グランアレグリア(2016.1.24)-第37回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬-

Result

グランアレグリア 牝 鹿毛 2016.1.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎

グランアレグリア(2016.1.24)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25【13】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
タピッツフライ
芦毛 2007.2.25
仔受胎時活性値:2.00【8】
Tapit
芦毛 2001.2.27
種付け時活性値:1.25【5】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled 1987.3.5
Ruby Slippers 1982.3.18
Flying Marlin
鹿毛 1999.2.9
仔受胎時活性値:1.75【7】
Marlin
鹿毛 1993.3.26
種付け時活性値:1.25【5】
★Sword Dance 1984.5.21
Syrian Summer 1984.1.24
Morning Dove
鹿毛 1993.4.14
仔受胎時活性値:1.25【5】
Fortunate Prospect
黒鹿毛 1981.2.24
種付け時活性値:0.75【11】
Pink Dove
栗毛 1984.5.7
仔受胎時活性値:2.00【8】

<5代血統表内のクロス:Nijinsky5×5(母方)>

グランアレグリア(2016.1.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Tapit
(Seattle Slew系)
Marlin
(Nijinsky系)
Fortunate Prospect
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 7.00 母が米GI2勝馬
(No. 3-o)
2番仔
(不受胎後)

*

2020年の第37回マイルチャンピオンシップ(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4グランアレグリア 牝4 55 C.ルメール 1:32.0 5-5 33.2 502
[-2]
藤沢 和雄 1
2 8インディチャンプ 牡5 57 福永 祐一 1:32.1 3/4 7-5 33.2 472
[-8]
音無 秀孝 3
3 7アドマイヤマーズ 牡4 57 川田 将雅 1:32.2 クビ 3-2 33.6 484
[+2]
友道 康夫 5
4 11スカーレットカラー 牝5 55 岩田 康誠 1:32.4 1 8-8 33.3 490
[+2]
高橋 亮 13
5 17サリオス 牡3 56 M.デムーロ 1:32.4 クビ 13-13 33.1 538
[0]
堀 宣行 2

史上初めて阪神競馬場での開催となった2020年の第37回マイルチャンピオンシップ。マイルGI勝ち馬8頭を含む17頭立てを制したのは1番人気のグランアレグリアで、2着3着もマイルGIの勝ち馬たち。終わってみれば「戦前までにマイルGIを複数制していた3頭による決着」という、正にマイルチャンピオンシップと言うべき結果。直線で抜け出すまでに苦労が見えましたが、ラスト200mを切って前が開いた後はサスガの瞬発力を見せたグランアレグリア、GIレース3連勝で通算4勝目。

第79回桜花賞(GI)の勝ち馬-グランアレグリア(2016.1.24)+α-
グランアレグリア 牝 鹿毛 2016.1.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎 シゲルピンクダイヤ 牝 黒鹿毛 2016.2.12生 日高・天羽牧場生産 馬主・森中蕃氏 栗東・渡辺薫彦厩舎
グランアレグリア(2016.1.24)-第70回安田記念(GI)の勝ち馬-
グランアレグリア 牝 鹿毛 2016.1.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎
グランアレグリア(2016.1.24)-第54回スプリンターズS(GI)の勝ち馬-
グランアレグリア 牝 鹿毛 2016.1.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎

そしてまた同一年の安田記念(GI)&マイルチャンピオンシップの春秋古馬マイルGI制覇は、

  1. ニホンピロウイナー(1980.4.27)
  2. ノースフライト(1990.4.12)
  3. タイキシャトル(1994.3.23)
  4. エアジハード(1995.4.9)
  5. ダイワメジャー(2001.4.8)
  6. モーリス(2011.3.2)
  7. インディチャンプ(2015.2.21)
  8. グランアレグリア(2016.1.24)

ということで、グランアレグリアは史上8頭目の達成となりました。名前を挙げると、当然ではありますが強くて速い馬たちばかり。グランアレグリア、強豪短距離馬の1頭としてその名を歴史に刻みました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

余談。2着インディチャンプは半妹アウィルアウェイ(2016.2.4)と共に出走となりましたが、サスガは戦前までにマイルGI2勝を挙げていたディフェンディングチャンピオンという走りぶりでした。お兄ちゃん、妹に良いところを見せましたけれど、連覇を阻んだ1着馬が強かった。