Essential Quality(2018.4.9)-第153回ベルモントS(米GI)の勝ち馬-

Result

Essential Quality(エッセンシャルクオリティ) 牡 芦毛 2018.4.9生 米国・Godolphin生産 馬主・Godolphin, LLC 米国・Brad H. Cox厩舎

Essential Quality(2018.4.9)の4代血統表

Tapit
芦毛 2001.2.27
種付け時活性値:0.00【16】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Ruby Slippers
芦毛 1982.3.18
Nijinsky 1967.2.21
Moon Glitter 1972.3.30
Delightful Quality
黒鹿毛 2009.4.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
種付け時活性値:1.75【15】
★Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.28
Ivory Wand 1973.3.21
Contrive
黒鹿毛 1998.1.24
仔受胎時活性値:0.50【10】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50【14】
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Jeano
鹿毛 1988.3.12
仔受胎時活性値:0.25【9】
Fappiano
鹿毛 1977.5.19
種付け時活性値:0.50【10】
バジー
鹿毛 1981.3.12
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4×5×5、Fappiano4×4、Secretariat5×5×5、Northern Dancer5×5×5、In Reality5×5>

Essential Quality(2018.4.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Tapit
(Seattle Slew系)
Elusive Quality
(Mr. Prospector系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
◆Fappiano
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Elusive Quality
(Turn-to)
4.25 or 2.25コントレイルと同牝系
(No. 1-s)
4番仔
(4連産目)

*

2021年の第153回ベルモントS(米GI。ベルモントパーク・ダート12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2Essential Quality 牡3 57.2 Luis Saez 2:27.11 Brad H Cox 1
2 4 Hot Rod Charlie 牡3 57.2 Flavien Prat 1 1/4 Doug O’Neill 2
3 3Rombauer 牡3 57.2 John R Velazquez 11 1/4 Michael McCarthy 4
4 6 Known Agenda 牡3 57.2 Jose L Ortiz 3/4 Todd Pletcher 5
5 1 Bourbonic 牡3 57.2 Kendrick Carmouche 2 1/4 Todd Pletcher 6
ベルモントSはエッセンシャルクオリティに凱歌、フランスゴデイナは最下位 | JRA-VAN Ver.World
 米牡馬クラシック最終戦のG1ベルモントステークス(3歳、ダート12ハロン)が現地5日にベルモントパーク競馬場で行われ、1番人気に推された2歳王者エッセンシャルクオリティが2番人気ホットロッドチャーリ

2021年の第153回ベルモントS。前走第147回ケンタッキーダービー(米GI)では一敗地に塗れた2020年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬Essential Quality。転んでもただでは起きないところを見せたのは、米国クラシック三冠最終戦のベルモントS。8頭立ての発馬直後は5番手あたりを進み、1マイルでは3番手の外側、9ハロンでは逃げたHot Rod Charlie(2018.4.11)を捉えに掛かり、直線では一騎打ち。2頭の叩き合いは外のEssential Qualityの脚色が勝り、最後は1と4分の1馬身差を着けたところがゴール。ベルモントパーク・ダート12ハロンの勝ち時計2分27秒11は、21世紀入ってから行われた12ハロンのベルモントSとしては、第133回のPoint Given(1998.3.27)の2分26秒56、第147回のAmerican Pharoah(2012.2.2)の2分26秒65に次いで3番目に速い好時計。Essential Quality、見事な捲土重来を見せてくれました。

Essential Qualityの馬主であるゴドルフィンにとって、2021年6月5日の土曜日は「最高の1日」になったのではないでしょうか。英国ではAdayar(2018.3.31)が第242回英ダービー(GI)を勝利。

Adayar(2018.3.31)-第242回英ダービー(GI)の勝ち馬-
Adayar(アダイヤー) 牡 鹿毛 2018.3.31生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎

そして米国ではEssential Qualityが第153回ベルモントSを勝利。英米で牡馬クラシック三冠の12ハロン戦を制したのですから(^^)

*

Essential Qualityは0の理論的にはその父Tapitが16歳時交配のミニモの遺伝を受けています。けれど、今回のベルモントSでは「サスガはベルモントS御用達血統のTapit系」というところを見せてくれました。第146回のTonalist(2011.2.11)、第148回のクリエイターII(2013.3.30)、第149回のTapwrit(2014.3.28)、そして第153回のEssential QualityとTapit産駒としては4頭目のベルモントS勝ち。そしてまたTapitの直孫であるTiz the Law(2017.3.19)が、不意に「三冠第一戦」となった昨年2020年の第152回を制しています。

では、以下にEssential Qualityのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Contrive 1998.1.24 不出走
|Folklore 2003.2.26 4勝 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI) メイトロンS(米GI)ほか
||ロードクロサイト 2010.4.17 0勝
|||コントレイル 2017.4.1 東京優駿(GI) 皐月賞(GI) 菊花賞(GI) ホープフルS(GI)ほか
|Delightful Quality 2009.4.2 2勝 ベッドオーロージズH(米GIII)3着
||Essential Quality 2018.4.9 (本馬) ベルモントS(米GI) ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI) ブリーダーズフューチュリティS(米GI)ほか

Essential Qualityの牝系は1号族s分枝系。祖母Contriveの仔FolkloreはTiznow(1997.3.12)の初年度産駒でエクリプス賞最優秀2歳牝馬、そしてFolkloreの孫に言わずと知れたコントレイル。

コントレイル(2017.4.1)-第81回菊花賞(GI)の勝ち馬。史上初、父仔2代の無敗の三冠、成る-
コントレイル 牡 青鹿毛 2017.4.1生 新冠・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田晋二氏 栗東・矢作芳人厩舎 アリストテレス 牡 鹿毛 2017.4.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・近藤英子氏 栗東・音無秀孝厩舎

ごく近いところで活躍馬がポンポンと輩出された、現在メチャ活性のLa Troienne(1926)系というところです。

*

ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬として初めてベルモントSを制したEssential Quality。2歳時に速さを見せ、3歳時に距離が伸びて強さを見せる。サラブレッドの理想形の「必須の品質」を具現化してみせたEssential Quality。夏を越えた後の古馬との戦いも楽しみにしたいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#フランスゴデイナ(2018.3.1)。直線で競走中止ということで心配しましたが、

【米・ベルモントS】日本馬フランスゴデイナ、競走中止も…森師「特段問題なく元気そう」 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 現地時間5日、アメリカのベルモントパーク競馬場で行われたベルモントステークス(3歳・G1・ダ2400m)に日本馬フランスゴデイナ(牡3、栗東・森秀行厩舎)が出走したが、競走中止となった。 関係者のコ… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

特段問題なく元気そうということ。プリークネスS(米GI)、ベルモントSと米国クラシック三冠のうち2レースの出走、本当にお疲れ様でした。