ピクシーナイト(2018.5.14)-第55回スプリンターズS(GI)の勝ち馬-

Result

ピクシーナイト 牡 鹿毛 2018.5.14生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 栗東・音無 秀孝厩舎

ピクシーナイト(2018.5.14)の4代血統表
モーリス
鹿毛 2011.3.2
種付け時活性値:1.50【6】
スクリーンヒーロー
栗毛 2004.4.18
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
Silver Hawk 1979.4.20
Ameriflora 1989.1.29
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
サンデーサイレンス 1986.3.25
ダイナアクトレス 1983.5.4
メジロフランシス
鹿毛 2001.3.18
カーネギー
鹿毛 1991.2.26
▲Sadler’s Wells 1981.4.11
Detroit 1977.2.24
メジロモントレー
黒鹿毛 1986.4.25
モガミ 1976.5.18
メジロクインシー 1981.7.1
ピクシーホロウ
鹿毛 2010.3.18
仔受胎時活性値:1.75【7】
キングヘイロー
鹿毛 1995.4.28
種付け時活性値:1.50【14】
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard 1969.5.10
Navajo Princess 1974.3.31
グッバイヘイロー
栗毛 1985.2.12
Halo 1969.2.7
Pound Foolish 1979.3.17
ラインレジーナ
栗毛 2002.2.5
仔受胎時活性値:1.75【7】
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:1.00【12】
サクラユタカオー 1982.4.29
サクラハゴロモ 1984.4.13
シンコウエンジェル
鹿毛 1993.4.13
仔受胎時活性値:2.00【8】
オジジアン
鹿毛 1983.3.17
種付け時活性値:0.25【9】
A Kiss for Luck
黒鹿毛 1979.1.9
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×5、Halo4×5、ノーザンテースト5×5、Northern Dancer5×5>

ピクシーナイト(2018.5.14)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
モーリス
(Roberto系)
キングヘイロー
(Lyphard系)
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
オジジアン
(Damascus系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
モーリス6.75大叔母クィーンズバーン
(No. 3-d)
3番仔
(3連産目)

*

2021年の第55回スプリンターズS(GI。中山芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
14ピクシーナイト牡355福永 祐一1:07.13-233.4538
[+2]
音無 秀孝3
212レシステンシア牝455C.ルメール1:07.424-433.5506
[-2]
松下 武士2
31シヴァージ牡657吉田 隼人1:07.4アタマ5-533.4500
[+6]
野中 賢二10
46メイケイエール牝353池添 謙一1:07.82 1/27-733.5470
[-8]
武 英智7
516モズスーパーフレア牝655松若 風馬1:07.8ハナ1-134.5504
[0]
音無 秀孝5

2021年の第55回スプリンターズS。ピクシーナイト、勝利騎手インタビューで鞍上の福永祐一騎手から発せられた通りの「横綱相撲」の競馬でした。同じ音無秀孝厩舎の先輩GI馬モズスーパーフレア(2015.4.1)が作り出したペースは最初の600mが33秒3という、前2年に比して若干緩やかな流れも、GIレースらしい淀みないペースであることには変わりなく。その中を3番手の絶好の位置から、直線も内から鋭く抜け出すと、後はピクシーナイトと福永騎手の世界。レシステンシア(2017.3.15)、シヴァージ(2015.3.27)の2着争いを尻目にピクシーナイト。中山芝1200mを1分7秒1の快時計で駆け抜けると、2着には2馬身差を着けていました。完勝を以てGI初優勝を遂げたピクシーナイト、父モーリスに産駒初のGI制覇を贈ると共に、鞍上の福永騎手、管理される音無調教師にもスプリンターズS初勝利を贈りました。そしてまた、GI昇格後のスプリンターズSにおける現年齢表記3歳馬の優勝はニシノフラワー(1989.4.19)ヒシアケボノ(1992.2.27)タイキシャトル(1994.3.23)マイネルラヴ(1995.3.8)アストンマーチャン(2004.3.5)に続いて6頭目のことでした。

*

私は馬齢を重ねてしまいましたが、グラスワンダー、スクリーンヒーロー、モーリス、そしてピクシーナイトと父仔4代のJRA・GI勝ちを見られたのは、ただただ嬉しいことでした。グラスワンダーがスペシャルウィーク(1995.5.2)をねじ伏せた1999年の宝塚記念(GI)、別路線からの挑戦者だったスクリーンヒーローが見せた2008年のジャパンカップ(GI)制覇、2015年から2016年にかけてマイル~2000mで本当に強かったモーリス。目を閉じれば、直父系の先祖たちが魅せたGIレースを思い出します。

年度代表馬の同期生を辿る(其の拾玖)-グラスワンダー(1995.2.18)-
グラスワンダー 牡 栗毛 1995.2.18生 米国・Phillips Racing Partnership & John Phillips生産 馬主・半沢(有) 美浦・尾形充弘厩舎
スクリーンヒーロー(2004.4.18)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.28)-
スクリーンヒーロー(Screen Hero) 牡 栗毛 2004.4.18生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 美浦・矢野進厩舎→鹿戸雄一厩舎
第30回香港カップ(GI)の勝ち馬。
モーリス 牡 鹿毛 2011.3.2生 日高・戸川牧場生産 馬主・吉田和美氏 美浦・堀宣行厩舎 モーリス(2011.3.2)の4代血統表 ...

そうして、グラスワンダーの曾孫のGI初優勝を母方からサポートしたのが、グラスワンダーと同じ1995年生まれ世代のキングヘイローであることも、重ねて嬉しかった。ピクシーナイトの鞍上福永騎手にとっても忘れられない馬であろう、キングヘイロー。近時はブルードメアサイアーとしての活躍が際立ちます。海の向こうで第100回凱旋門賞(仏GI)に挑戦するキズナ(2010.3.5)の仔ディープボンド(2017.2.18)の母父もキングヘイローですから、ね。

*

速く強いスプリンターとしての素質を一気に開花させたピクシーナイト。その素養の高さを見せる舞台は国内のみならず、海外へも広がるのではないでしょうか。ピクシーナイト、若き短距離王者のこれからにどうぞ幸多からんことを。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、中山芝1200mの勝ち時計1分7秒1を見た時、『サクラバクシンオーの引退レースと同じタイムやなぁ。速い』と思ったそうです。

サクラバクシンオー(1989.4.14)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.1)-
サクラバクシンオー 牡 鹿毛 1989.4.14生~2011.4.30没 早来町・社台フアーム生産 馬主・(株)さくらコマース 美浦・境勝太郎厩舎
マイシンザン
マイシンザン

このタイムは確かに速くて、ロードカナロア(2008.3.11)の1分6秒7、トロットスター(1996.5.11)の1分7秒0に次いでスプリンターズS史上3番目の好時計やねんな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

1分7秒1で勝ったのは、サクラバクシンオー(1989.4.14)さん、タワーオブロンドン(2015.2.9)、そしてピクシーナイトですね。

マイシンザン
マイシンザン

いずれ違わぬスピードやね。速さ比べは、やっぱり競馬の醍醐味のひとつやもの。