リバティアイランド(2020.2.2)-第83回桜花賞(GI)の勝ち馬-

Result

リバティアイランド 牝 鹿毛 2020.2.2生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・中内田 充正厩舎

リバティアイランド(2020.2.2)の4代血統表
ドゥラメンテ
鹿毛 2012.3.22
種付け時活性値:1.75【7】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000.4.30
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン 1983.4.7
ダイナカール 1980.5.10
ヤンキーローズ(AUS)
青鹿毛 2013.8.7
仔受胎時活性値:1.375【5.5】
All American(AUS)
黒鹿毛 2005.9.23
種付け時活性値:1.75【7】
Red Ransom
鹿毛 1987.3.31
Roberto 1969.3.16
アラビア2 1977.5.6
Milva
黒鹿毛 1994.5.4
Strawberry Road 1979.9.28
Tersa 1986.4.30
Condesaar(AUS)
鹿毛 2004.8.9
仔受胎時活性値:2.00【8】
▲ザール(GB)
黒鹿毛 1995.3.14
種付け時活性値:0.125【8.5】
Zafonic 1990.4.1
Monroe 1977.5.21
Condescendance(USA)
黒鹿毛 1997.1.24
仔受胎時活性値:1.625【6.5】
El Gran Senor(USA)
鹿毛 1981.4.21
種付け時活性値:1.75【15】
Condessa(IRE)
栗毛 1978.3.15
仔受胎時活性値:0.50【18】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Hail to Reason5×5>

リバティアイランド(2020.2.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ドゥラメンテ
(Mr. Prospector系)
All American
(Roberto系)
▲ザール
(Mr. Prospector系)
El Gran Senor
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ドゥラメンテ 5.50
(【5.5】+【8】+【6.5】+【18】)
母が豪GI馬
(No. 5-h)
2番仔
(2連産目)

*

2023年の第83回桜花賞(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 リバティアイランド 牝3 55 川田 将雅 1:32.1 15-16 32.9 466
[+4]
中内田 充正 1
2 9 コナコースト 牝3 55 鮫島 克駿 1:32.3 3/4 2-2 34.5 454
[-4]
清水 久詞 6
3 14 ペリファーニア 牝3 55 横山 武史 1:32.3 クビ 4-4 34.1 490
[-6]
鹿戸 雄一 5
4 5 ハーパー 牝3 55 C.ルメール 1:32.6 1 3/4 6-6 34.2 462
[-4]
友道 康夫 3
5 4 ドゥアイズ 牝3 55 吉田 隼人 1:32.7 1/2 9-8 34.1 448
[+2]
庄野 靖志 4
2023年の第83回桜花賞(GI。阪神芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1 – 10.4 – 11.5 – 11.9 – 11.7 – 11.4 – 11.3 – 11.8
ラップの
累計タイム
12.1 – 22.5 – 34.0 – 45.9 – 57.6 – 1:09.0 – 1:20.3 – 1:32.1
上り 4F 46.2 – 3F 34.5

阪神芝1600m、晴の良馬場、18頭の花軍(はないくさ)、終わってみれば2歳牝馬王者の貫禄勝ち。

リバティアイランド(2020.2.2)-第74回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬-
リバティアイランド 牝 鹿毛 2020.2.2生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・中内田 充正厩舎シンリョクカ 牝 鹿毛 2020.1.24生 日高町・下河辺牧場生産 馬主・由井 健太郎氏 美浦・竹内 正洋厩舎

またスターズオンアース(2019.2.27)に続くドゥラメンテ産駒の2年連続勝利は、そのまま鞍上の川田将雅騎手の2年連続勝利にもなりました。騎手による連覇は史上6人目ということ。

スターズオンアース(2019.2.27)-第82回桜花賞(GI)の勝ち馬-
スターズオンアース 牝 黒鹿毛 2019.2.27生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・高柳 瑞樹厩舎

今回の桜花賞のリバティアイランドのレースぶりからは、「泰然自若」「悠然」という言葉を思いました。道中後方3番手からの競馬でも、恐らく川田騎手の中で「前にいる馬は全頭交わせる」という鞍下への信頼があったのでしょう。果たせるかな、リバティアイランド。今週からBコース開催となり、前がなかなか止まらない馬場の中で、一気呵成の末脚でまとめて切って捨ててしまいました。これは恐れ入りました。リバティアイランド、素晴らしく強い!!

桜花賞のレースぶりからは改めて「スケールが違う」という感も受けたリバティアイランド。二冠、三冠と続いて行く道程になると思いますが、まずは18頭中唯随一の上がり3ハロン32秒9の豪脚を使った疲れを癒やしてください。また次走も楽しみにしています(^^)

#桜花賞連覇を果たした6人の騎手を、その相棒たちと共に達成順に確認しておきます(敬称略)。

  1. 福永洋一
    →インターグロリア(1974.5.1)&オヤマテスコ(1975.3.19)
  2. 武豊
    ベガ(1990.3.8)&オグリローマン(1991.5.20)
  3. 田原成貴
    ワンダーパヒューム(1992.3.7)&ファイトガリバー(1993.3.17)
  4. 安藤勝己
    キストゥヘヴン(2003.4.25)&ダイワスカーレット(2004.5.13)
  5. クリストフ・ルメール
    アーモンドアイ(2015.3.10)&グランアレグリア(2016.1.24)
  6. 川田将雅
    スターズオンアース(2019.2.27)&リバティアイランド(2020.2.2)

馬名を挙げた桜花賞馬について、ベガ以降の10頭はすべて記事を残しているところに、自分自身の時の流れを感じました。馬齢を重ねたものです。

*

もうひとつ「終わってみれば」となるのですが、今回の桜花賞において掲示板に載った5頭はいずれも「安平町・ノーザンファーム生産」。逆らえません、ね。という訳で、前で強い競馬を見せた2着馬と3着馬の4代血統表を併せて掲載しておきます。「……レース後じゃあ、遅えんだよ」とお思いの方、ごめんなさいm(_ _)m

コナコースト 牝 青鹿毛 2020.3.15生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・清水 久詞厩舎

コナコースト(2020.3.15)の4代血統表
キタサンブラック
鹿毛 2012.3.10
種付け時活性値:1.75【7】
ブラックタイド
黒鹿毛 2001.3.29
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
シュガーハート
鹿毛 2005.3.6
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
サクラユタカオー 1982.4.29
サクラハゴロモ 1984.4.13
オトメゴコロ
栗毛 1990.4.18
ジヤツジアンジエルーチ 1983.2.22
テイズリー 1981.4.27
コナブリュワーズ
黒鹿毛 2010.3.22
仔受胎時活性値:0.25【9】

キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.00【8】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
アンブロワーズ
鹿毛 2002.3.8
仔受胎時活性値:1.75【7】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.25【9】
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
フサイチミニヨン
鹿毛 1996.4.25
仔受胎時活性値:1.25【5】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】
バレークイーン
鹿毛 1988.4.16
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Lyphard5×5(父方)>

コナコースト(2020.3.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キタサンブラック
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キタサンブラック
(スターハイネス)
5.00
(【9】+【7】+【5】+【7】)
祖母がGIII勝ち馬
(No. 1-l)
4番仔
(4連産目)

2022年8月の小倉芝1800mの新馬戦勝ちの後、2023年2月のエルフィンS(L)でユリーシャ(2020.3.31)の2着、3月のチューリップ賞でモズメイメイ(2020.2.18)の2着と来て、桜花賞でも2着。能力の高さはしっかり見せ続けているコナコースト、祖母アンブロワーズが函館2歳S(GIII)の勝ち馬で、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)ではショウナンパントル(2002.2.20)の2着。アンブロワーズはその他にファイナルS(OP)1着、ポートアイランドS(OP)2着と阪神芝1600mを得意としていた馬でした。またコナコーストの清水久詞調教師は、父キタサンブラックを管理されていたことでも知られています。愛娘に掛ける「思い」もおありでしょう。コナコースト、その馬名意味は「ハワイ島西岸の溶岩と美しいビーチリゾートが織りなすエリア」ということです。

*

ペリファーニア 牝 青鹿毛 2020.3.25生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸 雄一厩舎

ペリファーニア(2020.3.25)の4代血統表

モーリス
鹿毛 2011.3.2
種付け時活性値:0.00【8】
スクリーンヒーロー
栗毛 2004.4.18
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
Silver Hawk 1979.4.20
Ameriflora 1989.1.29
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
サンデーサイレンス 1986.3.25
ダイナアクトレス 1983.5.4
メジロフランシス
鹿毛 2001.3.18
カーネギー
鹿毛 1991.2.26
Sadler’s Wells 1981.4.11
Detroit 1977.2.24
メジロモントレー
黒鹿毛 1986.4.25
モガミ 1976.5.18
メジロクインシー 1981.7.1
ケイティーズハート
鹿毛 2009.4.25
仔受胎時活性値:0.50【10】
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン 1983.4.7
ビユーパーダンス 1983.2.26
ケイティーズファースト
鹿毛 1987.3.6
仔受胎時活性値:1.25【21】
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.50【10】
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
ノノアルコ
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25【9】
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Lyphard5×5>

ペリファーニア(2020.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
モーリス
(Roberto系)
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Kris
(エタン系)
ノノアルコ
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハーツクライ
(Mignon)
3.75
(【10】+【21】+【5】+【11】)
半兄エフフォーリア
(No. 7-f)
5番仔
(5連産目)

2022年12月の中山芝1600mの新馬戦勝ちの後、2023年3月のチューリップ賞でモズメイメイ、コナコーストに続いての3着。そして迎えた桜花賞でも3着。ペリファーニア、情報として伝えられるノドの疾患が気になりますが、走る素質はサスガにエフフォーリア(2018.3.10)の半妹というところでしょうか。また桜花賞前日のニュージーランドT(GII)をエエヤン(2020.4.21)が制しましたけれど、エエヤンもKatiesを牝系祖先に持つ馬ということで、7号族f分枝系の活躍を2日連続して見られました。ペリファーニア、その馬名意味は「誇り(ギリシャ語)。兄名より連想」とのことです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。