ヴィクトワールピサ(2007.3.31)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.22)-

Series

ヴィクトワールピサ 牡 黒鹿毛 2007.3.31生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・市川 義美氏 栗東・角居 勝彦厩舎

ヴィクトワールピサ(2007.3.31)の4代血統表
ネオユニヴァース
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:1.50【6】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris
栗毛 1976.3.23
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Silken Way
栗毛 1973
★Shantung 1956.1.25
Boulevard 1968.4.2
ホワイトウォーターアフェア
栗毛 1993.5.3
仔受胎時活性値:1.25【13】
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:1.25【5】
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Coup de Folie
鹿毛 1982.4.2
Halo 1969.2.7
Raise the Standard 1978.3.31
Much Too Risky
栗毛 1982.2.8
仔受胎時活性値:0.50【10】
Bustino
鹿毛 1971.4.14
種付け時活性値:0.50【10】
Busted 1963.3.16
Ship Yard 1963
Short Rations
黒鹿毛 1975.5.17
仔受胎時活性値:1.50【6】
Lorenzaccio
栗毛 1965.2.23
種付け時活性値:0.25【9】
Short Commons
鹿毛 1962
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Halo3×4>

ヴィクトワールピサ(2007.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ネオユニヴァース
(サンデーサイレンス系)
Machiavellian
(Mr. Prospector系)
Bustino
(Blenheim系)
Lorenzaccio
(Clarion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ネオユニヴァース 4.25 半兄アサクサデンエン
(No. 8-d)
7番仔
(不受胎後)

*

2010年の第55回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 ヴィクトワールピサ 牡3 55 M.デムーロ 2:32.6 4-4-2-2 34.6 512
[+2]
角居 勝彦 2
2 7 ブエナビスタ 牝4 55 C.スミヨン 2:32.6 ハナ 11-11-9-8 33.8 464
[+2]
松田 博資 1
3 11 トゥザグローリー 牡3 55 C.ウィリアムズ 2:32.6 クビ 3-3-3-2 34.4 524
[-4]
池江 泰郎 14
4 14 ペルーサ 牡3 55 安藤 勝己 2:32.7 3/4 5-5-3-4 34.4 510
[0]
藤沢 和雄 3
5 4 トーセンジョーダン 牡4 57 三浦 皇成 2:32.9 1 1/2 1-1-1-1 34.9 490
[+10]
池江 泰寿 7
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

2010年の第55回有馬記念。については、

ヴィクトワールピサ(2007.3.31)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.10)-
ヴィクトワールピサ 牡 黒鹿毛 2007.3.31生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・市川 義美氏 栗東・角居 勝彦厩舎

昨年2021年、別企画「カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る 」で書いちゃいました^^;。ヴィクトワールピサ、その馬名意味は「勝利の山(仏)+冠名」。

自分で書いておいてなんですが、

思うにヴィクトワールピサは「希望の馬」でした。

ヴィクトワールピサ、新天地である土国で、子孫に希望と共にその血を伝えてほしいと願っています。

久しぶりに目にすると、良い2文だと思いました^^;

*

そんな訳で、

【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る
No. 馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 エスポワールシチー
(2005.4.22)

[4-m チツプトツプ系]
初仔
[5.25]
ゴールドアリュール
(サンデーサイレンス系)
ブライアンズタイム
(Roberto系)
ブレイヴエストローマン
(Never Bend系)
トラフイツク
(Hyperion系)
2 キンシャサノキセキ
(2003.9.24)

[14]
4番仔
(双子流産後)
[5.125]
フジキセキ
(サンデーサイレンス系)
Pleasant Colony
(Ribot系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
Violon d’Ingres
(Tourbillon系)
3 アパパネ
(2007.4.20)

[9-f]
3番仔
(3連産目)
[5.75 or 3.75]
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Salt Lake
(Deputy Minister系)
Spectacular Bid
(Bold Ruler系)
Hard Work
(Owen Tudor系)
4 ヴィクトワールピサ
(2007.3.31)

[8-d]
7番仔
(不受胎後)
[4.25]
ネオユニヴァース
(サンデーサイレンス系)
Machiavellian
(Mr. Prospector系)
Bustino
(Blenheim系)
Lorenzaccio
(Clarion系)
5 ジャガーメイル
(2004.5.8)

[1-w]
7番仔
(4連産目)
[3.25]
ジャングルポケット
(ゼダーン系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
★First Landing
(Turn-to系)
6 ダノンシャンティ
(2007.4.28)

[12-c]
初仔
(不受胎後)

[5.50]
フジキセキ
(サンデーサイレンス系)
Mark of Esteem
(Mill Reef系)
Halo
(Hail to Reason系)
Herbager
(Son-in-Law系)
7 ブエナビスタ
(2006.3.14)

[16-c]
6番仔
(3連産目)
[4.00]
スペシャルウィーク
(サンデーサイレンス系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Lord Gayle
(Sir Gaylord系)
Luciano
(Owen Tudor系)
8 アパパネ
(2007.4.20)

[9-f]
3番仔
(3連産目)
[5.75 or 3.75]
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Salt Lake
(Deputy Minister系)
Spectacular Bid
(Bold Ruler系)
Hard Work
(Owen Tudor系)
8 サンテミリオン
(2007.1.30)

[16-g]
6番仔
(3連産目)
[5.25]
ゼンノロブロイ
(サンデーサイレンス系)
ラストタイクーン
(Northern Dancer系)
Garde Royale
(Mill Reef系)
Sea Break
(Sea-Bird系)
9 エイシンフラッシュ
(2007.3.27)

[8-a]
3番仔
(3連産目)
[3.25]
キングズベスト
(Mr. Prospector系)
Platini
(Alchimist系)
Sure Blade
(エタン系)
Konigsstuhl
(Bahram系)
10 ショウワモダン
(2004.3.31)

[10-a]
6番仔
(3連産目)
[5.50 or 3.50]
エアジハード
(Princely Gift系)
トニービン
(ゼダーン系)
エルセンタウロ
(Fairway系)
Never Bend
(Nasrullah系)
11 ナカヤマフェスタ
(2006.4.5)

[3-h]
3番仔
(3連産目)
[5.75]
ステイゴールド
(サンデーサイレンス系)
タイトスポット
(Ribot系)
デインヒル
(Danzig系)
Cure the Blues
(Hail to Reason系)
12 Ultra Fantasy
(2002.10.14)

[8-f]
9番仔?
(3連産目?)
[2.875]
Encosta de Lago
(Fairy King系)
Sir Ivor
(Sir Gaylord系)
Protanto
(Native Dancer系)
King of the Tudors
(Owen Tudor系)
13 アパパネ
(2007.4.20)

[9-f]
3番仔
(3連産目)
[5.75 or 3.75]
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Salt Lake
(Deputy Minister系)
Spectacular Bid
(Bold Ruler系)
Hard Work
(Owen Tudor系)
14 ビッグウィーク
(2007.3.20)

[2-u]
2番仔
(不受胎後)
[7.00]
バゴ
(Blushing Groom系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
ノーザンデイクテイター
(Northern Dancer系)
Hugh Lupus
(Djebel系)
15 ブエナビスタ
(2006.3.14)

[16-c]
6番仔
(3連産目)
[4.00]
スペシャルウィーク
(サンデーサイレンス系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Lord Gayle
(Sir Gaylord系)
Luciano
(Owen Tudor系)
16 Snow Fairy
(2007.2.12)

[1-k]
初仔
[5.50]
Intikhab
(Roberto系)
Charnwood Forest
(In Reality系)
Marju
(Northern Dancer系)
Persian Bold
(Bold Ruler系)
17 エーシンフォワード
(2005.2.16)

[16-a]
初仔
[3.50]
Forest Wildcat
(Storm Cat系)
Cure the Blues
(Hail to Reason系)
Morning Bob
(Blushing Groom系)
Mac Diarmida
(Rough’n Tumble系)
18 ローズキングダム
(2007.5.10)

[1-w]
3番仔
(3連産目)
[5.75 or 3.75]
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
19 トランセンド
(2006.3.9)

[A4]
6番仔
(空胎後)
[4.00]
ワイルドラッシュ
(Nearctic系)
トニービン
(ゼダーン系)
スリルシヨー
(Northern Dancer系)
Hawaii
(Dante系)
20 レーヴディソール
(2008.4.8)

[1-p]
6番仔
(4連産目)
[5.50 or 3.50]
アグネスタキオン
(サンデーサイレンス系)
Highest Honor
(ゼダーン系)
バイアモン
(Blushing Groom系)
★Green Dancer
(Nijinsky系)
21 グランプリボス
(2008.3.28)

[8-c]
7番仔
(7連産目)
[4.75]
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Secretariat
(Bold Ruler系)
Nervous Energy
(Teddy系)
22 ヴィクトワールピサ
(2007.3.31)

[8-d]
7番仔
(不受胎後)
[4.25]
ネオユニヴァース
(サンデーサイレンス系)
Machiavellian
(Mr. Prospector系)
Bustino
(Blenheim系)
Lorenzaccio
(Clarion系)

と、記して参りました「【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る」シリーズも、今回が最終回です。お付き合いいただき、誠に有り難うございました。

私が競馬をあまり見ていなかった2010年、干支が一回り違うと、血統の様相も随分違って見えると改めて思いました。

↑の4代血統構成の一覧を眺めると、ブエナビスタ、アパパネの名牝2頭が複数GIを制しているおかげもあり、大きな括りではHampton(1872)系を持つ馬が割合に多いという印象を持ちました。エスポワールシチー、アパパネ、ダノンシャンティ、ブエナビスタ、エイシンフラッシュ、Ultra Fantasyの6頭が該当しますね。後はTourbillon(1928)系を持つ馬が3頭。キンシャサノキセキ、ヴィクトワールピサ、ビッグウィーク。

そしてまた「空胎後に名馬あり」ですが、印象的なのは直父系にサンデーサイレンスを持つ牡馬5頭の内、連産で生産されているのはナカヤマフェスタ1頭だけだったというところでしょうか。そのナカヤマフェスタは母父にRibot(1952.2.27)系のタイトスポット(1987.2.24)を持っており、異系を上手く組み込んだ良馬でした。

*

2022年も暮れ行きますが、駿馬たちの競演の舞台は複数残っています。それぞれの年末の大勝負、楽しみにしたいと思います(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ヴィクトワールピサ(2007.3.31)の主な競走成績]

  1. 有馬記念(GI)、皐月賞(GI)、ドバイワールドカップ(UAE・GI)、中山記念(GII)、弥生賞(GII)、ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)
  2. 東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)

通算15戦8勝、2着1回、3着2回。

ヴィクトワールピサ(2007.3.31)とトランセンド(2006.3.9)。
成した快挙は、時が経つにつれて重みを増します。第16回ドバイワールドカップ(UAEGI)、日本馬によるワンツーフィニッシュ。ヴィクトワールピサ、満4歳の誕生日も祝して、アップしておきます。 ヴィクトワールピサ 牡 黒鹿毛 2007.3.31