カブラヤオー(1972.6.13)-優駿賞年度代表馬を辿る(No.4)-

Horse of the Year

カブラヤオー 牡 黒鹿毛 1972.6.13生~2003.8.9没 新冠・十勝育成牧場生産 馬主・加藤よし子氏 東京・茂木為二郎厩舎→森末之助厩舎

カブラヤオー(1972.6.13)の4代血統表
フアラモンド
黒鹿毛 1957.2.8
種付け時活性値:1.50【14】

Sicambre
黒鹿毛 1948
Prince Bio
鹿毛 1941
Prince Rose 1928
Biologie 1935
Sif
黒鹿毛 1936
Rialto 1923
Suavita 1928
Rain
鹿毛 1946
Fair Trial
栗毛 1932
Fairway 1925.4.15
Lady Juror 1919
Monsoon
鹿毛 1941
Umidwar 1931
Heavenly Wind 1937
カブラヤ
黒鹿毛 1965.4.4
仔受胎時活性値:1.50【6】
ダラノーア
黒鹿毛 1960
種付け時活性値:1.00【4】
Sunny Boy
鹿毛 1944
Jock 1936
Fille de Soleil 1935
Danira
黒鹿毛 1953
Dante 1942
Mah Iran 1939
ミスナンバイチバン
黒鹿毛 1959.5.9
仔受胎時活性値:1.25【5】
ハロウエー
黒鹿毛 1940
種付け時活性値:0.50【18】
Fairway 1925.4.15
Rosy Legend 1931 ♀
スタイルパツチ
鹿毛 1950.4.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Dogpatch
黒鹿毛 1939
種付け時活性値:0.50
Style Leader
青毛 1933
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】

<5代血統表内のクロス:Fairway4×4、Rosy Legend(♀)4×5(母方)>

カブラヤオー(1972.6.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
フアラモンド
(Prince Bio系)
ダラノーア
(Teddy系)
ハロウエー
(Fairway系)
Dogpatch
(Teddy系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
フアラモンド
(Rain)
6.75 or 4.75 or 2.75 全妹ミスカブラヤ
(No. 8-g スタイルパツチ系)
2番仔
(2連産目)

*

1975年の第35回皐月賞(中山芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 10 カブラヤオー 牡3 菅原 泰夫 2:02.5 茂木 為二郎 1
2 1 ロングホーク 牡3 武 邦彦 2:02.9 2・1/2 松田 由太郎 2
3 14エリモジヨージ 牡3 福永 洋一 2:03.1 1・1/2 大久保 正陽 9
4 19 ロングフアスト 牡3 松田 幸春 2:03.2 1/2 松田 由太郎 5
5 6 ハクチカツ 牡3 小島 太 2:03.2 クビ 稲葉 幸夫 13

*

1975年の第42回東京優駿(東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 12 カブラヤオー 牡3 菅原 泰夫 2:28.0 茂木 為二郎 1
2 8 ロングフアスト 牡3 松田 幸春 2:28.2 1・1/4 松田 由太郎 3
3 26 ハーバーヤング 牡3 岡部 幸雄 2:28.4 1・1/2 稲葉 秀男 11
4 14 ハクチカツ 牡3 小島 太 2:28.7 2 稲葉 幸夫 7
5 23 イシノアラシ 牡3 野川 秋良 2:29.0 1・1/2 浅野 武志 10

*

1975年の優駿賞年度代表馬、カブラヤオー。「暴走」とも思えた皐月賞の1000m通過ラップ58秒9、東京優駿の1000m通過ラップ58秒6、1200m通過ラップ1分11秒8。けれどそれでもカブラヤオー、最後の最後まで先頭は譲らず。狂気のハイラップの逃げ切りを以て、史上11頭目となる皐月賞、東京優駿のクラシック牡馬二冠を達成しました。私なんぞが申し上げるまでもありませんが、カブラヤオー、これはメチャクチャ強い。余談となりますが、中島国治氏が1番強いと思われた馬はカブラヤオーだったそうです(参考WEB)。

皐月賞、東京優駿のクラシック牡馬二冠のカウントについて、セントライト(1938.4.2)シンザン(1961.4.2)の三冠馬2頭も含んでいます。11頭を達成順に辿るとセントライト、クモノハナ(1947.3.15)、トキノミノル(1948.5.2)、クリノハナ(1949.5.18)、ボストニアン(1950.5.13)、コダマ(1957.4.15)、メイズイ(1960.3.13)、シンザン、タニノムーテイエ(1967.5.9)、ヒカルイマイ(1968.3.27)、そしてカブラヤオー。

そうして1975年の春、神に愛でされた男、菅原泰夫。後の「クラシック五冠ジョッキー」は、この1975年にカブラヤオーで皐月賞と東京優駿、テスコガビー(1972.4.14)で桜花賞と優駿牝馬と、春のクラシック四冠をすべてさらって行かれました。テスコガビーについては

昭和の名花の旋律(No.3)-テスコガビー(1972.4.14)-
テスコガビー 牝 青毛 1972.4.14生~1977.1.19没 静内・福岡巌氏生産 馬主・長島忠雄氏 美浦・仲住芳雄厩舎

にて記しましたので、よろしければご覧ください。

*

カブラヤオーは種牡馬として

  1. ミヤマポピー(1985.5.26)
    →エリザベス女王杯(GI)ほか。半兄タマモクロス(1984.5.23)と合わせてのGI4勝は、母グリーンシヤトー(1974.2.10)と故郷・錦野牧場を失ってからのことでした
  2. マイネルキャッスル(1990.4.9)
    →京成杯3歳S(GII)ほか。1993年の天皇賞・秋(GI)に出走しようとするも、厩舎関係者の必要書類提出漏れにより出走できず
  3. グランパズドリーム(1983.3.23)
    →東京優駿(GI)2着。「おじいちゃんの夢」は天ノ川に遡るサラ系馬

等を送り込み、そしてまたブルードメアサイアーとして

  1. コガネターボ(1984.5.1)&コガネタイフウ(1987.6.12)&コガネパワー(1988.4.30)
    →コガネ3兄弟。ターボは京王杯SC(GII)2着等。タイフウは阪神3歳S(GI)勝ち。パワーは京都4歳特別(GIII)、中日スポーツ賞4歳S(GIII)と重賞2勝
  2. スタビライザー(1988.5.13)
    →帝王賞。「メイワパツサー×カブラヤオー牝馬」という明和牧場産馬は、曾祖母がフイーナー(1949)ということでスピードシンボリ(1963.5.3)と同牝系
  3. イブキラジョウモン(1992.3.23)
    →中日スポーツ賞4歳S(GIII)ほか。その父アウザール(1983.5.17)が満8歳時交配のミニモの遺伝で送り込んだ唯一の重賞勝ち馬
  4. マイネルプラチナム(1996.4.5)
    →札幌3歳S(GIII)ほか。その父シルヴァーエンディング(1987.4.5)が満8歳時交配のミニモの遺伝で送り込んだ唯一の重賞勝ち馬

等を送り込みました。コガネ3兄弟をひとまとめにしてしまい恐縮ですが、3頭はいずれも「マグニテユード×コガネポプラ」の全兄弟ですね。余程相性が良かったのでしょう。コガネ3兄弟の母コガネポプラ(1980.5.21)の繁殖歴を調べてみれば、最後の仔であるミカエリビジン(2002.3.19)も、父マグニテユード(1975.3.16)でした。実にマグニテユード26歳時、コガネポプラ21歳時の種付け。2頭の初めての逢瀬はマグニテユード8歳時、コガネポプラ3歳時の種付けであり、生まれた初仔がコガネターボ。「18年の歳月が流れても……」というのは、サラブレッドの世界ではなかなか無いことと思います。マグニテユードの種付け実績も調べてみれば、ラストクロップとなった2001年の種付け頭数は1頭。正に最後の仔が、コガネ3兄弟の末の全妹でもあるミカエリビジンでした。

むぅ。カブラヤオー、サイアーとしてもブルードメアサイアーとしても、輩出した産駒がシブすぎました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[カブラヤオー(1972.6.13)の主な競走成績]

  1. 東京優駿、皐月賞、NHK杯、弥生賞、東京4歳S

通算13戦11勝、2着1回。