Ribot(1952.2.27)-凱旋門賞(仏GI)が100回を迎えるに当たり(No.1)-

Special feature

Ribot(リボー) 牡 鹿毛 1952.2.27生~1972.4.28没 英国・Federico Tesio生産 馬主・Lydia Tesio & Mario della Rocchetta 伊国・Ugo Penco厩舎

Ribot(1952.2.27)の4代血統表
Tenerani
鹿毛 1944
種付け時活性値:1.75【7】
Bellini
鹿毛 1937
Cavaliere d’Arpino
鹿毛 1926
Havresac 1915
Chuette 1916
Bella Minna
栗毛 1923
★Bachelor’s Double 1906
Santa Minna 1915
Tofanella
栗毛 1931
Apelle
栗毛 1923
Sardanapale 1911
Angelina 1913
Try Try Again
鹿毛 1922
Cylgad 1909
Perseverance 1904
Romanella
栗毛 1943
仔受胎時活性値:2.00【8】

El Greco
栗毛 1934
種付け時活性値:0.00【8】
Pharos
黒鹿毛 1920.4.4
Phalaris 1913.5.16
Scapa Flow 1914
Gay Gamp
黒鹿毛 1923
★Gay Crusader 1914
Parasol 1917
Barbara Burrini
鹿毛 1937
仔受胎時活性値:1.25【5】
★Papyrus
黒鹿毛 1920
種付け時活性値:0.00【16】
Tracery 1909
Miss Matty 1914
Bucolic
鹿毛 1926
仔受胎時活性値:0.50【10】
Buchan
鹿毛 1916
種付け時活性値:0.25【9】
Volcanic
栗毛 1918
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Sunstar5×5>

Ribot(1952.2.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Tenerani
(Rabelais系)
★El Greco
(Pharos系)
Papyrus
(Rock Sand系)
Buchan
(Sundridge系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tenerani
(Orgueilleuse)
5.50 甥ルイスデール
(No. 4-l)
5番仔?
(3連産目?)

*

1955年の第34回凱旋門賞(ロンシャン芝2400m)の結果(上位3頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 Ribot 牡3 55.5 E. Camici 2:35.68 U. Penco
2 ボウプリンス 牡3 55.5  3 
3 Picounda 牝3 54  2 1/2 

*

1956年の第35回凱旋門賞(ロンシャン芝2400m)の結果(上位3頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 Ribot 牡4 60 E. Camici 2:34.76 U. Penco
2 Talgo 牡3 55.5  6 
3 Tanerko 牡3 55.5  2 

*

Ribot。1955年の第34回凱旋門賞と1956年の第35回凱旋門賞を連覇した名馬。言わずもがなですね。20世紀における名馬中の名馬の1頭です。

「ドルメロの魔術師」フェデリコ・テシオの、最後にして最高の傑作Ribot。こと凱旋門賞のみにフォーカスしても、競走においてRibot自身が連覇、そして99回の歴史の中で凱旋門賞親仔制覇を果たした種牡馬のうち、2頭の凱旋門賞勝ち産駒を輩出したのはRibotだけです。初年度産駒のMolvedo(1958)、4年度産駒にして0の理論的には8歳時交配のミニモの遺伝で輩出したプリンスロイヤル(1961)の2頭が、父に続いて凱旋門賞馬と相成りました。

日本に輸入された凱旋門賞馬を辿る(其の壱)-セントクレスピン(1956)&プリンスロイヤル(1961)-
セントクレスピン(Saint Crespin) 牡 栗毛 1956生~1981没 英国・Prince Aly Khan生産 馬主・Prince Aly Khan 仏国・Alec Head厩舎 プリンスロイヤル(Prince Royal) 牡 鹿毛 1961生~1983.8.4没 英国・Charles W. Wacker III生産 馬主・Rex Ellsworth 仏国・Georges Bridgland厩舎

という訳で、今年2021年に凱旋門賞(仏GI)が100回を迎えるに当たり、弊サイトで時折現れる発作的な短期集中の「特集」にて、Ribot以降の凱旋門賞勝ち馬に関する記事を10回に渡りお届けしようと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Ribot(1952.2.27)の主な競走成績]

  1. 凱旋門賞2回、”キング・ジョージ”、伊ジョッキークラブ大賞、ミラノ大賞、伊グランクリテリウム、エマヌエーレフィリベルト賞、ピサ賞、クリテリウムナツィオナーレ、ピアッツァレ賞、ベサーナ賞

通算16戦16勝。

[Ribot(1952.2.27)の代表産駒(一部)]

  1. Molvedo(1958)
    →凱旋門賞、ジョッケクルブ賞、ドーヴィル大賞、伊グラン・クリテリウムほか
  2. プリンスロイヤル(1961)
    →凱旋門賞、ミラノ大賞ほか
  3. ロムルス(1959)
    →ムーラン・ド・ロンシャン賞、サセックスS、クイーンエリザベス2世Sほか。NHK杯勝ち馬ランドジヤガー(1969.2.28)の父、スズパレード(1981.3.21)の母父、ワンダーパヒューム(1992.3.7)の祖母父、ダンツフレーム(1998.4.19)の曾祖母父
  4. Ragusa(1960)
    →英セントレジャーS、愛ダービー、”キング・ジョージ”、エクリプスSほか。ミルジヨージ(1975.4.12)の母父
  5. Alice Frey(1961)
    →伊オークス。牝馬
  6. Tom Rolfe(1962.4.14)
    →プリークネスS、アメリカンダービー、アーリントンクラシック、カウディンS、サルヴェイターマイルほか。第6回ジャパンカップ(GI)2着の輸入種牡馬アレミロード(1983.3.29)の父
  7. Long Look(1962.3.23)
    →英オークスほか。牝馬
  8. リボツコ(1964.3.23)
    →英セントレジャーS、愛ダービー、オブザーヴァーゴールドCほか。後述のリベロの全兄。1979年の優駿賞最優秀5歳以上牝馬(現JRA賞最優秀4歳以上牝馬)であるサニーフラワー(1975.4.2)の父
  9. Epidendrum(1964.3.4)
    →ミラノ大賞ほか
  10. リベロ(1965.3.13)
    →英セントレジャーS、愛ダービーほか。前述のリボツコの全弟
  11. Arts and Letters(1966.4.1)
    →ベルモントS、トラヴァーズS、ジョッキークラブゴールドC、メトロポリタンH、ウッドワードSほか。1969年のベルモントSでMajestic Prince(1966.3.19)の米国三冠制覇を阻止し、米国年度代表馬に輝く
  12. Ribofilio(1966.4.6)
    →デューハーストSほか
  13. Boucher(1969.4.7)★
    →英セントレジャーS(GI)ほか
  14. Regal Exception(1969.5.22)★
    →愛オークス(GI)ほか。牝馬。アロンダイト(2003.5.4)の祖母、クリソライト(2010.2.2)&マリアライト(2011.2.19)&クリソベリル(2016.2.10)きょうだい等の曾祖母
  15. Filiberto(1970.3.18)
    →モルニ賞(仏GI)