シャフリヤール(2018.4.13)-第24回ドバイシーマクラシック(UAE・GI)の勝ち馬-

Result

シャフリヤール(Shahryar) 牡 黒鹿毛 2018.4.13生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・藤原 英昭厩舎

シャフリヤール(2018.4.13)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.75【15】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
ドバイマジェスティ
黒鹿毛 2005.3.19
仔受胎時活性値:1.00【12】
Essence of Dubai
黒鹿毛 1999.3.7
種付け時活性値:1.25【5】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Epitome
鹿毛 1985.4.21
Summing 1978.4.16
Honest and True 1977.2.4
Great Majesty
黒鹿毛 1990.4.2
仔受胎時活性値:1.50【14】
Great Above
黒鹿毛 1972.1.19
種付け時活性値:0.25【17】
Minnesota Mac 1964.4.26
Ta Wee 1966.3.26
Mistic Majesty
鹿毛 1978.5.22
仔受胎時活性値:0.75【11】
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
種付け時活性値:0.25【9】
Necaras Miss
栗毛 1968.4.26
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:なし>

シャフリヤール(2018.4.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Essence of Dubai
(Seattle Slew系)
Great Above
(Rough’n Tumble系)
His Majesty
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト
(サンデーサイレンス)
3.50 全兄アルアイン
(No. 2-s)
6番仔
(2連産目)

*

2022年の第24回ドバイシーマクラシック(UAE・GI。メイダン芝2410m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 12シャフリヤール 牡4 56.5 Cristian Demuro 2:26.88 藤原 英昭 3
2 14Yibir せん4 56.5 William Buick クビ Charlie Appleby 1
3 1オーソリティ 牡5 57 C.ルメール 1/2 木村 哲也 2
4 7 Pyledriver 牡5 57 Frankie Dettori 短アタマ William Muir & Chris Grassick 6
5 15ユーバーレーベン 牝4 54.5 Damian Lane 1/2 手塚 貴久 10
【ドバイシーマクラシック】シャフリヤール復権! ユビアー抑えて2度目のG1制覇 | JRA-VAN Ver.World
 現地26日、メイダン競馬場で行われたG1ドバイシーマクラシック(芝2410m)は、発馬良く3番手で流れに乗った昨年の日本ダービー馬シャフリヤール(4番人気)が残り100mで抜け出し、1番人気ユビアー

2022年の第24回ドバイシーマクラシック。道中終始内ラチ沿いの先行3番手だったシャフリヤール、直線450mに入り逃げたオーソリティ(2017.2.12)を交わして先頭に立ってからは「ダービー馬、ダービー馬!!」と叫んでいました^^;

最後は昨年2021年のブリーダーズカップ・ターフ(米GI)の勝ち馬Yibir(2018.4.14)がサスガの末脚を見せましたが「クビ」だけ封じたところが、メイダン芝2410mのゴール。サスガはダービー馬、第88回東京優駿(GI)以来のGI2勝目をドバイのクラシックディスタンスで果たしました。

シャフリヤール(2018.4.13)-第88回東京優駿(GI)の勝ち馬-
シャフリヤール 牡 黒鹿毛 2018.4.13生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・藤原英昭厩舎

そしてまた、東京優駿勝ち馬による海外GI制覇は史上初の快挙となりました。素晴らしい!!

*

今回のドバイシーマクラシックにより、シャフリヤールは全兄アルアイン(2014.5.1)に続いて「GI2勝」を遂げた訳ですが、

第77回皐月賞(GI)の勝ち馬
アルアイン 牡 鹿毛 2014.5.1生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎 アルアイン(2014.5.1)の4代血統表 ...
第63回大阪杯(GI)の勝ち馬-アルアイン(2014.5.1)-
アルアイン 牡 鹿毛 2014.5.1生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

JRA所属馬で1984年のグレード制施行後に「それぞれがGI2勝以上を挙げているきょうだい馬」を先例と共に確認してみれば、、、

  1. 母メジロオーロラ(1978.3.8)
    1. メジロデュレン(1983.5.1)
      →菊花賞(GI)、有馬記念(GI)
    2. メジロマックイーン(1987.4.3)
      →菊花賞(GI)、天皇賞・春(GI)2回、宝塚記念(GI)
  2. 母パシフィカス(1981.5.29)
    1. ビワハヤヒデ(1990.3.10)
      →菊花賞(GI)、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)
    2. ナリタブライアン(1991.5.3)
      →東京優駿(GI)、皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)、朝日杯3歳S(GI)
  3. 母ダンシングキイ(1983.5.21)
    1. ダンスパートナー(1992.5.25)
      →優駿牝馬(GI)、エリザベス女王杯(GI)
    2. ダンスインザムード(2001.4.10)
      →桜花賞(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)
  4. 母スカーレットブーケ(1988.4.11)
    1. ダイワメジャー(2001.4.8)
      →皐月賞(GI)、天皇賞・秋(GI)、安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)2回
    2. ダイワスカーレット(2004.5.13)
      →有馬記念(GI)、エリザベス女王杯(GI)、桜花賞(JpnI)、秋華賞(JpnI)
  5. 母オリエンタルアート(1997.5.12)
    1. ドリームジャーニー(2004.2.24)
      →有馬記念(GI)、宝塚記念(GI)、朝日杯フューチュリティS(GI)
    2. オルフェーヴル(2008.5.14)
      →東京優駿(GI)、皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)2回、宝塚記念(GI)
  6. 母ハルーワスウィート(2001.3.12)
    1. ヴィルシーナ(2009.3.5)
      →ヴィクトリアマイル(GI)2回
    2. ヴィブロス(2013.4.9)
      →ドバイターフ(UAE・GI)、秋華賞(GI)
  7. シーザリオ(2002.3.31)
    1. エピファネイア(2010.2.11)
      →菊花賞(GI)、ジャパンカップ(GI)
    2. サートゥルナーリア(2016.3.21)
      →皐月賞(GI)、ホープフルS(GI)
  8. 母クロノロジスト(2003.5.6)
    1. ノームコア(2015.2.25)
      →香港カップ(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)
    2. クロノジェネシス(2016.3.6)
      →有馬記念(GI)、宝塚記念(GI)2回、秋華賞(GI)
  9. 母ドバイマジェスティ(2005.3.19)
    1. アルアイン(2014.5.1)
      →皐月賞(GI)、大阪杯(GI)
    2. シャフリヤール(2018.4.13)
      →東京優駿(GI)、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)。本稿の主役

なんじゃこりゃ(苦笑)。エグすぎる羅列になりました。尊ぶべきは母馬たち、褒め称えるべきは仔どもたち。そしてまた、こんな辺境サイトをご覧の皆様には言わずもがなですが、母ダンシングキイの仔にはダンスインザダーク(1993.6.5)、母ハルーワスウィートの仔にはシュヴァルグラン(2012.3.14)、母シーザリオの仔にはリオンディーズ(2013.1.29)もいて、3きょうだいによるGI制覇でもあります^^;

*

【ドバイシーマC】快勝シャフリヤールの藤原英師「BC、凱旋門賞、ジャパンC、そこを」 | JRA-VAN Ver.World
 歴史を塗り替えるダービー馬へ-。ドバイシーマCを制したダービー馬シャフリヤール(牡4、藤原英)について、管理する藤原英師はレース後の優勝記者会見で今後の展望、抱負を語った。 勝因と感想、参戦理由を聞

シャフリヤールを管理される藤原英昭調教師の視線は「海外」に向いています。0の理論的な見解からは、サンデーサイレンスの血を持つ馬が少ない海外の舞台のほうが、シャフリヤールの優れた競走能力、闘争心が発揮されるのではないでしょうか。

シャフリヤール、サラブレッド界の「偉大な王」たるべくこれから進む道に、どうぞ幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。