ウェルドーン(2018.4.7)&スマッシャー(2018.4.6)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.32)-

Pedigree

ウェルドーン 牝 鹿毛 2018.4.7生 日高・浜本牧場生産 馬主・安原浩司氏 栗東・角田晃一厩舎

ウェルドーン(2018.4.7)の4代血統表
ヘニーヒューズ
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:1.50【14】
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964
T. C. Kitten 1969.3.30
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
Shortley
黒鹿毛 1980.3.11
Hagley 1967.4.13
Short Winded 1965.4.20
ツルマルオジョウ
黒鹿毛 2004.4.16
仔受胎時活性値:1.25【13】
ダンスインザダーク
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:0.50【10】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976
ツルマルガール
栃栗毛 1991.2.11
仔受胎時活性値:1.00【12】
サツカーボーイ
栃栗毛 1985.4.28
種付け時活性値:1.25【5】
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
エプソムガール
黒鹿毛 1978.4.18
仔受胎時活性値:1.00【12】
アローエクスプレス
鹿毛 1967.4.10
種付け時活性値:0.50【10】
ゲシー
栃栗毛 1968.6.7
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ウェルドーン(2018.4.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
ダンスインザダーク
(サンデーサイレンス系)
サツカーボーイ
(Fine Top系)
アローエクスプレス
(Grey Sovereign系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ヘニーヒューズ 3.50 伯父ツルマルボーイ
(No. 6-a エスサーデイー系)
6番仔
(3連産目)

*

2021年の第57回関東オークス(JpnII。川崎ダート2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6ウェルドーン 牝3 54 武豊 2:18.3 3-3-2-2 41.3 495
[-1]
角田晃一 1
2 7ケラススヴィア 牝3 54 森泰斗 2:18.7 2 1-1-1-1 41.9 436
[-2]
小久保智 2
3 1ランスオブアース 牝3 54 泉谷楓真 2:19.5 4 6-6-4-3 41.9 469
[+2]
本田優 5
4 4グロリオーソ 牝3 54 矢野貴之 2:21.5 9-9-9-8 43.1 457
[0]
佐野謙二 8
5 3ネイバーアイランド 牝3 54 魚住謙心 2:21.8 1.1/2 12-12-12-12 40.4 403
[-16]
鋤田誠二 12

2021年の第57回関東オークス。浦和ダート1600mの桜花賞、大井ダート1800mの東京プリンセス賞、そして川崎ダート2100mの関東オークスという南関東牝馬三冠。今年の浦和の桜花賞、大井の東京プリンセス賞を制していたケラススヴィア(2018.5.9)、チャームアスリープ(2003.3.19)以来の南関東牝馬三冠を目指しましたが、1頭だけ先んじた馬がいました。前走中京ダート1800mの鳳雛S(L)で3馬身差の快勝を収めていたウェルドーン。最初から相手はケラススヴィア1頭と定め、徹底マークの末に決勝点では2馬身差を着けていました。

そんなウェルドーン、

ウェルドーンのごく近い牝系近親馬の重賞勝ち鞍を見てみると、左回りのレースばかりであることに気付きます。さながらサウスポー牝系のウェルドーン、左回りの中京ダート1800mの鳳雛Sを制して挑む、左回りの川崎ダート2100mの関東オークス。好勝負を期待しています。

ウェルドーン(2018.4.7)&ゲンパチフォルツァ(2018.4.16)-2021年のクラシック候補生を確認する(No. 30)-

祖母ツルマルガール、伯父ツルマルボーイ(1998.3.5)に続いて左回り重賞の勝ち馬となりました。ともあれ、もちろん右回りでも強いものは強いですし、体調万全ならば大井ダート2000mのジャパンダートダービー(JpnI)に向かう模様。ウェルドーン、次走も楽しみにしています。

*

スマッシャー 牡 鹿毛 2018.4.6生 浦河・宮内牧場生産 馬主・(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 栗東・吉岡辰弥厩舎

スマッシャー(2018.4.6)の4代血統表
マジェスティックウォリアー
鹿毛 2005.4.9
種付け時活性値:1.00【12】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Weekend Surprise
鹿毛 1980.4.8
Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
Dream Supreme
黒鹿毛 1997.2.28
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Spinning Round
鹿毛 1989.4.5
★Dixieland Band 1980.3.20
Take Heart 1983.3.3
スマッシュ
黒鹿毛 2010.1.24
仔受胎時活性値:1.75【7】

キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.00【8】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
ロフティーエイム
鹿毛 2002.3.18
仔受胎時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.75【15】
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウィッチフルシンキング
鹿毛 1994.4.6
仔受胎時活性値:1.75【7】
Lord Avie
鹿毛 1978.4.25
種付け時活性値:1.75【15】
Halloween Joy
鹿毛 1987.5.26
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Secretariat4×5(父方)、Mr. Prospector4×4、Buckpasser5×5(父方)>

スマッシャー(2018.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
マジェスティックウォリアー
(Seattle Slew系)
★キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Lord Avie
(Sir Gaylord系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サンデーサイレンス 6.75 祖母がGIII勝ち馬
(No. 2-b)
4番仔
(4連産目)

*

2021年の第26回ユニコーンS(GIII。東京ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2スマッシャー 牡3 56 坂井 瑠星 1:34.4 9-8 35.4 468
[-2]
吉岡 辰弥 7
2 15サヴァ 牡3 56 石川 裕紀人 1:34.5 1 3-2 36.2 520
[+2]
上村 洋行 14
3 7ケイアイロベージ せん3 56 三浦 皇成 1:34.7 1 11-10 35.5 476
[0]
野中 賢二 3
4 16ルーチェドーロ 牡3 56 戸崎 圭太 1:35.1 2 1/2 5-7 36.2 500
[+6]
高橋 裕 2
5 6クリーンスレイト 牡3 56 田辺 裕信 1:35.3 1 13-13 35.7 476
[-8]
久保田 貴士 4

2021年の第26回ユニコーンS。近10年の勝ち馬を見てもベストウォーリア(2010.3.7)ノンコノユメ(2012.3.28)ゴールドドリーム(2013.4.19)サンライズノヴァ(2014.4.9)ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)ワイドファラオ(2016.4.3)カフェファラオ(2017.3.3)と後にダートのジーワン勝ちを収める馬たちを立て続けに送り出す出世レース。ダート界の登竜門とも言うべきユニコーンS、2021年のレースを制したのは戦前7番人気だったスマッシャー。ベストウォーリアと同じくマジェスティックウォリアー産駒のスマッシャー、16頭立てを道中は中団やや後方に構えると、直線は馬場中央内側を鋭く伸び、先行策から粘っていた14番人気のサヴァ(2018.4.10)を決勝点前で捉え、最後は1馬身差を着けていました。そうして終わってみれば、東京ダート1600mの勝ち時計1分34秒4はレースレコードタイム。スマッシャー、その馬名意味である「粉砕者。あらゆる記録を打ち破ってほしい。母名より連想」のとおり、記録を打ち破っての見事な勝利。そうして、スマッシャーを管理される吉岡辰弥調教師は開業2年目で嬉しい重賞初制覇となりました。

スマッシャーの馬主である(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンは、5月から6月にかけて、かきつばた記念(JpnIII)を制したラプタス(2016.4.19)、葵S(重賞)を制したレイハリア(2018.3.8)、

レイハリア(2018.3.8)&セファーラジエル(2018.3.4)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.31)-
レイハリア 牝 鹿毛 2018.3.8生 新ひだか・谷岡牧場生産 馬主・(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 美浦・田島俊明厩舎 セファーラジエル 牡 鹿毛 2018.3.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・高柳大輔厩舎

そしてユニコーンSのスマッシャーと重賞制覇が続いていて好調。「緑、赤襷、赤袖白一本輪」の勝負服、馬産地・日高の牧場連合が送り出す駿馬たちの快走、今後も期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

【ユニコーンS】ピンクカメハメハは急性心不全のため死亡 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 20日の東京11R・ユニコーンS(GIII)に出走したピンクカメハメハ(牡3、栗東・森秀行厩舎)は、向正面で転倒。急性心不全のため死亡した。 落馬した北村宏司騎手は、府中市内の病院へ搬送された。診断… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

常に隣り合わせとはいえ、命が逝く報せは辛いものです。ピンクカメハメハ(2018.4.12)、合掌。

ピンクカメハメハ(2018.4.12)-2021年のサウジダービーの勝ち馬-
ピンクカメハメハ(Pink Kamehameha) 牡 鹿毛 2018.4.12生 新ひだか・畠山牧場生産 馬主・木村久子氏 栗東・森秀行厩舎