デルマソトガケ(2020.4.28)-第23回UAEダービー(GII)の勝ち馬-

Result

デルマソトガケ(Derma Sotogake) 牡 栗毛 2020.4.28生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・浅沼 廣幸氏 栗東・音無 秀孝厩舎

デルマソトガケ(2020.4.28)の4代血統表
マインドユアビスケッツ
栗毛 2013.3.15
種付け時活性値:1.50【6】
Posse
鹿毛 2000.2.11
Silver Deputy
鹿毛 1985.2.25
Deputy Minister 1979.5.17
Silver Valley 1979.3.30
Raska
栗毛 1992.4.9
Rahy 1985.2.18
Borishka 1987.2.16
Jazzmane
栗毛 2006.4.30
Toccet
鹿毛 2000.5.2
Awesome Again 1994.3.29
Cozzene’s Angel 1994.4.29
Alljazz
鹿毛 1992.3.19
Stop the Music 1970.3.23
Bounteous 1979.5.27
アムールポエジー
栗毛 2010.4.7
仔受胎時活性値:0.25【9】
ネオユニヴァース
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:0.25【9】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris 1976.3.23
Silken Way 1973
ハッピーリクエスト
栗毛 1997.6.6
仔受胎時活性値:1.00【12】
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.25【13】
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
エイプリルソネット
黒鹿毛 1981.4.10
仔受胎時活性値:1.75【15】
Dike
栗毛 1966.4.29
種付け時活性値:1.50【14】
Pass Me
鹿毛 1977.6.18
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Deputy Minister4×5(父方)、Hail to Reason5×5>

デルマソトガケ(2020.4.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
マインドユアビスケッツ
(Deputy Minister系)
ネオユニヴァース
(サンデーサイレンス系)
トニービン
(ゼダーン系)
Dike
(Herbager系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
マインドユアビスケッツ 3.75
(【9】+【12】+【15】+【3】)
母がJpnII勝ち馬
(No. 12)
5番仔
(5連産目)

*

2023年の第23回UAEダービー(GII。メイダン・ダート1900m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 デルマソトガケ 牡3 55 C.ルメール 1:55.81 音無 秀孝 3
2 6 ドゥラエレーデ 牡3 55 Cristian Demuro 5 1/2 池添 学 7
3 4 コンティノアール 牡3 55 坂井 瑠星 4 1/2 矢作芳 人 9
4 11 ペリエール 牡3 55 Oisin Murphy 3 1/2 黒岩 陽一 2
5 7 Go Soldier Go 牡3 55.5 Adrie de Vries 1 1/2 Fawzi Abdulla Nass 8
【UAEダービー】デルマソトガケが逃げ切り ドゥラエレーデら続き日本勢が上位4着まで独占! | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地25日、ドバイのメイダン競馬場で行われたUAEダービー(G2、ダート1900m)を日本のデルマソトガケが逃げ切って完勝。5.5馬身差の2着にもドゥラエレーデが続くなど、日本調教馬が上位4着まで独

日本生産調教馬、見事なワンツースリーフォー・フィニッシュでした。

デルマソトガケ(2020.4.28)-第73回全日本2歳優駿(JpnI)の勝ち馬-
デルマソトガケ 牡 栗毛 2020.4.28生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・浅沼 廣幸氏 栗東・音無 秀孝厩舎
ドゥラエレーデ(2020.1.29)-第39回ホープフルS(GI)の勝ち馬-
ドゥラエレーデ 牡 黒鹿毛 2020.1.29生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(株)スリーエイチレーシング 栗東・池添 学厩舎
コンティノアール(2020.3.7)&マンダリンヒーロー(2020.3.20)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.9)-
コンティノアール 牡 栗毛 2020.3.7生 洞爺湖町・レイクヴィラファーム生産 馬主・ライオンレースホース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎マンダリンヒーロー 牡 青鹿毛 2020.3.20生 新ひだか町・平野牧場生産 馬主・新井 浩明氏 大井・藤田 輝信厩舎
ペリエール(2020.2.13)&オープンファイア(2020.1.25)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.16)-
ペリエール 牡 鹿毛 2020.2.13生 新ひだか町・チャンピオンズファーム生産 馬主・長谷川 祐司氏 美浦・黒岩 陽一厩舎オープンファイア 牡 鹿毛 2020.1.25生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・長谷川 祐司氏 栗東・斉藤 崇史厩舎

中でも「サスガ」というところを見せたのは、全日本2歳優駿(JpnI)の勝ち馬にして、前走サウジダービー(沙GIII)でも3着と奮闘したデルマソトガケ。テン乗りとなったクリストフ・ルメール騎手に御されたデルマソトガケ、最内枠から好発を決め、そのまま逃げの手に出ると「影も踏ませぬ」とばかりにスイスイと行き切ってしまい、2着ドゥラエレーデ(2020.1.29)に5馬身半差を着けたところがゴール。デルマソトガケが自ら逃げて叩き出したメイダン・ダート1900mの勝ち時計1分55秒81は、Mendelssohn(2015.5.17)が2着に18馬身半差(!!)で制した2018年の第19回の1分55秒18に次ぐ、レース史上2位となる好タイムでした。

第19回UAEダービー(GII)の勝ち馬
Mendelssohn 牡 鹿毛 2015.5.17生 米国・Clarkland Farm生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎 Men...

レース後の音無秀孝調教師の談話によりますと「今日は勝ってケンタッキーダービーに行きたいと思っていました」ということで、デルマソトガケの次走は三度海外、米国のケンタッキーダービー(米GI)になるのでしょう。デルマソトガケ、外掛けならぬ外駆けが続きますが、栗毛の美麗馬の進路、楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

【注目馬動向】UAEダービー勝ちのデルマソトガケは引き続き、ルメール騎手とケンタッキーダービーへ | 競馬ニュース - netkeiba
UAEダービーで海外重賞初制覇を決めたデルマソトガケ(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎、父マインドユアビスケッツ)は予定通り、ケンタッキーダービー・G1(5月6日、米チャーチルダウンズ競馬場・ダート200… No.1競馬情報サイト「netkeib...