レモンポップ(2018.2.15)-第40回フェブラリーS(GI)の勝ち馬-

Result

レモンポップ 牡 栗毛 2018.2.15生 米・Mr. & Mrs. Oliver S. Tait氏生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・田中 博康厩舎

レモンポップ(2018.2.15)の4代血統表
Lemon Drop Kid
鹿毛 1996.5.26
種付け時活性値:1.25【21】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Charming Lassie
黒鹿毛 1987.3.6
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Lassie Dear
鹿毛 1974.5.2
Buckpasser 1963.4.28
Gay Missile 1967.3.27
Unreachable
栗毛 2009.2.4
仔受胎時活性値:2.00【8】
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
種付け時活性値:0.75【11】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Mariah’s Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy 1985.2.18
イメンス 1979.3.17
Harpia
鹿毛 1994.2.10
仔受胎時活性値:1.50【14】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:0.00【16】
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
仔受胎時活性値:1.00【12】
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
種付け時活性値:1.00【12】
Spring Adieu
鹿毛 1974.5.10
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Buckpasser4×5、Northern Dancer4×5×5、Natalma5×5(母方)>

レモンポップ(2018.2.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Lemon Drop Kid
(Mr. Prospector系)
Giant’s Causeway
(Storm Cat系)
Danzig
(Northern Dancer系)
His Majesty
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lemon Drop Kid 6.00
(【8】+【14】+【12】+【6】)
大伯父デインヒル
(No. 2-d)
4番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2023年の第40回フェブラリーS(GI。東京ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7 レモンポップ 牡5 58 坂井 瑠星 1:35.6 4-4 36.3 518
[-4]
田中 博康 1
2 15 レッドルゼル 牡7 58 川田 将雅 1:35.8 1 1/2 14-14 35.7 488
[0]
安田 隆行 3
3 6 メイショウハリオ 牡6 58 浜中 俊 1:36.2 2 1/2 16-16 35.8 508
[+6]
岡田 稲男 4
4 4 ドライスタウト 牡4 58 戸崎 圭太 1:36.3 1 4-4 36.9 526
[-12]
牧浦 充徳 2
5 8 アドマイヤルプス せん6 58 内田 博幸 1:36.4 アタマ 8-8 36.8 550
[-2]
加藤 征弘 14
2023年の第40回フェブラリーS(GI。東京ダート1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3 – 10.9 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 12.1 – 12.0 – 12.4
ラップの
累計タイム
12.3 – 23.2 – 34.6 – 46.6 – 59.1 – 1:11.2 – 1:23.2 – 1:35.6
上り 4F 49.0 – 3F 36.5

大器レモンポップ、大切に大切に使われて、5歳、11戦目のGI初挑戦を1番人気に応えての快勝。テン乗りとなった坂井瑠星騎手の手綱にしっかり応えた結果、レモンポップ自身初のGI初勝利を蹄中に収めると共に、管理される田中博康調教師にも初めてのGI制覇を贈ることになりました。言うことなしの文句なし。2着のレッドルゼル(2016.3.25)の鋭脚もサスガでしたし、3着のメイショウハリオ(2017.2.25)も立ち遅れを巻き返してよく3着まで食い込んだもの。ただ、今日はレモンポップが強かった。

ワンダフルタウン(2018.1.31)&レモンポップ(2018.2.15)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.8)-
ワンダフルタウン 牡 鹿毛 2018.1.31生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・三田昌宏氏 栗東・高橋義忠厩舎レモンポップ 牡 栗毛 2018.2.15生 米国・Mr. & Mrs. Oliver S. Tait生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・田中博康厩舎
レッドルゼル(2016.3.25)-第21回JBCスプリント(JpnI)の勝ち馬-
レッドルゼル 牡 鹿毛 2016.3.25生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(株)東京ホースレーシング 栗東・安田 隆行厩舎
メイショウハリオ(2017.2.25)-第45回帝王賞(JpnI)の勝ち馬-
メイショウハリオ 牡 栗毛 2017.2.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・松本 好雄氏 栗東・岡田 稲男厩舎

気の早い話ですが、レモンポップは大伯父がデインヒル(1986.3.26)かつサンデーサイレンス(1986.3.25)フリーということで、繁殖界に入ってからの楽しみも大きいと思います。

デインヒル(1986.3.26)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.14)-
デインヒル(Danehill) 牡 鹿毛 1986.3.26生~2003.5.13没 米国・Juddmonte Farms生産 馬主・Prince Khalid Abdullah 英国・Jeremy Tree厩舎
SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の壱)-サンデーサイレンス(1986.3.25)-
サンデーサイレンス(Sunday Silence) 牡 青鹿毛 1986.3.25生~2002.8.19没 米国・Oak Cliff Thoroughbreds, Ltd. 生産 馬主・Gaillard-Hancock III-Whittingham 米国・Charles E. Whittingham厩舎

ともあれ、まだまだ伸び行くレモンポップ。さらなる勝利の上積みを期待しています(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。