Broome(2016.2.8)-第113回サンクルー大賞(仏GI)の勝ち馬-

Result

Broome(ブルーム) 牡 鹿毛 2016.2.8生 愛国・Epona Bloodstock Ltd生産 馬主・M Matsushima & Mrs J Magnier & M Tabor & D Smith 愛国・A P O’Brien厩舎

Broome(2016.2.8)の4代血統表
Australia
栗毛 2011.4.8
種付け時活性値:1.00【4】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Ouija Board
黒鹿毛 2001.3.6
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert 1983.4.16
Park Appeal 1982.4.9
Selection Board
鹿毛 1982.4.21
Welsh Pageant 1966.4.3
Ouija 1971
Sweepstake
鹿毛 2005.3.10
仔受胎時活性値:0.50【10】
Acclamation
鹿毛 1999.4.26
種付け時活性値:1.25【5】
Royal Applause
鹿毛 1993.2.24
ワージブ 1983.5.20
Flying Melody 1979.5.17
Princess Athena
鹿毛 1985.3.30
Ahonoora 1975.4.12
Shopping Wise 1965
Dust Flicker
栗毛 1999.3.6
仔受胎時活性値:1.25【5】
Suave Dancer
鹿毛 1988.2.7
種付け時活性値:0.50【10】
Green Dancer 1972.4.14
Suavite 1981.5.2
Galaxie Dust
栗毛 1982.5.4
仔受胎時活性値:2.00【16】
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.75【7】
High Galaxie
栗毛 1974.4.3
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Ahonoora5×4>

Broome(2016.2.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Australia
(Sadler’s Wells系)
Acclamation
(Northern Dancer系)
Suave Dancer
(Nijinsky系)
Blushing Groom
(Red God系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Blushing Groom
(Galaxie Dust)
5.50 母が米GIII2着馬
(No. 1-c)
6番仔?
(5連産目?)

*

2021年の第113回サンクルー大賞(仏GI。サンクルー芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5Broome 牡5 58 Colin Keane 2:29.11 A P O’Brien 2
2 7 Ebaiyra 牝4 56.5 Christophe Soumillon 1 A De Royer-Dupre 3
3 1 Gold Trip 牡4 58 Stephane Pasquier ハナ F Chappet 5
4 3In Swoop 牡4 58 Olivier Peslier 1 1/4 F-H Graffard 1
5 4 Baron Samedi せん4 58 Mickael Barzalona 2 1/2 Joseph Patrick O’Brien 4
​松島氏が共同所有のブルーム、サンクルー大賞で待望のG1初制覇 | JRA-VAN Ver.World
 現地4日、仏サンクルー競馬場にてG1サンクルー大賞(芝2400m)が行われ、キーファーズの松島正昭氏が共同所有するブルームが見事に逃げ切ってG1初制覇を達成した。  外枠から果敢にハナを切ったブル
キーファーズ悲願のG1制覇 | キーファーズサロン
在仏記者・沢田康文氏による海外馬情報のコラムです。 4日に行われたサンクルー大賞をブルームが見事に逃げ切り、優勝。キーファーズの悲願のGⅠ初制覇になりました。今回は中1週でしたが、エイダン・オブライエン調教師が直前に出走を決断。天才トレーナーのこの判断が功を奏しました。 騎乗したのは...

松島正昭氏が共同馬主の筆頭に名を連ねるBroome、日本ではエルコンドルパサー(1995.3.17)が制したことでも知られる仏国伝統のGIサンクルー大賞、8頭立てを逃げ切っての勝利。通算6度目のGIレース挑戦で見事に勝ち得ました。それは株式会社キーファーズの名義で知られる松島オーナーにとっても悲願のGI初制覇でした。愛国の若手気鋭であるコリン・キーン騎手は当日サンクルー競馬場での騎乗は初めてだったそうな。そしてまた欧州GIを勝ちまくられているエイダン・パトリック・オブライエン調教師にとっても、サンクルー大賞初優勝と相成りました。

Broomは5歳を迎えて本格化したようで、2021年のここまでの成績を振り返ればデヴォイS(愛L)1着、アレッジドS(愛GIII)1着、ムーアズブリッジS(愛GII)1着、タタソールズ金杯(愛GI)2着、ハードウィックS(英GII)2着、そしてサンクルー大賞1着。欧州ミドルディスタンスの主要な競走で連を外さない着実な走りを見せてくれています。

松島オーナーと言えば、武豊騎手と共に凱旋門賞(仏GI)制覇を目指されている印象も深く、今秋の第100回凱旋門賞に向かうというBroomeの鞍上が誰になるのか、その去就も気になるところです。一昨年の2019年時は、

武豊が凱旋門賞参戦 名門A・オブライエン厩舎、英ダービー4着ブルームとタッグ | 競馬ニュース - netkeiba.com
 武豊騎手(50)=栗東・フリー=が、アイルランドの名門A・オブライエン厩舎所属で、今年の英ダービー4着馬ブルーム(牡3歳)とコンビを組み、凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン)に参戦すること… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

と報じられましたので、ユタカさんが鞍上を務められる可能性も高いでしょう。Broome、古牡馬の強豪にのし上がった今ならば、凱旋門賞での好勝負も期待できるでしょう。願わくは「白、鼠元禄、袖鼠縦縞」の勝負服をまとったユタカさんが、パリロンシャン芝2400mの舞台での鞍上でありますように。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

第48回英インターナショナルS(GI)の勝ち馬-Japan(2016.2.22)+α-
Japan(ジャパン) 牡 鹿毛 2016.2.22生 英国・Newsells Park Stud生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎 Broome(ブルーム) 牡 鹿毛 2016.2.8生 愛国・Epona Bloodstock Ltd生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O'Brien厩舎