プリモディーネ(1996.4.5)-福永祐一騎手の引退に寄せて・前編-

Special feature

プリモディーネ 牝 鹿毛 1996.4.5生 門別町・サンシヤイン牧場生産 馬主・伊達 秀和氏 栗東・西橋 豊治厩舎

プリモディーネ(1996.4.5)の4代血統表
アフリート
栗毛 1984.4.10
種付け時活性値:0.75【11】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Polite Lady
鹿毛 1977.3.13
Venetian Jester
栗毛 1964.3.24
Tom Fool 1949.3.31
Venice 1958.4.11
Friendly Ways
鹿毛 1968.5.10
★Green Ticket 1959.4.16
Ways to Learn 1962.3.16
モンパリ
鹿毛 1988.4.14
仔受胎時活性値:1.75【7】
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.25【13】
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
シル
鹿毛 1970.4.22
Buckpasser 1963.4.28
Quill 1956.2.24
イザベラ
栗毛 1980.4.27
仔受胎時活性値:1.75【7】
イエローゴツド
栗毛 1967.3.21
種付け時活性値:1.00【12】
Red God 1954.2.15
Sally Deans 1947
モンナバンナ
鹿毛 1963.4.18
仔受胎時活性値:2.00【16】
モンタヴアル
鹿毛 1953.1.28
種付け時活性値:0.25【9】
ソーダストリーム
栃栗毛 1953
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Tom Fool4×5、Nasrullah5×5、Princequillo5×5>

プリモディーネ(1996.4.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
アフリート
(Mr. Prospector系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
イエローゴツド
(Red God系)
モンタヴアル
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
マルゼンスキー 5.75
(【7】+【7】+【16】+【9】)
近親アローエクスプレス
(No. 3-e ソーダストリーム系)
3番仔
(3連産目)

*

1999年の第59回桜花賞(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重
[増減]
調教師
1 14 プリモディーネ 牝3 55 福永祐一 1:35.5   484
[+4]
西橋豊治 4
2 17 フサイチエアデール 牝3 55 武豊 1:35.7 1 1/2 426
[-2]
松田国英 2
3 16 トゥザヴィクトリー 牝3 55 幸英明 1:35.9 1 474
[-4]
池江泰郎 5
4 6 ゴッドインチーフ 牝3 55 河内洋 1:36.1 1 1/2 436
[-4]
坂口正大 3
5 2 ハギノスプレンダー 牝3 55 熊沢重文 1:36.2 3/4 446
[+2]
伊藤修司 7
1999年の第59回桜花賞(GI。阪神芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7 – 11.0 – 11.4 – 11.9 – 11.9 – 12.3 – 11.6 – 12.7
ラップの
累計タイム
12.7 – 23.7 – 35.1 – 47.0 – 58.9 – 1:11.2 – 1:22.8 – 1:35.5
上り 4F 48.5 – 3F 36.6

福永祐一騎手、デビュー4年目のGI初制覇は、父君である「天才」福永洋一騎手もインターグロリア(1974.5.1)、オヤマテスコ(1975.3.19)で勝利を収めた桜花賞。桜花賞史上2例目となる「父子2代の騎手制覇」を見事に果たしたのでした。

「紫、赤山形二本輪、赤袖」の勝負服で知られた伊達秀和オーナー。自身が導入された繁殖牝馬ソーダストリームの仔アローエクスプレス(1967.4.10)、孫フアンタスト(1975.4.24)、そして玄孫のプリモディーネでGI級競走を勝ち取られた訳です。伊達オーナーの持ち馬といえば関東の高松三太、邦男の父子調教師の管理馬の印象もありますが、プリモディーネは関西の西橋豊治厩舎の所属馬。そうして伊達オーナー、高松父子調教師の名前を出せば、やはり柴田政人さんを思います。

1996年に洋一の息子の祐一が騎手デビューした際には、陰ながらその騎乗馬確保に努めたとされる。祐一のGI競走初勝利となった桜花賞優勝馬・プリモディーネの馬主は柴田と親しい伊達秀和であり、関西に馬を預けた例は少なく、柴田が祐一を起用するよう依頼したともされる

柴田政人 – Wikipedia

洋一さんと無二の親友であったという柴田さんが結んだ縁。祐一騎手が「結果」で応えてみせた1999年の第59回桜花賞でした。

*

福永祐一さんとは、とあるイベントで一度お会いしたことがあり、握手させていただいた思い出があります。テレビや競馬場で見る姿のままに、朗らかな笑顔でした。そんな福永さんも27年間の騎手生活を終え、調教師になられるのですから、時は流れます。

という訳で、福永さんの騎手引退に際し、福永さんの騎乗でGI馬となった馬の内、弊サイトでまだ紹介していない馬の中から3頭ピックアップして、記事をお届けしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[プリモディーネ(1996.4.5)の主な競走成績]

  1. 桜花賞(GI)、ファンタジーS(GIII)
  2. 優駿牝馬(GI)

通算10戦3勝、3着1回。

#「父子2代の騎手制覇」の1例目は、アチーブスター(1969.4.15)&タカエノカオリ(1971.4.26)の武邦彦騎手、シャダイカグラ(1986.3.23)の武豊騎手です。福永家と武家は実家が隣家ということで、やはり関わりが深いことでも知られます。プリモディーネの桜花賞勝ちの際には、邦彦さんが洋一の倅(せがれ)が良くやってくれたとコメントされたそうです。

##祐一さんの引退式。まさかの洋一さんご登場で、思わず声が出てしまいました。素敵な引退式でした。