マテンロウレオ(2019.4.22)&プレサージュリフト(2019.4.25)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.15)-

Pedigree

マテンロウレオ 牡 黒鹿毛 2019.4.22生 新ひだか町・猪野毛牧場生産 馬主・寺田 千代乃氏 栗東・昆 貢厩舎

マテンロウレオ(2019.4.22)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
サラトガヴィーナス
黒鹿毛 2002.3.8
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】

ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:0.00【16】
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley’s Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
レディダンジグ
鹿毛 1993.1.24
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:1.75【15】
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Lady’s Secret
芦毛 1982.4.25
仔受胎時活性値:0.50【10】
Secretariat
栗毛 1970.3.30
種付け時活性値:0.75【11】
Great Lady M.
芦毛 1975.3.23
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×4、Northern Dancer4×5>

マテンロウレオ(2019.4.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
ブライアンズタイム
(Roberto系)
Danzig
(Northern Dancer系)
Secretariat
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Danzig
(Nearctic)
6.00 or 4.00 or 2.00 曾祖母が米GI11勝馬
(No. 22-d)
9番仔
(双子生後直死後)

*

2022年の第62回きさらぎ賞(GIII。中京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2マテンロウレオ 牡3 56 横山 典弘 2:00.5 8-8-7-7 35.0 476
[-2]
昆 貢 2
2 3ダンテスヴュー 牡3 56 川田 将雅 2:00.5 ハナ 7-5-5-5 35.3 452
[-6]
友道 康夫 3
3 11メイショウゲキリン 牡3 56 幸 英明 2:00.7 1 1/2 1-1-1-1 36.1 506
[-4]
池添 兼雄 8
4 4アスクワイルドモア 牡3 56 武 豊 2:00.7 クビ 10-9-8-7 35.1 464
[-10]
藤原 英昭 6
5 6ストロングウィル 牡3 56 松山 弘平 2:01.2 3 3-3-3-3 36.2 480
[0]
橋口 慎介 1

2022年の第62回きさらぎ賞。過去の勝ち馬を辿ればダイコーター(1962.6.8)、マーチス(1965.5.11)、タニノムーテイエ(1967.5.9)、ヒカルイマイ(1968.3.27)、ヒデハヤテ(1969.5.28)、キタノカチドキ(1971.3.27)、リユウキコウ(1974.5.21)、インターグシケン(1975.5.25)、ニホンピロウイナー(1980.4.27)ハクタイセイ(1987.4.17)スペシャルウィーク(1995.5.2)ナリタトップロード(1996.4.4)ネオユニヴァース(2000.5.21)アサクサキングス(2004.3.23)トーセンラー(2008.4.21)トーセンスターダム(2011.3.14)サトノダイヤモンド(2013.1.30)などなど、本当に駿馬が見える関西の出世レース。

そんなきさらぎ賞の2022年の一戦を制したのはマテンロウレオ。1勝馬ばかりとなった11頭立ての中京芝2000mの道中は後方4、5番手から進めたマテンロウレオ、直線で鋭脚を見せ、最後は馬場中央を一緒に伸びた内のダンテスヴュー(2019.3.25)との一騎打ち。決勝点、どちらが先んじたのかは俄に分かりませんでしたが、写真判定の末、外のマテンロウレオが「ハナ」だけ制していました。マテンロウレオ、2021年10月の阪神芝2000mの新馬戦1着、12月のホープフルS(GI)6着と来て、2022年の初戦であるきさらぎ賞を制しました。

寺田千代乃オーナー(アートコーポレーション株式会社の創業者)、昆貢厩舎、横山典弘騎手の組み合わせでは、

インダストリア(2019.4.23)&マテンロウオリオン(2019.2.20)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.11)-
インダストリア 牡 鹿毛 2019.4.23生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・宮田 敬介厩舎 マテンロウオリオン 牡 黒鹿毛 2019.2.20生 新冠町・ムラカミファーム生産 馬主・寺田 千代乃氏 栗東・昆 貢厩舎

シンザン記念(GIII)を制したマテンロウオリオン(2019.2.20)に続いての重賞制覇となりました。マテンロウレオ、その馬名意味はマテンロウオリオン同様「摩天楼+星座の名」です。レオ、つまりしし座は春の星座で、心臓に見立てた部分にα星レグルスがあり、尾のあたりにβ星デネボラがあります。レグルスと言いますと、競走馬ではラガーレグルス(1997.5.2)が懐かしいですね。なお、デネボラは「春の大三角」の一角でもあります。レオとオリオンの活躍もあり、2019年生まれ世代の「マテンロウ」軍団は星座の名で統一されているのかと思いましたが、競馬ポータルサイトで確認するとそういう訳でもなさそうです^^;

今回2着だったダンテスヴュー。半兄ストーンリッジ(2017.2.17)、ヨーホーレイク(2018.3.19)に続いて「兄弟で3年連続きさらぎ賞2着」という結果となりました。ともあれ名繁殖牝馬クロウキャニオン(2002.4.29)の仔でボレアス(2008.3.11)、カミノタサハラ(2010.2.14)、ヨーホーレイクと3頭の重賞勝ち馬を兄に持ち、マウントシャスタ(2009.3.1)、ベルキャニオン(2011.2.5)、ラベンダーヴァレイ(2013.1.31)というブラックタイプもきょうだいにいるダンテスヴュー、今後に期待したいものです。

#ストーンリッジはきさらぎ賞同日のトリトンSで2着。彼も近時、盛り返しつつあります。頑張って。

*

プレサージュリフト 牝 黒鹿毛 2019.4.25生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・木村 哲也厩舎

プレサージュリフト(2019.4.25)の4代血統表
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.00【12】
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
▲デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973.5.11
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972.2.28
シュプリームギフト
青鹿毛 2008.3.16
仔受胎時活性値:0.50【10】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25【5】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
スーヴェニアギフト
鹿毛 2002.4.9
仔受胎時活性値:1.25【5】
Souvenir Copy
黒鹿毛 1995.3.24
種付け時活性値:1.50【6】
★Mr. Prospector 1970.1.28
Dancing Tribute 1986.3.6
Alleged Gift
鹿毛 1994.2.23
仔受胎時活性値:1.75【7】
Alleged
鹿毛 1974.5.4
種付け時活性値:0.75【19】
エクセレントギフト
鹿毛 1987.2.25
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(父方)、Lyphard5×5>

プレサージュリフト(2019.4.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハービンジャー
(デインヒル系)
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Souvenir Copy
(Mr. Prospector系)
Alleged
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Souvenir Copy
(スーヴェニアギフト)
5.00 半姉オールアットワンス
(No. 1-t)
5番仔
(5連産目)

*

2022年の第57回デイリー杯クイーンC(GIII。東京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13プレサージュリフト 牝3 54 戸崎 圭太 1:34.1 13-11 33.5 464
[+12]
木村 哲也 2
2 9スターズオンアース 牝3 54 横山 武史 1:34.2 クビ 5-3 34.2 474
[0]
高柳 瑞樹 1
3 2ベルクレスタ 牝3 54 松山 弘平 1:34.3 3/4 13-16 33.4 464
[-2]
須貝 尚介 3
4 4ラリュエル 牝3 54 坂井 瑠星 1:34.5 1 1/4 3-3 34.5 428
[-10]
矢作 芳人 6
5 10モズゴールドバレル 牝3 54 M.デムーロ 1:34.6 3/4 3-3 34.6 434
[-4]
藤岡 健一 7

2022年の第57回デイリー杯クイーンC。過去の勝ち馬を辿ればタマミ(1967.5.8)、テイタニヤ(1973.4.24)、ビクトリアクラウン(1979.3.28)、タカラスチール(1982.4.16)、ヒシアマゾン(1991.3.26)ウメノファイバー(1996.5.5)ダイワエルシエーロ(2001.5.11)コイウタ(2003.2.24)リトルアマポーラ(2005.1.24)ホエールキャプチャ(2008.2.24)ヴィルシーナ(2009.3.5)メジャーエンブレム(2013.3.26)クロノジェネシス(2016.3.6)アカイトリノムスメ(2018.4.16)と後のGI級レース勝ち馬を輩出している伝統の現年齢表記3歳牝馬重賞。

そんなデイリー杯クイーンCの2022年の一戦を制したのはプレサージュリフト。1勝馬ばかりとなった16頭立ての東京芝1600mの道中は発馬一息もあり後方4番手あたりを追走。ただ、向こう正面でテレビ画面越しに映された走る姿が、私には輝いて見えました。馬群の中で動きの良さが目立つ馬って、レース中にも居ますよね^^。そうして直線で大外に持ち出されると、黒鹿毛の流星が踊るように跳ね、先行策から抜け出しに掛かっていたスターズオンアース(2019.2.27)を「クビ」だけ差し切ったところが決勝点。プレサージュリフト、2021年10月の東京芝1600mの新馬戦に続いて、2022年の初戦となったデイリー杯クイーンCと2連勝。新馬から重賞勝ちというエリートコースに乗りました。そしてまた鞍上の戸崎圭太騎手は昨年2021年の第56回を制したアカイトリノムスメに続く連覇と共に、自身JRA1200勝の節目を飾られました。プレサージュリフト、その馬名意味は「バレエにおける高難度のリフトのひとつ」ということです。

プレサージュリフトは上述の通り、半姉がオールアットワンス(2018.4.24)。

ヴァイスメテオール(2018.2.28)&オールアットワンス(2018.4.24)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.33)-
ヴァイスメテオール 牡 鹿毛 2018.2.28生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・岩戸孝樹厩舎 オールアットワンス 牝 鹿毛 2018.4.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 美浦・中舘英二厩舎

両馬の母シュプリームギフト、至高の贈り物の真価は、仔を送り込む時に発揮されました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#実のところクイーンCではウインブライト(2014.5.12)の妹を応援していました。ウインエクレール(2019.3.31)、まだ馬が若い感じがしましたし、兄が本当の良さを見せたのは古馬になってからでしたので、これからの成長に期待したいと思います。