8】
Alleged
鹿毛 1974.5.4
種付け時活性値:1.50【14】
ブランシユレイン
芦毛 1982.6.11
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Halo4×4、Lyphard4×5×5>

イクイノックス(2019.3.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キタサンブラック
(サンデーサイレンス系)
キングヘイロー
(Lyphard系)
トニービン
(ゼダーン系)
Alleged
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キタサンブラック 6.25
(【8】+【11】+【8】+【6】)
半兄ヴァイスメテオール
(No. 16-b)
3番仔
(3連産目)

*

2023年の第168回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7 イクイノックス 牡4 58 C.ルメール 1:55.2 レコード 3-3-3 34.2 494
[+2]
木村 哲也 1
2 6 ジャスティンパレス 牡4 58 横山 武史 1:55.6 2 1/2 10-10-10 33.7 468
[-2]
杉山 晴紀 6
3 9 プログノーシス 牡5 58 川田 将雅 1:55.8 1 1/4 11-11-10 33.9 474
[-2]
中内田 充正 3
4 4 ダノンベルーガ 牡4 58 J.モレイラ 1:55.8 アタマ 8-7-7 34.3 500
[-8]
堀 宣行 4
5 5 ガイアフォース 牡4 58 西村 淳也 1:56.2 2 1/2 2-2-2 35.5 496
[+6]
杉山 晴紀 7
2023年の第168回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4 – 11.0 – 11.5 – 11.4 – 11.4 – 11.4 – 11.4 – 11.6 – 11.4 – 11.7
ラップの
累計タイム
12.4 – 23.4 – 34.9 – 46.3 – 57.7 – 1:09.1 – 1:20.5 – 1:32.1 – 1:43.5 – 1:55.2
上り 4F 46.1 – 3F 34.7

東京芝2000m、晴の良馬場、11頭立て。エイシンフラッシュ(2007.3.27)が制した2012年の第146回以来11年ぶりの天覧競馬となった天皇賞・秋、戦前に思わぬアクシデントが発生。

武 豊騎手は天皇賞(秋)(GⅠ)他で騎手変更 JRA

武豊騎手、5レースの新馬戦で騎乗したキタサンブラック産駒ブラックライズ(2021.3.30)にレース後の検量室前で鞍を外した際に右足を蹴られてしまった、ということ。ユタカさんの回復を祈るばかりですが、ドウデュース(2019.5.7)は戸崎圭太騎手が乗り替わりとなった第168回天皇賞・秋。

目を剥く強さと速さで制したのはキタサンブラック産駒イクイノックス。

これはもうシャッポを脱ぐしか無いです。昨年2022年の天皇賞・秋、有馬記念(GI)、今年2023年のドバイシーマクラシック(UAE・GI)、宝塚記念(GI)、そして天皇賞・秋とGI5連勝。

イクイノックス(2019.3.23)-第166回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬-
イクイノックス 牡 青鹿毛 2019.3.23生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村 哲也厩舎
イクイノックス(2019.3.23)-第67回有馬記念(GI)の勝ち馬-
イクイノックス 牡 青鹿毛 2019.3.23生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村 哲也厩舎
イクイノックス(2019.3.23)-第25回ドバイシーマクラシック(UAE・GI)の勝ち馬-
イクイノックス(Equinox) 牡 青鹿毛 2019.3.23生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村 哲也厩舎
イクイノックス(2019.3.23)-第64回宝塚記念(GI)の勝ち馬+α-
イクイノックス 牡 青鹿毛 2019.3.23生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村 哲也厩舎スルーセブンシーズ 牝 鹿毛 2018.4.8生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・尾関 知人厩舎

今回の天皇賞・秋。ジャックドール(2018.4.8)が作り出した1000m通過57秒7のハイペースを離れた3番手追走から、東京芝Bコースの直線525.9mを向いて、残り400mを切った際のあまりの手応えの良さに、両の二の腕に鳥肌が立ちました。ラスト300mあたりで鞍上のクリストフ・ルメール騎手が追い出しに掛かると、後はイクイノックスとルメール騎手の二人舞台。私、決勝点前は時計ばかり気になってしまったのですが、「これ、レコードになるんちゃうか」「スゴイ強さや」「うわ、凄いスピード」「うわ、速い!! 55秒2ぃ!! 1分55秒2!!」と、自分の叫びを記したところで、その勝ち時計1分55秒2は芝2000mにおける超絶の日本レコード。そして恐らく芝2000mの世界レコード。

イクイノックス。シンボリクリスエス(1999.1.21)アーモンドアイ(2015.3.10)に続く史上3頭目の天皇賞・秋連覇を蹄中に収めて向かう先は、勝てばやはり父仔制覇となるジャパンカップ(GI)。「イクイノックスが、もしジャパンカップを勝利したら」と金額を弾いていたのですが、ええ、25億円馬になりますね^^;

ともあれ、少数精鋭の超速決戦を戦い終えた今、11頭の馬たちが何事もなく、また次走、元気に走ってくれることをただただ祈ります。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。