Jupiter Island(1979.2.23)-タイム差なしの好勝負を辿る(No.19)-

Series

Jupiter Island(ジュピターアイランド) 牡 鹿毛 1979.2.23生~1998.7.25没 英国・Marquess and Marchioness of Tavistock生産 馬主・Marquess of Travistock 英国・Clive E. Brittain厩舎

Jupiter Island(1979.2.23)の4代血統表
St. Paddy
鹿毛 1957
種付け時活性値:1.25【21】
Aureole
栗毛 1950.4.14
Hyperion
栗毛 1930.4.18
Gainsborough 1915.1.24
Selene 1919
Angelola
鹿毛 1945
Donatello 1934
Feola 1933
Edie Kelly
黒鹿毛 1950
Bois Roussel
黒鹿毛 1935
★Vatout 1926
Plucky Liege 1912
Caerlissa
鹿毛 1935
Caerleon 1927
Sister Sarah 1930
Mrs. Moss
栗毛 1969
仔受胎時活性値:0.25【9】
Reform
鹿毛 1964
種付け時活性値:1.00【4】
Pall Mall
栗毛 1955
Palestine 1947
Malapert 1946
Country House
黒鹿毛 1955
Vieux Manoir 1947
Miss Coventry 1943
Golden Plate
栗毛 1964
仔受胎時活性値:1.00【4】
Whistler
栗毛 1950
種付け時活性値:1.25【13】
Panorama 1936
Farthing Damages 1939
Good as Gold
栗毛 1955
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
★ニンバス
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:0.00【8】
Gamble in Gold
黒鹿毛 1948
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Fair Trial5×5(母方)>

Jupiter Island(1979.2.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
St. Paddy
(Aureole系)
Reform
(Fairway系)
Whistler
(The Boss系)
★ニンバス
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
St. Paddy 4.75 or 2.75
(【9】+【4】+【8】+【6】)
半姉が英GII勝ち馬
(No. 14)
6番仔?
(6連産目?)

*

1986年の第6回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 10 ジュピターアイランド 牡7 P.J.エデリー 2:25.0 レコード C.E.ブリテン 8
2 13 アレミロード 牡3 G.スターキー 2:25.0 アタマ G.ハーウッド 6
3 6 ミホシンザン 牡4 柴田 政人 2:25.2 1・1/4 田中 朋次郎 4
4 11 ラグビーボール 牡3 河内 洋 2:25.3 3/4 田中 良平 10
5 9 ウェイバリースター せん4 L.A.オサリバン 2:25.4 1/2 D・J・オサリバン 2
1986年の第6回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.9 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.2 – 11.6 – 11.8
ラップの
累計タイム
12.9 – 24.6 – 36.9 – 48.8 – 1:00.7 – 1:12.9 – 1:25.1 – 1:37.3 – 1:49.4 – 2:01.6 – 2:13.2 – 2:25.0
上り 4F 47.7 – 3F 35.6

1986年の第6回ジャパンカップについては

Jupiter Island(1979.2.23)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.6)-
Jupiter Island(ジュピターアイランド) 牡 鹿毛 1979.2.23生~1998.7.25没 英国・Marquess and Marchioness of Tavistock生産 馬主・Marquess of Travistock 英国・Clive E. Brittain厩舎

でも記しておりますので、よろしければご笑覧ください。パット・エデリー騎手とグレヴィル・スターキー騎手のヨーロピアンスタイルによる叩き合い。1980年代欧州最強馬の背を知る2人の名勝負。

日本に輸入された凱旋門賞馬を辿る(其の肆)-ダンシングブレーヴ(1983.5.11)&トニービン(1983.4.7)-
ダンシングブレーヴ(Dancing Brave) 牡 鹿毛 1983.5.11生~1999.8.2没 米国・Glen Oak Farm & Taylor Made Farm生産 馬主・Khalid Abdullah 英国・Guy Harwood厩舎トニービン(Tony Bin) 牡 鹿毛 1983.4.7生~2000.3.10没 愛国・P. J. B. O'Callaghan生産 馬主・Allevamento White Star 伊国・Luigi Camici厩舎

そんな訳で今回はダンシングブレーヴ(1983.5.11)のステーブルメイトにして、Jupiter Islandとタイム差なしのアタマ差の勝負を見せてくれたGI2勝馬の4代血統表を併せてご紹介しておきます。

アレミロード(Allez Milord) 牡 鹿毛 1983.3.29生~1995.7.9没 米国・Gallaghers Farm, Inc.生産 馬主・Gallagher Farm 英国・Guy Harwood厩舎→米国・John Harry Martin Gosden厩舎

アレミロード(1983.3.29)の4代血統表
TomRolfe
鹿毛 1962.4.14
種付け時活性値:1.00【20】
Ribot
鹿毛 1952.2.27
Tenerani
鹿毛 1944
Bellini 1937
Tofanella 1931
Romanella
栗毛 1943
★El Greco 1934
Barbara Burrini 1937
Pocahontas
黒鹿毛 1955.2.19
Roman
鹿毛 1937
★Sir Gallahad 1920
Buckup 1928
How
黒鹿毛 1948
Princequillo 1940
The Squaw 1939
Why Me Lord
黒鹿毛 1974.3.8
仔受胎時活性値:2.00【8】
Bold Reasoning
黒鹿毛 1968.4.29
種付け時活性値:1.25【5】
Boldnesian
鹿毛 1963.4.14
★Bold Ruler 1954.4.6
Alanesian 1954.4.28
Reason to Earn
鹿毛 1963
Hail to Reason 1958.4.18
Sailing Home 1948
Tomorrowland
鹿毛 1970.6.4
仔受胎時活性値:0.75【3】
Pappa Fourway
鹿毛 1952
種付け時活性値:0.25【17】
★Pappageno 1935
Oola Hills 1945
Gleam
栗毛 1952
仔受胎時活性値:0.25【17】
Tournoi
鹿毛 1945
種付け時活性値:1.50【6】
Flaring Top
栗毛 1947.3.27
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Prince Rose5×5>

アレミロード(1983.3.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
TomRolfe
(Ribot系)
Bold Reasoning
(Bold Ruler系)
Pappa Fourway
(Prince Rose系)
Tournoi
(Tourbillon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tournoi
(Tomorrowland)
4.00
(【8】+【3】+【17】+【4】)
Nijinskyと同牝系
(No. 8-f)
6番仔
(6連産目)

3歳時にオイロパ賞(独GI)、4歳時にオークツリー招待H(米GI)と欧米で12ハロン級のGIを制したアレミロードでしたが、種牡馬としては多様な仔を送り込みました。その代表産駒を生年順に記しておきますと、

  1. ヤマニンミラクル(1989.3.15)
    →京成杯3歳S(GII)ほか。朝日杯3歳S(GI)ではミホノブルボン(1989.4.25)とタイム差なしのハナ差2着。牡馬
  2. ヤマニンアビリティ(1991.2.24)
    →京成杯3歳S(GII)。ヤマニンミラクルの全弟。京成杯3歳Sではヒシアマゾン(1991.3.26)とタイム差なしのクビ差で勝利。牡馬
  3. マリーゴッド(1991.4.15)
    →函館3歳S(GIII)ほか。叔母ノースフライト(1990.4.12)。牡馬
  4. メジロファラオ(1993.4.17)
    →中山グランドジャンプ(J・GI)。1999年の第1回中山グランドジャンプを制したのは、メジロドーベル(1994.5.6)と同じメジロボサツ(1963.5.12)の子孫で大久保洋吉厩舎の所属馬でした。牡馬
  5. メイショウモトナリ(1994.5.7)
    →スーパーダートダービー(統一GII)、かきつばた記念(統一GIII)、名古屋大賞典(統一GIII)、北海道スプリントC(統一GIII)ほか。スーパーダートダービーはグランプリクン(1994.5.24)とタイム差なしのクビ差で勝利。重賞制覇は1000mから2000mという距離の幅広さでした。牡馬
  6. ベラミロード(1996.4.5)
    →東京盃(GII)、TCK女王盃(GIII)ほか。宇都宮競馬場から現れた北関東公営競馬の最後の女傑。2000年のNARグランプリ年度代表馬。最後の勝利となった2001年のTCK女王盃はセクシーディナー(1997.4.20)とタイム差なしのクビ差での勝利。牝馬

芝ダート、距離の長短、ジャンプレースと掴みどころのなさが魅力であった種牡馬アレミロード。ヤマニンミラクルを始めとする初年度の1989年生まれ世代から、ベラミロードを始めとする1996年生まれ世代まで、8世代を残して12歳で早世したのが残念でしたけれど、JBISの種牡馬情報|世代・年次別(サラ系総合)によりますと、AEI「1.25」としっかり成績を残しています。アレミロード、供用された国は違うものの、種牡馬成績ではJupiter Islandに一矢報いたのではないでしょうか。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Jupiter Island(1979.2.23)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、ハードウィックS(英GII)、コンセイユドパリ賞(仏GII)、セントサイモンS(英GIII)2回、ジョンポーターS(英GIII)
  2. ジョッキークラブS(英GII)2回、ハードウィックS(英GII)
  3. ワシントンDC国際(米GI)、サンフアンカピストラーノH(米GI)、ドーヴィル大賞(仏GII)

通算41戦14勝、2着4回、3着6回。

*

[アレミロード(1983.3.29)の主な競走成績]

  1. オークツリー招待H(米GI)、オイロパ賞(独GI)、ゴードンリチャーズS(英GIII)、ゴードンS(英GIII)
  2. ジャパンカップ(GI)、ブリガディアジェラードS(英GIII)
  3. セレクトS(英GIII)

通算17戦7勝、2着2回、3着1回。

*

マイシンザン
マイシンザン

ウチの親父も頑張って先行策から詰め寄ったけれど、ジュピターアイランドさん、アレミロードさんの叩き合いには勝てなかった。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

とは言いますものの、日本馬最先着ですし、同じ1982年生まれ世代の方々、ウェイバリースター(1982.11.16)さん、サクラユタカオー(1982.4.29)さん、ジユサブロー(1982.3.15)さん、クシロキング(1982.5.18)さん、トリプティク(1982.4.19)さん、スダホーク(1982.4.6)さんには先着されていますから。

マイシンザン
マイシンザン

むぅ……。並ぶ馬名を見ると、親父、やっぱりサスガやな。

ミホシンザン(1982.4.16)-五十音にて名馬を辿る(No.32)-
ミホシンザン 牡 鹿毛 1982.4.16生~2014.12.4没 浦河町・日進牧場生産 馬主・堤 勘時氏 美浦・田中 朋次郎厩舎