オメガパフューム(2015.4.6)-第66回東京大賞典(GI)の勝ち馬+α-

Result

オメガパフューム 牡 芦毛 2015.4.6生 千歳・社台ファーム生産 馬主・原禮子氏 栗東・安田翔伍厩舎

オメガパフューム(2015.4.6)の4代血統表
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997.2.6
種付け時活性値:0.25【17】
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
Sheer Ice
芦毛 1982.5.26
Cutlass
鹿毛 1970.4.26
Damascus 1964.4.14
Aphonia 1962.4.19
Hey Dolly A.
芦毛 1974.3.2
Ambehaving 1954.2.27
Swift Deal 1969.3.19
オメガフレグランス
鹿毛 2007.5.22
仔受胎時活性値:1.75【7】
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev 1977.5.2
Reluctant Guest 1986.2.21
ビューティーメイク
鹿毛 1989.3.21
仔受胎時活性値:0.25【17】
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.25【9】
▲Roberto 1969.3.16
Desert Vixen 1970.4.19
セイリングビユーテイ
鹿毛 1976.3.30
仔受胎時活性値:1.00【12】
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.50【6】
Sweetdric
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Hail to Reason5×5>

オメガパフューム(2015.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スウェプトオーヴァーボード
(Mr. Prospector系)
ゴールドアリュール
(Halo系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nearctic)
4.50 祖母がOP特別勝ち馬
(No. 14-c)
2番仔
(2連産目)

*

2020年の第66回東京大賞典(GI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7オメガパフューム 牡5 57 M.デムーロ 2:06.9  6-5-5-4 36.2 457
[+4]
安田翔伍 1
2 14カジノフォンテン 牡4 57 張田昂 2:06.9 クビ 2-2-2-2 36.5 541
[-3]
山下貴之 9
3 9ウェスタールンド せん8 57 藤岡佑介 2:07.0 1/2 14-14-7-7 36.0 480
[0]
佐々木晶三 3
4 4ヒストリーメイカー 牡6 57 北村友一 2:07.0 ハナ 6-7-7-9 36.0 534
[+3]
新谷功一 11
5 16ミューチャリー 牡4 57 御神本訓史 2:07.1 クビ 10-9-9-10 36.0 468
[0]
矢野義幸 7

2020年の第66回東京大賞典。年末の日本の国際GIの掉尾を飾るのは、有馬記念(GI)でもなく、ホープフルS(GI)でもなく、東京大賞典。その第66回を制したのは、史上初の「東京大賞典3連覇」を果たしたオメガパフューム。「史上初」続きだった2020年の日本の競馬界、最後の最後でも史上初がなされました。

第64回東京大賞典(GI)の勝ち馬-オメガパフューム(2015.4.6)-
オメガパフューム 牡 芦毛 2015.4.6生 千歳・社台ファーム生産 馬主・原禮子氏 栗東・安田翔伍厩舎
第65回東京大賞典(GI)の勝ち馬-オメガパフューム(2015.4.6)-
オメガパフューム 牡 芦毛 2015.4.6生 千歳・社台ファーム生産 馬主・原禮子氏 栗東・安田翔伍厩舎

齢重ねて、白さ重ねて、そして強さ重ねて。今回の勝利で大井ダート2000mの成績を[4-3-0-0] としたオメガパフューム。ただただ見事な東京大賞典3連覇でした。素晴らしい(^^)

2015年生まれ世代は傑出馬が多い強力世代です。オメガパフュームの他にダートで目覚ましい馬と言うと、

第19回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬-ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)-
ルヴァンスレーヴ 牡 鹿毛 2015.1.26生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(株)G1レーシング 美浦・萩原清厩舎
チュウワウィザード(2015.4.19)-第21回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬-
チュウワウィザード 牡 青鹿毛 2015.4.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・中西忍氏 栗東・大久保龍志厩舎

の従兄弟どうしが挙げられますでしょうか。オメガパフューム、ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)、チュウワウィザード(2015.4.19)。古馬になって3頭が相まみえたレースは今年の第43回帝王賞(JpnI)がありましたが、万全の体調による「3頭揃い踏み」を見てみたかったものです。まま、その帝王賞を制した1歳年下の強い馬もいますけれど^^;

*

本当に悔しいです。成果は出ましたし、折り合いや距離も完璧でした。私の根性が足りませんでしたとコメントされた、2着カジノフォンテン(2016.3.19)の鞍上を務められた張田昂騎手。コメントの受け取り方は人それぞれと思いますが、私は「心意気やよし」と思いました。その心意気を汲んで、カジノフォンテンの4代血統表もアップしておきます。

カジノフォンテン 牡 栗毛 2016.3.29生 登別・登別上水牧場生産 馬主・吉橋興生氏 船橋・山下貴之厩舎

カジノフォンテン(2016.3.29)の4代血統表
カジノドライヴ
栗毛 2005.3.7
種付け時活性値:0.50【10】
Mineshaft
黒鹿毛 1999.5.17
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Prospectors Delite
栗毛 1989.3.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Up the Flagpole 1978.5.12
Better Than Honour
鹿毛 1996.2.27
★Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Blush With Pride
栗毛 1979.6.5
Blushing Groom 1974.4.8
Best in Show 1965.4.29
ジーナフォンテン
栗毛 1998.4.19
仔受胎時活性値:0.25【17】
ベストタイアップ
鹿毛 1992.3.29
種付け時活性値:1.25【5】
アンバーシヤダイ
鹿毛 1977.3.10
ノーザンテースト 1971.3.15
クリアアンバー 1967.5.8
ミスタイモア
黒鹿毛 1977.5.1
Sham 1970.4.9
Bend an Oar 1967.4.9
ジュピターガール
栗毛 1989.3.24
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
パークリージエント
鹿毛 1981.5.26
種付け時活性値:1.75【7】
Vice Regent 1967.4.29
Miss Attractive 1970.3.19
ダイナシヨール
栗毛 1982.3.27
仔受胎時活性値:1.50【6】
デイクタス
栗毛 1967.4.11
種付け時活性値:1.50【14】
ギルバーツガール
鹿毛 1971.5.1
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Vice Regent4×4、Northern Dancer5×5×5>

カジノフォンテン(2016.3.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
カジノドライヴ
(Seattle Slew系)
ベストタイアップ
(ノーザンテースト系)
パークリージエント
(Vice Regent系)
デイクタス
(Fine Top系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
パークリージエント
(Victoria Regina)
4.25 or 2.25 母が統一Gレース2勝
(No. 23-b)
5番仔
(流産後)

カジノフォンテン。むぅ、累代が「シブい」ですね。父カジノドライヴがピーターパンS(米GII)勝ち馬、母父ベストタイアップが中山金杯(GIII)連覇と東京新聞杯(GIII)勝ち、祖母父パークリージェントがカップ&ソーサーS勝ち馬、そして曾祖母父ディクタスがジャック・ル・マロワ賞(仏GI)勝ち馬。祖母父から父まで、3代続いてマイナー競走歴に終わった馬たちが配されています。また母ジーナフォンテンはエンプレス杯(統一GII)、スパーキングレディーC(統一GIII)と統一重賞2勝を始め13勝を挙げた船橋の名牝。ジーナフォンテンの活躍時、やはり父ベストタイアップが「シブい」と思ったものでした。懐かしい。

#余談1。パークリージェントを祖母父に持ちかつ最優性先祖としている配合馬は、つい先日メイショウダッサイ(2013.4.8)を記したばかりだったのですが、私パークリージェントと誕生日の日付が同じですので、パークリージェントが血統表に現れると「おっ、嬉しいな」と思ってしまいます(^^)

#余談2。ベストタイアップの母ミスタイモアは京成杯(GIII)勝ち馬ノーモアスピーディ(1987.2.21)も輩出した名繁殖牝馬。そのミスタイモアを高祖母に持っているのが、今回の東京大賞典で4着だったヒストリーメイカー(2014.3.7)です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。