第46回クイーンエリザベス2世カップ(香GI)の勝ち馬-Exultant(2014.3.24)-

Result

Exultant(エグザルタント) せん 鹿毛 2014.3.24生 愛国・Ballygallon Stud Limited生産 馬主・Eddie Wong Ming Chak & Wong Leung Sau Hing 香港・A S Cruz厩舎

Exultant(2014.3.24)の4代血統表
Teofilo
鹿毛 2004.2.9
種付け時活性値:0.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Speirbhean
鹿毛 1998.5.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Saviour
鹿毛 1987.5.17
Majestic Light 1973.3.29
Victorian Queen 1971.3.24
Contrary
栗毛 2007.3.4
仔受胎時活性値:1.50
Mark of Esteem
鹿毛 1993.3.26
種付け時活性値:1.25
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Homage
鹿毛 1989.4.4
Ajdal 1984.4.2
Home Love 1976.3.12
Crystal Gaze
栗毛 2001.5.10
仔受胎時活性値:1.25
Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.75
Blushing Groom 1974.4.8
I Will Follow 1975.4.29
Jumilla
鹿毛 1992.2.11
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
El Gran Senor
鹿毛 1981.4.21
種付け時活性値:0.50
Refill
黒鹿毛 1981.3.24
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5×5、Mill Reef5×5>

Exultant(2014.3.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Teofilo
(Sadler’s Wells系)
Mark of Esteem
(Mill Reef系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
El Gran Senor
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Mark of Esteem
(Home Love)
5.25 or 3.25 叔父に欧州GII勝ち馬2頭
(No. 22-c)
4番仔?
(4連産目?)

*

2020年の第46回クイーンエリザベス2世カップ(香GI。シャティン芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Exultant せん6 57.2 Zac Purton 2:00.00 A S Cruz 1
2 3 Furore せん5 57.2 Karis Teetan 3/4 A S Cruz 2
3 4 Eagle Way せん7 57.2 Neil Callan 2 1/2 John Moore 6
4 6 Playa Del Puente せん4 57.2 Blake Shinn 1 1/4 C S Shum 4
5 2 Time Warp せん7 57.2 Joao Moreira 2 3/4 A S Cruz 3
香港QE2C、エグザルタントが4度目のG1制覇 | JRA-VAN Ver.World
 現地26日、香港のシャティン競馬場にてG1クイーンエリザベス2世カップ(芝2000m)が行われ、1番人気に推されたエグザルタントが2番手から早めに抜け出して押し切った。 直線で逃げるタイムワープをと
パートン騎手が偉業、史上初の香港G1完全制覇を達成 | JRA-VAN Ver.World
 香港を拠点に騎乗しているZ.パートン騎手が、現地26日のG1クイーンエリザベス2世カップをエグザルタントで制覇。この勝利で史上初となる香港G1完全制覇の偉業を達成した。 香港ジョッキークラブの公式サ

香港の中距離王者Exultant。2018年の香港ヴァーズ(GI)、2019年の香港ゴールドC(GI)、チャンピオンズ&チャターC(香GI)に続いて、GI4勝目が2020年のクイーンエリザベス2世カップとなりました。我が国が誇るシャティン芝2000mマイスター、防衛王者だったウインブライト(2014.5.12)の参戦が叶わなかったのは残念でしたが、地元の強豪が見事1番人気に応えてくれました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。