ピクシーナイト(2018.5.14)&ファインルージュ(2018.3.11)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.11)-

Pedigree

ピクシーナイト 牡 鹿毛 2018.5.14生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 栗東・音無秀孝厩舎

ピクシーナイト(2018.5.14)の4代血統表
モーリス
鹿毛 2011.3.2
種付け時活性値:1.50【6】
スクリーンヒーロー
栗毛 2004.4.18
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
Silver Hawk 1979.4.20
Ameriflora 1989.1.29
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
サンデーサイレンス 1986.3.25
ダイナアクトレス 1983.5.4
メジロフランシス
鹿毛 2001.3.18
カーネギー
鹿毛 1991.2.26
▲Sadler’s Wells 1981.4.11
Detroit 1977.2.24
メジロモントレー
黒鹿毛 1986.4.25
モガミ 1976.5.18
メジロクインシー 1981.7.1
ピクシーホロウ
鹿毛 2010.3.18
仔受胎時活性値:1.75【7】
キングヘイロー
鹿毛 1995.4.28
種付け時活性値:1.50【14】
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard 1969.5.10
Navajo Princess 1974.3.31
グッバイヘイロー
栗毛 1985.2.12
Halo 1969.2.7
Pound Foolish 1979.3.17
ラインレジーナ
栗毛 2002.2.5
仔受胎時活性値:1.75【7】
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:1.00【12】
サクラユタカオー 1982.4.29
サクラハゴロモ 1984.4.13
シンコウエンジェル
鹿毛 1993.4.13
仔受胎時活性値:2.00【8】
オジジアン
鹿毛 1983.3.17
種付け時活性値:0.25【9】
A Kiss for Luck
黒鹿毛 1979
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×5、Halo4×5、ノーザンテースト5×5、Northern Dancer5×5>

ピクシーナイト(2018.5.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
モーリス
(Roberto系)
キングヘイロー
(Lyphard系)
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
オジジアン
(Damascus系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
モーリス 6.75 大叔母クィーンズバーン
(No. 3-d)
3番仔
(3連産目)

*

2021年の第55回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII。中京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12ピクシーナイト 牡3 56 福永 祐一 1:33.3 1-1-1 35.2 536
[-2]
音無 秀孝 4
2 3ルークズネスト 牡3 56 幸 英明 1:33.5 1 1/4 10-9-7 34.8 500
[0]
浜田 多実雄 8
3 10バスラットレオン 牡3 56 坂井 瑠星 1:33.7 3/4 2-2-2 35.5 478
[0]
矢作 芳人 2
4 15ククナ 牝3 54 C.ルメール 1:33.8 1/2 10-10-10 34.9 450
[0]
栗田 徹 1
5 6セラフィナイト 牡3 56 丸山 元気 1:34.0 1 1/2 13-13-12 34.7 438
[-4]
宮田 敬介 9

2021年の第55回シンザン記念。マイルGI4勝の父の血が桶狭間のマイル戦で花開いたのでしょうか。ピクシーナイトとルークズネスト(2018.3.11)、モーリス産駒のワンツーフィニッシュ。機先を制する形で逃げに出たピクシーナイトと福永祐一騎手、最後まで脚を緩めることなく見事な逃げ切り勝ち。ピクシーナイト、福永騎手にはJRA通算2400勝のメモリアル勝利を贈ると共に、父モーリスに種牡馬としての重賞初制覇を贈りました。ピクシーナイト、その馬名意味は「母名の一部+騎士」ということです。

ピクシーナイトの近親の活躍馬には、曾祖母シンコウエンジェルの仔に

  1. ワイルドソルジャー(2001.2.28)
    →名古屋グランプリ(統一GII)。ワイルドソルジャーによる2004年の名古屋グランプリが岡部幸雄騎手の最後の重賞勝利でした。父ブロッコ(1991.3.2)
  2. ダノンカモン(2006.2.8)
    →名古屋大賞典(JpnIII)ほか。父シンボリクリスエス(1999.1.21)
  3. クィーンズバーン(2008.2.14)
    →阪神牝馬S(GII)ほか。父スペシャルウィーク(1995.5.2)

と3頭の重賞勝ち馬がいます。重賞勝ちを収めた仔の父がいずれも違う種牡馬であるところに、シンコウエンジェルの繁殖能力の確かさを思わされます。また、シンコウエンジェルの孫にはGIII3勝を挙げたウキヨノカゼ(2010.3.30)がいます。ウキノヨノカゼの父はオンファイア(2003.3.26)-ブラックタイド(2001.3.26)&ディープインパクト(2002.3.25)の全弟-ですね。

*

ファインルージュ 牝 鹿毛 2018.3.11生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・六井元一氏 美浦・木村哲也厩舎

ファインルージュ(2018.3.11)の4代血統表
キズナ
青鹿毛 2010.3.5
種付け時活性値:1.75【7】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
キャットクイル
鹿毛 1990.5.22
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Pacific Princess
鹿毛 1973.5.10
★Damascus 1964.4.14
Fiji 1960
パシオンルージュ
鹿毛 2008.3.17
仔受胎時活性値:0.25【9】
ボストンハーバー
鹿毛 1994.4.4
種付け時活性値:1.25【13】
Capote
黒鹿毛 1984.3.25
Seattle Slew 1974.2.15
Too Bald 1964
Harbor Springs
栗毛 1989.4.13
Vice Regent 1967.4.29
Tinnitus 1975.5.15
セクシーココナッツ
栗毛 2001.2.15
仔受胎時活性値:1.50【6】
ダンスインザダーク
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス 1986.3.25
ダンシングキイ 1983.5.21
ココパシオン
栗毛 1992.3.2
仔受胎時活性値:2.00【8】
グルームダンサー
鹿毛 1984.3.23
種付け時活性値:1.75【7】
ゲートドクール
鹿毛 1987.4.8
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Northern Dancer5×5>

ファインルージュ(2018.3.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キズナ
(サンデーサイレンス系)
ボストンハーバー
(Seattle Slew系)
ダンスインザダーク
(サンデーサイレンス系)
Groom Dancer
(Blushing Groom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キズナ 4.75 叔父ザラストロ
(No. 4-r)
4番仔
(4連産目)

*

2021年の第37回フェアリーS(GIII。中山芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9ファインルージュ 牝3 54 C.ルメール 1:34.4 9-9-7 35.0 492
[+4]
木村 哲也 3
2 15ホウオウイクセル 牝3 54 丸田 恭介 1:34.8 2 1/2 9-11-10 35.2 420
[+2]
高柳 瑞樹 8
3 1ベッラノーヴァ 牝3 54 丸山 元気 1:34.9 1 13-15-14 34.9 402
[+6]
金成 貴史 6
4 8テンハッピーローズ 牝3 54 福永 祐一 1:35.1 1 9-5-3 36.1 440
[+2]
高柳 大輔 1
5 6ネクストストーリー 牝3 54 杉原 誠人 1:35.3 1 3-8-9 36.1 498
[+8]
中川 公成 11

2021年の第37回フェアリーS。上述のシンザン記念で1番人気のククナ(2018.3.31)に騎乗して4着だったクリストフ・ルメール騎手、翌日のフェアリーSでしっかりと2021年の重賞初勝利を挙げられました。お相手はキズナの娘ファインルージュ。レースは向こう正面で2番人気のクールキャット(2018.2.21)の行き脚が付いたのかどんどこ進出。3歳1月の牝馬にとってはペースが難しいレースになったと思いましたが、そこはサスガにルメール騎手。若干ゆっくり目の発馬から、道中はおっつけ加減で中団に構え、迎えた中山芝の直線310mでは外を回しながら鋭く抜け出しました。強い内容を見せたファインルージュ、馬主である六井元一氏は最初の持ち馬がファインルージュの模様。むぅ、1頭目からJRA重賞勝ち馬を所有されることになるとは、素晴らしい。ファインルージュ、その馬名意味は「元気+母名の一部」ということです。

ファインルージュの近親の活躍馬には叔父に新潟2歳S(GIII)を制したザラストロ(2010.2.14)がいます。また、曾祖母ココパシオンはシェーヌ賞(仏GIII)の勝ち馬であり、ココパシオンの全妹に報知杯4歳牝馬特別(GII。現フィリーズレビュー)を制して優駿牝馬(GI)ではエアグルーヴ(1993.4.6)の3着だったリトルオードリー(1993.3.15)がいます。リトルオードリーはその父グルームダンサーが満8歳時交配のミニモの遺伝を受けており、1996年当時、中島国治氏の評価が高い馬の1頭であったと記憶しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。