イフェイオン(2021.4.1)&ノーブルロジャー(2021.5.8)-2024年のクラシック候補生を確認する(No.19)-

Pedigree

イフェイオン 牝 芦毛 2021.4.1生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・杉山 佳明厩舎

イフェイオン(2021.4.1)の4代血統表
エピファネイア
鹿毛 2010.2.11
種付け時活性値:0.50【10】
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
シーザリオ
青毛 2002.3.31
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
サンデーサイレンス 1986.3.25
キャンペンガール 1987.4.19
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
Sadler’s Wells 1981.4.11
Querida 1975.3.14
イチオクノホシ
芦毛 2009.4.2
仔受胎時活性値:0.75【11】

ゼンノロブロイ
黒鹿毛 2000.3.27
種付け時活性値:0.00【8】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ローミンレイチェル
鹿毛 1990.4.18
マイニング 1984.4.4
One Smart Lady 1984.5.3
レディイン
芦毛 1999.2.24
仔受胎時活性値:0.25【9】
Kendor
芦毛 1986.3.30
種付け時活性値:1.00【12】
Kenmare 1975.5.5
Belle Mecene 1982.4.16
Super Vite
鹿毛 1992.2.16
仔受胎時活性値:1.50【6】
Septieme Ciel
鹿毛 1987.4.15
種付け時活性値:1.00【4】
Erin On Your Toes
栗毛 1985.2.9
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Hail to Reason5×5、Seattle Slew5×5>

イフェイオン(2021.4.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
エピファネイア
(Roberto系)
ゼンノロブロイ
(サンデーサイレンス系)
Kendor
(ゼダーン系)
Septieme Ciel
(Seattle Slew系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Kendor
(レディイン)
4.00
(【11】+【9】+【6】+【6】)
母がGII2着馬
(No. 1-l)
5番仔
(5連産目)

*

2024年の第40回フェアリーS(GIII。中山芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13 イフェイオン 牝3 55 西村 淳也 1:34.0 4-4-4 34.8 480
[-4]
杉山 佳明 5
2 3 マスクオールウィン 牝3 55 津村 明秀 1:34.0 クビ 13-13-11 33.9 492
[+6]
牧 光二 6
3 1 ラヴスコール 牝3 55 横山 武史 1:34.1 クビ 8-7-7 34.7 422
[+2]
加藤 征弘 4
4 6 スティールブルー 牝3 55 C.ルメール 1:34.1 クビ 8-12-11 34.3 430
[-2]
宗像 義忠 1
5 14 ニシノティアモ 牝3 55 田辺 裕信 1:34.3 1 1/4 11-10-7 34.6 434
[+2]
上原 佑紀 10
2024年の第40回フェアリーS(GIII。中山芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3 – 11.1 – 11.3 – 11.9 – 12.3 – 12.2 – 11.5 – 11.4
ラップの
累計タイム
12.3 – 23.4 – 34.7 – 46.6 – 58.9 – 1:11.1 – 1:22.6 – 1:34.0
上り 4F 47.4 – 3F 35.1

中山芝1600m、曇の良馬場、14頭立て。前身のテレビ東京賞3歳牝馬Sから数えて40回目。第1回のの勝ち馬がエルプス(1982.5.3)、第2回の勝ち馬がメジロラモーヌ(1983.4.9)とクラシックホースを輩出しているフェアリーS。2024年の一戦を制したのは前走2023年11月の京都芝1600mの未勝利戦を勝ち上がってやって来た芦毛馬イフェイオン。逃げ先行策の巧みさで鳴らす若手気鋭の西村淳也騎手と共に8枠13番から好発を決めると、若干行きたがる素振りを見せましたが入りの600mを過ぎる頃には折り合いを付けて4番手。1000m通過58秒9の流れを淡々と追走すると、中山芝Cコースの直線310mでは馬群の外側から西村騎手の左右のムチに応えて鋭伸。中山の急坂、後ろから迫ったマスクオールウィン(2021.4.25)、ラヴスコール(2021.1.19)、スティールブルー(2021.2.12)等との「クビ」「クビ」「クビ」の勝負を凌ぎ切ったところが決勝点。イフェイオン、明け3歳最初のJRA重賞を見事に制してクラシックへの挑戦権を獲得すると共に、管理される杉山佳明調教師に2021年の初出走から4年目の嬉しい重賞初勝利を贈りました(^^)

イフェイオンの母イチオクノホシは現役時代に2勝を挙げ、阪神牝馬S(GII)2着、クイーンC(GIII)2着と惜しいところで重賞勝ちに届きませんでしたが、娘が母の無念を晴らしてくれました。イチオクノホシは「一億の星」という分かりやすい馬名で応援していた牝馬でしたので、娘の重賞勝ちは嬉しいものです。孝行娘となったイフェイオン、その馬名意味は「ベツレヘムの星と呼ばれる星型の花の名前」ということです。なお、イチオクノホシ(Ichiokuno Hoshi)、イフェイオン(Ipheion)と母仔2代で頭文字「I」で始まる馬名となっています。

ハナニラ(イフェイオン)とは|育て方がわかる植物図鑑|みんなの趣味の園芸(NHK出版)
ハナニラは、道端や花壇に植えっぱなしにしておいても、春に藤青色からピンク、白の星形の花をよく咲かせる、非常に丈夫で手間いらずな植物です。葉や球根を傷つけると、その名のとおりネギやニラのようなにおいがします。イフェイオン属は南アメリカに約25...

#マスクオールウィンの鞍上を務めた津村明秀騎手。前日の中山金杯(GIII)をリカンカブール(2019.4.16)で制した勢いに乗ってフェアリーSも2着。前の止まらない馬場で後方2番手からの大外強襲でしたが、直線では思わず「津村っ!!」と声が出ました。何故だか肩入れしたくなる津村騎手、GIをひとつ勝てば彼は大化けするように思っていますので、2024年はさらなる活躍を期待しています。……あ、現時点の津村騎手のJRA重賞16勝はすべてGIIIですので、まずはGIIを勝つところからですね^^;

*

ノーブルロジャー 牡 黒鹿毛 2021.5.8生 米・Candy Meadows LLC生産 馬主・(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング 栗東・吉岡 辰弥厩舎

ノーブルロジャー(2021.5.8)の4代血統表
パレスマリス
鹿毛 2010.5.2
種付け時活性値:0.50【10】
Curlin
栗毛 2004.3.25
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector 1970.1.28
Classy’n Smart 1981.5.20
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
Deputy Minister 1979.5.17
Barbarika 1985.3.9
パレスルーマー
鹿毛 2003.3.25
Royal Anthem
鹿毛 1995.4.2
Theatrical 1982.3.13
In Neon 1982.3.1
Whisperifyoudare
鹿毛 1997.2.9
▲Red Ransom 1987.3.31
Stellar Affair 1990.5.4
Noble Ready
黒鹿毛 2014.4.28
仔受胎時活性値:1.50【6】

More Than Ready
黒鹿毛 1997.4.4
種付け時活性値:0.00【16】
サザンヘイロー
鹿毛 1983.2.9
Halo 1969.2.7
Northern Sea 1974.3.13
Woodman’s Girl
鹿毛 1990.4.30
Woodman 1983.2.17
Becky Be Good 1981.2.26
Aristocratic Lady
黒鹿毛 2002.5.30
仔受胎時活性値:0.75【11】
★Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
種付け時活性値:0.00【24】
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
American Dynasty
黒鹿毛 1994.3.29
仔受胎時活性値:1.75【7】
Quiet American
鹿毛 1986.4.29
種付け時活性値:1.75【7】
Northern Dynasty
鹿毛 1984.5.13
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Roberto4×5、Hail to Reason5×5(母方)>

ノーブルロジャー(2021.5.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
パレスマリス
(Mr. Prospector系)
More Than Ready
(Halo系)
★Kris S.
(Roberto系)
Quiet American
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Quiet American
(Demure)
4.25
(【6】+【11】+【7】+【9】)
伯母が米GII勝ち馬
(No. 9-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2024年の第58回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII。京都芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ノーブルロジャー 牡3 57 川田 将雅 1:34.5 10-7 35.7 484
[+8]
吉岡 辰弥 3
2 13 エコロブルーム 牡3 57 C.ルメール 1:34.7 1 1/4 4-4 36.1 464
[-4]
加藤 征弘 1
3 14 ウォーターリヒト 牡3 57 幸 英明 1:34.7 アタマ 17-16 35.2 458
[-4]
河内 洋 17
4 6 ラーンザロープス 牝3 55 横山 典弘 1:34.8 1/2 4-4 36.2 444
[+6]
武 幸四郎 10
5 16 ショーマンフリート 牡3 57 戸崎 圭太 1:35.1 1 3/4 6-4 36.4 504
[+18]
手塚 貴久 2
2024年の第58回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII。京都芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2 – 10.7 – 11.4 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 12.2 – 11.9
ラップの
累計タイム
12.2 – 22.9 – 34.3 – 46.4 – 58.4 – 1:10.4 – 1:22.6 – 1:34.5
上り 4F 48.1 – 3F 36.1

京都芝1600m、晴の良馬場、18頭立て。五冠馬シンザン(1961.4.2)を記念した正月開催の3歳GIIIも数えて58回目。21世紀に入ってからの勝ち馬を見てもタニノギムレット(1999.5.4)ジェンティルドンナ(2009.2.20)ミッキーアイル(2011.3.12)アーモンドアイ(2015.3.10)ピクシーナイト(2018.5.14)という後のGI馬を輩出しています。そんなシンザン記念の2024年の一戦、4年ぶりに京都競馬場での開催となったレースを制したのは、2023年11月の東京芝1600mの新馬戦を制して臨んだマル外馬ノーブルロジャー。朝日杯フューチュリティS(GI)を制したジャンタルマンタル(2021.3.21)同様、今春からダーレー・ジャパンで種牡馬供用されるパレスマリスの仔。やはりジャンタルマンタル同様、京都芝1600mの重賞をデビュー2戦目で1分34秒5のタイムにて制したという結果でした。

ジャンタルマンタル(2021.3.21)-第75回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-
ジャンタルマンタル(2021.3.21)-第75回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-
パレスマリス、ヨシダ供用のお知らせ | Japan

改めてノーブルロジャーの父パレスマリスは現役時代に7勝を挙げ、その主な勝ち鞍にベルモントS(米GI)、メトロポリタンH(米GI)、ガルフストリームパークH(米GII)、ニューオーリンズH(米GII)、ジムダンディS(米GII)、ウェストチェスターS(米GIII)と米グレードレース6勝の活躍馬。「1000万ドルホース」Curlinの初年度産駒にして初めてのGI勝ち馬でした。そしてまたパレスマリスの母パレスルーマーは輸入繁殖牝馬として天皇賞・春(GI)の勝ち馬ジャスティンパレス(2019.4.12)、ステイヤーズS(GII)の勝ち馬アイアンバローズ(2017.2.2)も送り込んでいます。日本に合っている血、というところでしょうか(^^)

辰年の今年、年男を迎えられた吉岡辰弥調教師の談話によりますと、

ノーブルロジャーの今後については未定だが、「マイルくらいかな」とイメージ。

新春の冷たい風を切り裂いたノーブルロジャーV 川田は19年連続JRA重賞制覇/シンザン記念 – 3歳馬特集 | 競馬 : 日刊スポーツ

ジャンタルマンタルは皐月賞(GI)に向かうようですが、ノーブルロジャーの進路や如何に。ノーブルロジャー、その馬名意味は「気高い+人名より」とのこと。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。