2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

ソダシ(2018.3.8)&ラッキードリーム(2018.5.9)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.5)-

Pedigree

ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎

ソダシ(2018.3.8)の4代血統表
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:0.75【19】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.11
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
ブチコ
白毛 2012.4.27
仔受胎時活性値:1.25【5】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.50【10】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シラユキヒメ
白毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:1.75【15】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウェイブウインド
鹿毛 1991.1.28
仔受胎時活性値:1.00【4】
★Topsider
鹿毛 1974.3.15
種付け時活性値:0.00【16】
Storm and Sunshine
黒鹿毛 1983.2.3
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ソダシ(2018.3.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
クロフネ
(Deputy Minister系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Topsider
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クロフネ 5.75 近親メイケイエール
(No. 2-w)
初仔

*

2020年の第9回アルテミスS(GIII。東京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14ソダシ 牝2 54 吉田 隼人 1:34.9 2-2 33.9 476
[+2]
須貝 尚介 1
2 6ククナ 牝2 54 C.ルメール 1:35.2 1 3/4 13-10 33.4 450
[-8]
栗田 徹 2
3 13テンハッピーローズ 牝2 54 田辺 裕信 1:35.3 1/2 7-6 33.9 438
[0]
高柳 大輔 3
4 2ストゥーティ 牝2 54 石橋 脩 1:35.3 クビ 6-6 33.9 420
[-6]
奥村 豊 11
5 4クールキャット 牝2 54 津村 明秀 1:35.5 1 1/4 7-8 34.0 518
[+14]
奥村 武 6

2020年の第9回アルテミスS。終わってみれば馬券圏内の馬たちは人気順の通り。16頭立ての一戦、1番人気に応えたのは牡牝混合の札幌2歳S(GIII)を芝1800m1分48秒2の2歳レコード勝ちから臨んだソダシと吉田隼人騎手。

ソダシ(2018.3.8)&メイケイエール(2018.2.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.2)-
ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎 メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎

今回は東京芝1600mを先行2番手からしっかり抜け出して来た白毛馬ソダシ、夕映えのターフに輝く様がとても美しくもありました。3戦3勝、重賞連勝を果たしたソダシ。2020年に現れた白毛のアイドルホースの未来に幸多からんことを。

*

ラッキードリーム 牡 鹿毛 2018.5.9生 新ひだか・谷岡牧場生産 馬主・林正夫氏 北海道・林和弘厩舎

ラッキードリーム(2018.5.9)の4代血統表
シニスターミニスター
鹿毛 2003.3.29
種付け時活性値:1.50【14】
Old Trieste
栗毛 1995.3.2
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Lovlier Linda
栗毛 1980.5.17
Vigors 1973
Linda Summers 1967.2.28
Sweet Minister
鹿毛 1997.4.3
The Prime Minister
鹿毛 1987.4.15
Deputy Minister 1979.5.17
Stick to Beauty 1973.4.17
Sweet Blue
黒鹿毛 1985.4.15
Hurry Up Blue 1977.5.16
Sugar Gold 1980.4.22
サクラスリール
栗毛 2010.3.13
仔受胎時活性値:1.75【7】
ファンタスティックライト
鹿毛 1996.2.13
種付け時活性値:1.25【13】
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974.4.8
Glorious Song 1976.4.22
Jood
鹿毛 1989.4.17
Nijinsky 1967.2.21
Kamar 1976.5.13
サクラユスラウメ
栗毛 1994.4.16
仔受胎時活性値:1.75【15】
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
種付け時活性値:0.75【11】
テスコボーイ 1963
アンジエリカ 1970.3.29
セダンフオーエバー
鹿毛 1987.4.22
仔受胎時活性値:1.50【6】
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.00【12】
サクラセダン
鹿毛 1972.4.13
仔受胎時活性値:1.50【14】

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×5(母方)>

ラッキードリーム(2018.5.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シニスターミニスター
(Seattle Slew系)
ファンタスティックライト
(Blushing Groom系)
サクラユタカオー
(Princely Gift系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
シニスターミニスター 6.50 伯母サクラヴィクトリア
(No. 16-a スワンズウツドグローヴ系)
3番仔
(3連産目)

*

2020年の第1回JBC2歳優駿(JpnIII。門別ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8ラッキードリーム 牡2 55 石川倭 1:53.4 6-7-8-4 38.8 492
[0]
林和弘 6
2 11トランセンデンス 牡2 55 岩橋勇二 1:53.5 クビ 14-13-12-7 38.2 480
[+2]
田中淳司 13
3 13レイニーデイ 牡2 55 岩田望来 1:53.7 1 5-4-4-2 39.6 520
[+8]
矢野英一 4
4 12ブライトフラッグ 牡2 55 桑村真明 1:53.7 クビ 3-3-3-1 40.0 496
[+10]
角川秀樹 9
5 14サハラヴァンクール 牡2 55 松井伸也 1:53.7 ハナ 12-11-10-6 38.8 480
[0]
林和弘 11

2020年の第1回JBC2歳優駿。

2020年のJBC競走では、JBC創設以来の宿願であった「JBC2歳カテゴリー」を、第20回記念開催を機に新設いたします。この競走は、生産との密接な関連というJBCの意義を鑑み、当面、我が国のサラブレッドの98%を生産する馬産地・北海道の門別競馬場で実施することとし、従来の北海道2歳優駿を発展させて実現するものです。

JBC2020について

新生となった第1回、14頭立ての一戦を制したのは6番人気馬ラッキードリームと石川倭騎手、クビ差の2着にも13番人気を跳ね返したトランセンデンス(2018.2.25)と岩橋勇二騎手。終わってみれば、地元のホッカイドウ競馬勢が掲示板5頭の内4頭を占めたという結末でした。

そしてまたラッキードリームは父シニスターミニスター、トランセンデンスは母父シニスターミニスターと、シニスターミニスターの血を持つ2頭のワンツーフィニッシュでもありました。0の理論的にはラッキードリーム、トランセンデンスの2頭の最優性先祖でもあるシニスターミニスターは、現役時代に2勝を挙げ、その主な勝ち鞍にブルーグラスS(米GI)があり、ブルーグラスSは12馬身と4分の3馬身差という大差勝ちでした。

そんなシニスターミニスターの代表産駒を確認しますと、

  1. ヤマニンアンプリメ(2014.4.5)
    →JBCレディスクラシック(JpnI)、クラスターC(JpnIII)、北海道スプリントC(JpnIII)ほか
  2. マイネルバサラ(2013.3.27)
    →浦和記念(JpnII)ほか
  3. ハヤブサマカオー(2015.3.3)
    →兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)
  4. インカンテーション(2010.3.24)
    →武蔵野S(GIII)、マーチS(GIII)、平安S(GIII)、みやこS(GIII)、レパードS(GIII)、白山大賞典(JpnIII)ほか
  5. キングズガード(2011.4.21)
    →プロキオンS(GIII)ほか
  6. ゴールドクイーン(2015.3.22)
    →かきつばた記念(JpnIII)、葵S(重賞)ほか
  7. コーラルツッキー(2017.4.23)
    →エーデルワイス賞(JpnIII)
  8. ラッキードリーム(2018.5.9)
    →JBC2歳優駿(JpnIII)。本稿の主役

サスガに北米の主流血脈のひとつであるA.P. Indyの流れというところで、シニスターミニスター産駒の重賞勝ち馬8頭はいずれもダート重賞の勝ち馬です。そんな代表産駒の1頭に名を連ねたラッキードリーム、その馬名意味は「幸運+夢」ということです。分かりやすい(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。