ノーザンテースト(1971.3.15)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.4)-

Series

ノーザンテースト(Northern Taste) 牡 栗毛 1971.3.15生~2004.12.11没 加国・E. P. Taylor生産 馬主・吉田善哉氏 仏国・John Cunnington, Jr.厩舎

ノーザンテースト(1971.3.15)の4代血統表
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:0.25【9】
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco
黒鹿毛 1935.1.24
Pharos 1920.4.4
Nogara 1928
Lady Angela
栗毛 1944 ♀
Hyperion 1930.4.18
Sister Sarah 1930
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer
芦毛 1950.3.27
Polynesian 1942.3.8
Geisha 1943
Almahmoud
栗毛 1947.5.18
Mahmoud 1933
Arbitrator 1937
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Victoria Park
鹿毛 1957.5.10
種付け時活性値:1.00【4】
★Chop Chop
黒鹿毛 1940
Flares 1933
Sceptical 1922
Victoriana
鹿毛 1952
★Windfields 1943
Iribelle 1942
Lady Angela
栗毛 1944 ♀
仔受胎時活性値:0.25【17】
Hyperion
栗毛 1930.4.18
種付け時活性値:1.25【13】
Gainsborough 1915.1.24
Selene 1919
Sister Sarah
黒鹿毛 1930
仔受胎時活性値:1.25【13】
Abbots Trace
栗毛 1917
種付け時活性値:1.00【12】
Sarita
黒鹿毛 1924
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Lady Angela(♀)2×3>

ノーザンテースト(1971.3.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Northern Dancer
(Nearctic系)
Victoria Park
(Teddy系)
Hyperion
(Gainsborough系)
Abbots Trace
(Rock Sand系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Hyperion
(Gainsborough)
4.75 or 2.75 伯父Nearctic
(No. 14-c)
4番仔?
(2連産目?)

*

1974年の第109回フォレ賞(仏GI。ロンシャン芝1400m)の結果(上位3頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 ノーザンテースト 牡3 61.0 J.C.Desaint 1:29.0 J.Cunnington
2 El Rastro 牡4  1
3 Speedy Dakota 牡2  アタマ

*

1982年から1992年まで11年連続で中央首位種牡馬となったノーザンテースト。吉田照哉氏の慧眼により見出された同馬は、競走馬としてもフォレ賞を制したGI馬であり、日本のNorthern Dancer系種牡馬の先駆けかつ日本競馬史上に残る大種牡馬として、その名を残しました。

ノーザンテーストに関する0の理論的な見解について、中島国治氏の記述より一部引用しておきます。

 血統の構成が種牡馬としての能力を支えている。同馬はレディアンジェラ(Lady Angela 1944年)のM2×S3の近親交配馬である。

 牝の先祖の近親交配はまったく無弊害の交配であると同時に、牝の先祖は交配に当たり太陽のサイクルの支配外であり0の交配の意と同一の働きがある。(中略)また、母の父ヴィクトリアパーク(Victoria Park 1957年)は父チョップチョップ(Chop Chop 1940年)の0交配を、その母ヴィクトリアーナ(Victoriana 1952年)はウィンドフィールド(Windfield 1943年)の0の交配を受けている。

KKベストセラーズ、「競馬最強の法則」1998年10月号、P85~P86より引用-

そんなノーザンテーストの代表産駒には、中央の八大競走勝ち馬7頭を含む49頭の中央及び地方交流重賞勝ち馬がいます。49頭の中央及び地方交流重賞勝ち馬を生年順に列挙いたしますと、、、

  1. アンバーシヤダイ(1977.3.10)
    →有馬記念、天皇賞・春、AJCC2回、目黒記念・秋ほか。仔メジロライアン(1987.4.11)、孫メジロブライト(1994.4.19)&メジロドーベル(1994.5.6)と3代続けて中央GI級勝利を果たしました
  2. シヤダイダンサー(1977.4.8)
    →阪神4歳牝馬特別、京成杯3歳Sほか。牝馬
  3. ピーチシヤダイ(1977.4.12)
    →東京障害特別・春
  4. シヤダイコスモス(1978.4.22)
    →中山牝馬S(GIII)。牝馬。ダイナコスモス(1983.3.25)の叔母
  5. シヤダイアイバー(1979.2.23)
    →優駿牝馬。牝馬。後述のダイナオレンジの全姉。エアジハード(1995.4.9)の祖母
  6. アスワン(1979.5.14)
    →NHK杯、京成杯ほか。従兄Riverman(1969.3.22)という良血馬。父としてメジロアルダン(1985.3.28)等を輩出
  7. シャダイソフィア(1980.3.19)★
    →桜花賞、阪急杯(GIII)、函館3歳S、サファイヤSほか。牝馬。アンテイツクヴアリユー(1979.2.25)の導入はシャダイソフィアの死も要因としてあったと推察します
  8. ダイナカール(1980.5.10)
    →優駿牝馬ほか。牝馬。言わずと知れたエアグルーヴ(1993.4.6)の母、アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)の祖母、ドゥラメンテ(2012.3.22)の曾祖母
  9. ギヤロツプダイナ(1980.4.25)★
    →天皇賞・秋(GI)、安田記念(GI)、東京新聞杯(GIII)ほか
  10. グローバルダイナ(1980.3.4)★
    →北九州記念(GIII)、小倉大賞典(GIII)、阪神牝馬特別(GIII)ほか。牝馬。1985年の優駿賞最優秀5歳以上牝馬
  11. ダイナマイン(1980.4.30)★
    →新潟記念(GIII)、牝馬東京タイムズ杯(GIII)ほか。牝馬。後述のダイナシユートの全姉。1993年と1994年のJRA賞最優秀障害馬ブロードマインド(1988.4.17)の母
  12. シヤダイチヤツター(1980.2.12)★
    →小倉記念(GIII)ほか。牝馬。ラブリーデイ(2010.1.30)の高祖母
  13. ダイナシユガー(1981.5.27)
    →報知杯4歳牝馬特別(GII)ほか。牝馬。ムッシュシェクル(1988.3.31)&シクレノンシェリフ(1990.4.21)の母
  14. ダイナシユート(1982.5.13)
    →京成杯3歳S(GII)、七夕賞(GIII)、新潟3歳S(GIII)ほか。牝馬。アドマイヤマックス(1999.4.10)の母、ラインクラフト(2002.4.4)の祖母
  15. ダイナシユペール(1982.4.24)
    →小倉3歳S(GIII)ほか。牝馬。ボールドエンペラー(1995.4.28)の祖母
  16. ダイナガリバー(1983.3.23)
    →東京優駿(GI)、有馬記念(GI)、共同通信杯4歳S(GIII)ほか。半兄カズシゲ(1977.4.16)。ノーザンテースト産駒唯一の東京優駿勝ち馬
  17. ダイナアクトレス(1983.5.4)
    →毎日王冠(GII)、スプリンターズS(GII)、京王杯スプリングC(GII)、京王杯オータムH(GIII)、函館3歳S(GIII)ほか。牝馬。1980年代の中央最強古馬牝馬。ステージチャンプ(1990.5.17)&プライムステージ(1992.3.25)の母、スクリーンヒーロー(2004.4.18)の祖母
  18. レジエンドテイオー(1983.4.2)
    →アルゼンチン共和国杯(GII)、セントライト記念(GIII)ほか。産駒の稼ぎ頭であるセイカシミズダニ(1993.3.10)の名前の響きが好きでした
  19. ダイナフエアリー(1983.4.30)
    →オールカマー(GIII)、新潟記念(GIII)、エプソムC(GIII)、牝馬東京タイムズ杯(GIII)、京成杯(GIII)ほか。牝馬。サマーサスピション(1992.5.27)&ローゼンカバリー(1993.6.1)の母。ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)&チュウワウィザード(2015.4.19)の高祖母
  20. ダイナオレンジ(1983.4.27)
    →新潟記念(GIII)ほか。牝馬。上述のシヤダイアイバーの全妹。センターライジング(1993.3.27)の母
  21. ダイナサンキユー(1984.5.5)
    →デイリー杯3歳S(GII)ほか。サンエイサンキュー(1989.4.7)の父
  22. スルーオダイナ(1984.5.6)
    →ステイヤーズS(GIII)2回、ダイヤモンドS(GIII)2回。米GI7勝の名馬Slew o’ Gold(1980.4.19)の従弟
  23. ダイナレター(1984.4.4)
    →札幌記念(GIII)、根岸S(GIII)ほか。1989年のJRA賞最優秀ダートホース
  24. スカーレットリボン(1985.6.4)
    →報知杯4歳牝馬特別(GII)。牝馬。後述のスカーレットブーケの全姉
  25. センリョウヤクシャ(1986.5.28)
    →阪急杯(GIII)ほか
  26. メインキャスター(1986.2.27)
    →阪神牝馬特別(GIII)ほか。牝馬
  27. リストレーション(1986.4.2)
    →牝馬東京タイムズ杯(GIII)。牝馬。ダンスダンスダンス(1988.4.3)の半姉
  28. ノーモアスピーディ(1987.2.21)
    →京成杯(GIII)ほか。ベストタイアップ(1992.3.29)の半兄
  29. ノーザンドライバー(1988.4.16)★
    →デイリー杯3歳S(GII)、ペガサスS(GIII)ほか。牝馬。1990年のJRA賞最優秀3歳牝馬
  30. ビッグファイト(1988.3.25)★
    →京成杯3歳S(GII)、新潟3歳S(GIII)ほか。現年齢表記6歳時、1994年の銀嶺S(OP)の復活勝利は立派でした
  31. スカーレットブーケ(1988.4.11)★
    →中山牝馬S(GIII)、京都牝馬特別(GIII)、クイーンC(GIII)、札幌3歳S(GIII)ほか。牝馬。ご存知ダイワメジャー(2001.4.8)&ダイワスカーレット(2004.5.13)の母
  32. イイデサターン(1988.4.12)★
    →毎日杯(GIII)ほか
  33. ニフティダンサー(1988.5.28)★
    →七夕賞(GIII)。ニフティニース(1987.5.25)の半弟
  34. タイヤン(1988.5.22)★
    →京都大障害・秋
  35. アドラーブル(1989.3.28)
    →優駿牝馬(GI)ほか。牝馬。後述のノーザンレインボーの全姉。エモシオン(1995.3.17)の母
  36. マチカネタンホイザ(1989.5.7)
    →高松宮杯(GII)、AJCC(GII)、目黒記念(GII)、ダイヤモンドS(GIII)ほか。実は全8勝中7勝が左回りだったサウスポー
  37. ディスコホール(1989.5.19)
    →報知杯4歳牝馬特別(GII)、テレビ東京賞3歳牝馬S(GIII)ほか。牝馬
  38. エリザベスローズ(1989.5.3)
    →セントウルS(GIII)ほか。牝馬。フサイチゼノン(1997.3.2)&アグネスゴールド(1998.4.10)&リミットレスビッド(1999.6.5)の母
  39. ノーザンコンダクト(1989.2.22)
    →ラジオたんぱ杯3歳S(GIII)ほか。藤田伸二騎手の重賞初制覇のお相手。そしてまた伊藤修司調教師に27年連続中央重賞勝利をプレゼント
  40. サマニベッピン(1990.4.15)
    →阪神牝馬特別(GII)、府中牝馬S(GIII)、金鯱賞(GIII)ほか。牝馬。ダンツキッチョウ(2002.2.25)の半姉
  41. ノーザンレインボー(1990.5.6)
    →中山大障害・春、東京障害特別・秋。前述のアドラーブルの全弟
  42. シャイニンレーサー(1991.3.10)
    →マーメイドS(GIII)ほか。牝馬。フジキセキ(1992.4.15)の半姉、シャイニンルビー(1999.4.18)の母
  43. ビッグショウリ(1991.4.5)
    →マイラーズC(GII)ほか。後述のビッグテーストの全兄。クラフテイワイフ(1985.1.17)一族の活躍馬の走り
  44. ファッションショー(1992.4.20)
    →マリーンC(統一GIII)ほか。牝馬。1996年のオールカマー(GII)でサクラローレル(1991.5.8)の2着に頑張ったことも印象に残っています
  45. インターフラッグ(1993.4.13)
    →ステイヤーズS(GII)ほか。1997年11月の清水S(準OP)を11番人気1着したのを京都競馬場の現地で見ていました。マルカコマチ(1995.3.25)の半兄
  46. クリスザブレイヴ(1994.2.18)
    →富士S(GIII)ほか。「ノーザンテースト最後の大物」のフレーズもよく聞かれました
  47. エアデジャヴー(1995.3.27)
    →クイーンS(GIII)ほか。牝馬。エアシャカール(1997.2.26)の半姉、エアメサイア(2002.2.4)の母
  48. テイエムダイオー(1996.4.14)★
    →京都ハイジャンプ(J・GII)、阪神ジャンプS(J・GIII)
  49. ビッグテースト(1998.3.9)
    →中山グランドジャンプ(J・GI)。上述のビッグショウリの全弟。2003年のJRA賞最優秀障害馬。常石勝義騎手にJ・GIをプレゼントしたことでも記憶に残ります

初年度の1977年生まれ世代から1996年生まれ世代まで、実に20世代連続で中央重賞勝ち馬を輩出。そして21世紀に入ってからもJ・GIの勝ち馬を送り込むなど存在感を放ち続けたノーザンテースト。上述の49頭の内訳を見れば、牡馬23頭、牝馬26頭と若干ではありますが牝馬優勢の仔出し。同じNorthern Dancer産駒のフォレ賞勝ち馬で、やはり名種牡馬となったLyphard(1969.5.10)にも似るところでしょうか。

Lyphard(1969.5.10)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.3)-
Lyphard(リファール) 牡 鹿毛 1969.5.10生~2005.6.10没 米国・J. O. Burgwin生産 馬主・Germaine Wertheimer 仏国・Alec Head厩舎

ノーザンテーストの八大競走勝ち産駒7頭を改めて確認しておきますと、

ノーザンテーストの八大競走勝ち馬産駒7頭
No. 馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1アンバーシヤダイ
(1977.3.10)
[4-m]
3番仔
(不受胎後)
[3.75]
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Ambiopoise
(Tourbillon系)
Gallant Man
(Bois Roussel系)
◆Bull Lea
(Teddy系)
2 シヤダイアイバー
(1979.2.23)
[8-g]
2番仔
(2連産目)
[4.00]
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Delta Judge
(Hyperion系)
Spy Song
(Black Toney系)
Mr. Trouble
(Blenheim系)
3 シヤダイソフイア
(1980.3.19)
[9-f]
3番仔?
(前年産駒なし後)
[3.25]
★ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Bold Ruler
(Nasrullah系)
Tudor Minstrel
(Owen Tudor系)
★Bull Lea
(Teddy系)
4ダイナカール
(1980.5.10)

[8-f]
2番仔
(2連産目)
[4.50]
★ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
ガーサント
(Hermit系)
Never Say Die
(Nasrullah系)
Big Game
(Bahram系)
5 ギヤロツプダイナ
(1980.4.25)
[3-n]
初仔
[4.50]
★ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
★エルセンタウロ
(Fairway系)
Bold Ruler
(Nasrullah系)
To Market
(Black Toney系)
6ダイナガリバー
(1983.3.23)
[16-h]
8番仔
(2連産目)
[3.00]
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
バウンテイアス
(Rockefella系)
Correlation
(Blenheim系)
Hasty Road
(Teddy系)
7アドラーブル
(1989.3.28)
[14-c]
初仔
[6.75 or 4.75]
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Big Spruce
(Herbager系)
Dr. Fager
(Himyar系)
Intentionally
(Intent系)

八大競走勝ち馬7頭の内3頭は1980年生まれ世代です。0の理論的にはノーザンテーストが満8歳時交配のミニモの遺伝を受けた世代から輩出された、というところです。

併せて、名種牡馬はブルードメアサイアーとしても活躍するのが常ですけれど、ノーザンテーストもご多分に漏れず、ダイナコスモスから始まりレインボーダリア(2007.4.27)に至るまで、実に26頭のジーワン級レースの勝ち馬となりました。母父としては1991年から2005年まで15年連続で中央首位母父種牡馬に君臨しました。

ノーザンテースト。社台グループの屋台骨を支えた、正に日本競馬史上に残る大種牡馬。その血の威光は褪せること無く、これからもサラブレッドの血統表の中で輝き続けます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ノーザンテースト(1971.3.15)の主な競走成績]

  1. フォレ賞(仏GI)、トーマスブライアン賞(仏GIII)、エクリプス賞(仏GIII)
  2. ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)
  3. ウジェーヌアダム賞(仏GII)、リゾランジ賞(仏GIII)

通算20戦5勝、2着2回、3着3回。