日本に輸入された凱旋門賞馬を辿る(其の壱)-セントクレスピン(1956)&プリンスロイヤル(1961)-

Pedigree

セントクレスピン(Saint Crespin) 牡 栗毛 1956生~1981没 英国・Prince Aly Khan生産 馬主・Prince Aly Khan 仏国・Alec Head厩舎

セントクレスピン(1956)の4代血統表
Aureole
栗毛 1950.4.14
種付け時活性値:1.25
Hyperion
栗毛 1930.4.18
Gainsborough
鹿毛 1915.1.24
★Bayardo 1906
Rosedrop 1907
Selene
鹿毛 1919
Chaucer 1900
Serenissima 1913
Angelola
鹿毛 1945
Donatello
栗毛 1934
Blenheim 1927.4.16
Delleana 1925
Feola
黒鹿毛 1933
Friar Marcus 1912
Aloe 1926
Neocracy
黒鹿毛 1944
仔受胎時活性値:0.75

Nearco
黒鹿毛 1935.1.24
種付け時活性値:0.00
Pharos
黒鹿毛 1920.4.4
Phalaris 1913.5.16
Scapa Flow 1914
Nogara
鹿毛 1928
Havresac 1915
Catnip 1910
Harina
鹿毛 1933
仔受胎時活性値:0.50
Blandford
黒鹿毛 1919.5.26
種付け時活性値:1.25
Swynford 1907
Blanche 1912
Athasi
鹿毛 1917
仔受胎時活性値:1.75
Farasi
鹿毛 1903
種付け時活性値:1.25
Athgreany
鹿毛 1910
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Blandford3×5、Chaucer4×5、Canterbury Pilgrim(♀)5×5>

セントクレスピン(1956)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Aureole
(Hyperion系)
★Nearco
(Pharos系)
◆Blandford
(Swynford系)
Farasi
(St. Simon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Aureole 4.50 半兄Tulyar
(No. 22-a)
5番仔?

*

1959年の第38回凱旋門賞€を制したセントクレスピン。種牡馬としては、海外では英オークス(GI)&英1000ギニー(GI)&愛オークス(GI)を制した名牝Altesse Royale(1968)-輸入種牡馬マグニテュード(1975.3.16)の母-、日本ではタイテエム(1969.4.14)エリモジョージ(1972.3.17)等の父として知られました。セントクレスピン、名競走馬にして名種牡馬でしたが、その最期は、、、ですね。

セントクレスピン
和名:セントクレスピン 英名:Saint Crespin 1956年生 牡 栗毛...

*

プリンスロイヤル(Prince Royal) 牡 鹿毛 1961生~1983.8.4没 英国・Charles W. Wacker III生産 馬主・Rex Ellsworth 仏国・Georges Bridgland厩舎

プリンスロイヤル(1961)の4代血統表

Ribot
鹿毛 1952.2.27
種付け時活性値:0.00
Tenerani
鹿毛 1944.4.14
Bellini
鹿毛 1937
Cavaliere d’Arpino 1926
Bella Minna 1923
Tofanella
栗毛 1931
Apelle 1923
Try Try Again 1922
Romanella
栗毛 1943
★El Greco
栗毛 1934
Pharos 1920.4.4
Gay Gamp 1923
Barbara Burrini
鹿毛 1937
★Papyrus 1920
Bucolic 1926
Pange
栗毛 1955
仔受胎時活性値:1.25
キングスベンチ
鹿毛 1949
種付け時活性値:1.25
Court Martial
栗毛 1942
Fair Trial 1932
Instantaneous 1931
King’s Cross
鹿毛 1940
King Salmon 1930
Doublure 1933
York Gala
鹿毛 1939
仔受胎時活性値:1.75
His Grace
鹿毛 1933
種付け時活性値:1.25
Blandford 1919.5.26
Malva 1919 ♀
Princess Galahad
栗毛 1925
仔受胎時活性値:1.25
Prince Galahad
栗毛 1917
種付け時活性値:1.75
Penny Flyer
栗毛 1915
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Malva(♀)4×5(母方)>

プリンスロイヤル(1961)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Ribot
(Rabelais系)
キングスベンチ
(Fairway系)
His Grace
(Blandford系)
Prince Galahad
(St. Simon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Prince Galahad
(Tiger Lily)
4.50 実はタイキブリザードと同牝系
(No. 3-h)
2番仔?
(2連産目?)

*

1964年の第43回凱旋門賞を制したプリンスロイヤル。Ribotとの父仔2代の凱旋門賞制覇を遂げました。Ribotはサスガの遺伝力を見せ、直仔の凱旋門賞制覇は第40回を制したMolvedo(1958)に続いて2例目でした。

  

という訳で、2019年は、これまで日本に輸入-単年のリース供用も含む-された凱旋門賞馬16頭を紹介する記事を連投して、記事納めとしたいと思います。短期集中投稿、よろしければお付き合いください。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。