レガレイラ(2021.4.12)-第40回ホープフルS(GI)の勝ち馬-

Result

レガレイラ 牝 鹿毛 2021.4.12生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・木村 哲也厩舎

レガレイラ(2021.4.12)の4代血統表
スワーヴリチャード
栗毛 2014.3.10
種付け時活性値:1.50【6】
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン 1983.4.7
ビユーパーダンス 1983.2.26
ピラミマ
黒鹿毛 2005.5.1
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
Unbridled 1987.3.5
Trolley Song 1983.4.13
キャリアコレクション
鹿毛 1995.1.30
General Meeting 1988.4.3
River of Stars 1983.5.6
ロカ
鹿毛 2012.1.26
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.25【5】
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル 1986.3.26
Hasili 1991.3.12
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering 1983.3.20
Guapa 1988.5.4
ランズエッジ
鹿毛 2006.4.2
仔受胎時活性値:1.25【5】
ダンスインザダーク
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:1.00【12】
サンデーサイレンス 1986.3.25
ダンシングキイ 1983.5.21
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
仔受胎時活性値:1.50【14】
Alzao
鹿毛 1980.2.28
種付け時活性値:0.50【10】
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Lyphard5×5>

レガレイラ(2021.4.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スワーヴリチャード
(サンデーサイレンス系)
ハービンジャー
(デインヒル系)
ダンスインザダーク
(サンデーサイレンス系)
Alzao
(Lyphard系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
スワーヴリチャード 6.00 or 4.00
(【8】+【5】+【14】+【13】)
大伯父ディープインパクト
(No. 2-f)
4番仔
(4連産目)

*

2023年の第40回ホープフルS(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13 レガレイラ 牝2 55 C.ルメール 2:00.2 14-14-11-10 35.0 454
[-2]
木村 哲也 1
2 6 シンエンペラー 牡2 56 B.ムルザバエフ 2:00.3 3/4 3-4-3-2 35.7 482
[+2]
矢作 芳人 2
3 5 サンライズジパング 牡2 56 菅原 明良 2:00.6 2 3-4-5-5 35.9 512
[-2]
音無 秀孝 13
4 4 アドミラルシップ 牡2 56 H.ドイル 2:00.7 3/4 12-12-13-12 35.4 460
[+2]
相沢 郁 11
5 18 ミスタージーティー 牡2 56 坂井 瑠星 2:00.7 アタマ 12-13-13-12 35.4 474
[+2]
矢作 芳人 7
2023年の第40回ホープフルS(GI。中山芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 10.8 – 12.1 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.1 – 12.4 – 12.0 – 11.5
ラップの
累計タイム
12.5 – 23.3 – 35.4 – 47.9 – 1:00.0 – 1:12.2 – 1:24.3 – 1:36.7 – 1:48.7 – 2:00.2
上り 4F 48.0 – 3F 35.9

中山芝2000m、晴の良馬場、16頭立て。

レース前日にサンライズアース(2021.2.6)、そしてレース当日に人気の一角であったゴンバデカーブース(2021.2.24)が出走取消となった2歳中距離王決定戦。師走の風を切り裂いたのは、最終的に1番人気に推された牝馬レガレイラ。緩やかな感じとなった発馬から、道中は後方3番手から2番手あたりを進んだレガレイラとクリストフ・ルメール騎手。1000m通過1分ちょうどのミドルペース、全体のラップを見ても1ハロン平均12秒くらいで淡々と流れたレース。冬の中山の4角は2歳馬には難しい感じを受けることもありますが、今回のホープフルSも3番人気だったショウナンラプンタ(2021.3.9)が口を割りながら回ったことにより、外に振られた格好になった馬が見えました。レガレイラもその1頭で大外を回ることになりましたが、中山芝Aコースの直線310m、短いホームストレッチで目が覚めるような末脚を発揮。道中3番手先行から上手く内を抜け出したシンエンペラー(2021.4.30)を、決勝点前できっちりかっちり捉え切りました。オッサン競馬ファンなので例えが古くて恐縮ですが、ナリタタイシン(1990.6.10)ビワハヤヒデ(1990.3.10)を捉えた1993年の皐月賞(GI)を思い出す、しなやかな鬼脚ぶり。レガレイラ、牡牝混合かつ芝2000mで行われるようになった1991年の第8回以降で確認してみても、初めて牝馬が勝利を収めたという結果。なおかつ、その勝ち時計2分0秒2はホープフルSのレースレコードでした。

レガレイラの父は2023年が初年度産駒のデビューとなったスワーヴリチャード。現役時代に6勝を挙げ、その主な勝ち鞍にジャパンカップ(GI)、大阪杯(GI)、金鯱賞(GII)、アルゼンチン共和国杯(GII)、共同通信杯(GIII)があるGI2勝馬スワーヴリチャードですが、世代・年次別(サラ系総合)|種牡馬情報|スワーヴリチャード|JBISサーチ(JBIS-Search)を確認してみますと、初年度となった2020年が種付頭数123頭&生産頭数82頭、2年度の2021年が種付頭数94頭&生産頭数66頭、3年度の2022年が種付頭数81頭。人気種牡馬となれば200頭を優に超える種付となる現代の趨勢からすれば、おとなしめに見える頭数です。しかし初年度の2021年生まれ世代が走ってみれば、次々と勝ち上がりを見せました。そうしてコラソンビート(2021.2.26)が京王杯2歳S(GII)とダリア賞(OP)勝ち、ヴェロキラプトル(2021.4.28)が野路菊S(OP)勝ち、パワーホール(2021.3.17)が札幌2歳S(GIII)2着など上級競走でも活躍を見せ、極め付きがレガレイラのホープフルS勝ちと相成りました。初年度産駒のあまりの走りっぷりに、スワーヴリチャードの種付料は2023年までの4年間の200万円から、2024年は1500万円にジャンプアップ。一気に7.5倍の種付料となったスワーヴリチャード、2024年に社台スタリオンステーションで繋養される豪華種牡馬陣の中では、キタサンブラック(2012.3.10)&イクイノックス(2019.3.23)父仔の2000万円に次ぎ、エピファネイア(2010.2.11)コントレイル(2017.4.1)と並ぶ種付料となっています。大躍進(^^)

スワーヴリチャード(2014.3.10)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.39)-
スワーヴリチャード(Suave Richard) 牡 栗毛 2014.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(株)NICKS 栗東・庄野靖志厩舎
第62回大阪杯(GI)の勝ち馬
スワーヴリチャード 牡 栗毛 2014.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(株)NICKS 栗東・庄野靖志厩舎 スワーヴリチャード(2014.3.10)の4代血統表 ハーツクライ 鹿毛 2001.4.15 種付け時活性値:1.0...

父に産駒のGI初勝利をプレゼントした孝行娘レガレイラ。大伯父ディープインパクト(2002.3.25)という母系からもクラシックタイプを思います。来春は優駿牝馬(GI)が面白そうですね。えーと、アルテミスS(GIII)を制したチェルヴィニア(2021.2.3)、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)2着のステレンボッシュ(2021.2.12)、そしてホープフルSを制したレガレイラ。……結局、ルメール騎手の騎乗馬たちやないかい笑。そしてまたチェルヴィニアとレガレイラは同馬主で木村哲也厩舎のステーブルメイト、ステレンボッシュとレガレイラは祖母ランズエッジどうしのいとこ。と書いていましたら、レガレイラはホープフルSと同じ中山芝2000mの皐月賞に向かう模様。むぅ、皐月賞の結果如何によっては、東京優駿(GI)に向かう可能性もありますね。ええ、生産界の巨人ノーザンファームの生産馬たち、使い分けになりそうです^^;

ルシフェル(2021.4.8)&チェルヴィニア(2021.2.3)-2024年のクラシック候補生を確認する(No.12)-
ルシフェル(2021.4.8)&チェルヴィニア(2021.2.3)-2024年のクラシック候補生を確認する(No.12)-
アスコリピチェーノ(2021.2.24)-第75回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬+α-
アスコリピチェーノ(2021.2.24)-第75回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬+α-
【ホープフルS】レガレイラ皐月賞照準 サンデーレーシング吉田代表明言「牝馬で距離が持つのはいい」 | 競馬ニュース - netkeiba
◆第40回ホープフルS・G1(12月28日、中山競馬場・芝2000メートル=良)  23年の中央競馬を締めくくる一戦は2歳馬16頭(ゴンバデカーブース、サンライズアースは出走取消)によって争われ… No.1競馬情報サイト「netkeiba」...

ホープフルSで素晴らしい切れ味を見せたレガレイラ、史上初の牝馬によるGIホープフルS勝ちを収めた新時代の名牝の未来に幸多からんことを。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#レガレイラ、その馬名意味は「ポルトガル中西部の都市シントラにある宮殿」ということです。母ロカの馬名意味は「ポルトガルのロカ岬。「ここに地果て、海始まる」の詩の石碑がある」とのことで、葡国の連想であり、母ロカ(Roca)、仔レガレイラ(Regaleira)と頭文字Rで始まる馬名の継続でもあります。