年度代表馬の同期生を辿る(其の弐拾)-スペシャルウィーク(1995.5.2)-

Series

スペシャルウィーク 牡 黒鹿毛 1995.5.2生~2018.4.27没 門別町・日高大洋牧場生産 馬主・臼田 浩義氏 栗東・白井 寿昭厩舎

スペシャルウィーク(1995.5.2)の4代血統表

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00【8】

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18 ♀
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
仔受胎時活性値:1.75【7】
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.00【12】
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
シル
鹿毛 1970.4.22
Buckpasser 1963.4.28
Quill 1956.2.24
レデイーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
仔受胎時活性値:2.00【8】
セントクレスピン
栗毛 1956
種付け時活性値:1.25【21】
Aureole 1950.4.14
Neocracy 1944
ミスアシヤガワ
鹿毛 1964.5.24
仔受胎時活性値:1.25【13】
ヒンドスタン
鹿毛 1946
種付け時活性値:0.25【17】
シラオキ
栗毛 1946.4.7
仔受胎時活性値:0.25【17】

<5代血統表内のクロス:なし>

スペシャルウィーク(1995.5.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
セントクレスピン
(Aureole系)
ヒンドスタン
(Bois Roussel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
セントクレスピン
(Angelola)
5.25
(【7】+【8】+【13】+【17】)
高祖母の分枝から活躍馬多数
(No. 3-l フロリースカツプ系)
5番仔
(5連産目)

*

1998年の第65回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 5 スペシャルウィーク 牡3 武 豊 2:25.8 白井 寿昭 1
2 16 ボールドエンペラー 牡3 河内 洋 2:26.7 5 中村 均 14
3 15 ダイワスペリアー 牡3 菊沢 隆徳 2:26.8 1/2 二ノ宮 敬宇 15
4 12 セイウンスカイ 牡3 横山 典弘 2:26.8 ハナ 保田 一隆 3
5 11 ミツルリュウホウ 牡3 南井 克巳 2:27.0 1・1/4 松元 茂樹 10
1998年の第65回東京優駿(GI。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.8 – 11.2 – 11.7 – 12.4 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.7 – 11.2 – 11.9
ラップの
累計タイム
12.8 – 24.0 – 35.7 – 48.1 – 1:00.6 – 1:12.7 – 1:24.9 – 1:37.5 – 1:50.0 – 2:02.7 – 2:13.9 – 2:25.8
上り 4F 48.3 – 3F 35.8

1998年の第65回東京優駿。ユタカさんをして、ムチを落としてしまった最後の直線。それでもメンバー中最速の上がりを繰り出して、5馬身差圧勝。ゴール後、ユタカさんの嬉しそうなこと。競馬社会に生きる人にとって、ダービーがやはり「特別なもの」であることが、改めて分かった瞬間でした。

*

1999年の第119回天皇賞・春(GI。京都芝3200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重
[増減]
調教師
1 3 スペシャルウィーク 牡4 58 武豊 3:15.3 476
[0]
白井寿昭 1
2 10 メジロブライト 牡5 58 河内洋 3:15.4 1/2 466
[-4]
浅見秀一 3
3 8 セイウンスカイ 牡4 58 横山典弘 3:15.8 2 1/2 474
[-2]
保田一隆 2
4 11 シルクジャスティス 牡5 58 藤田伸二 3:15.8 ハナ 456
[-4]
大久保正陽 5
5 2 ステイゴールド 牡5 58 熊沢重文 3:16.2 2 1/2 430
[+8]
池江泰郎 6
1999年の第119回天皇賞・春(GI。京都芝3200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6 – 12.9 – 11.8 – 11.4 – 12.2 –
11.6 – 12.0 – 13.6 – 13.0 – 12.5 –
13.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.5 –
11.4
ラップの
累計タイム
12.6 – 25.5 – 37.3 – 48.7 – 1:00.9 –
1:12.5 – 1:24.5 – 1:38.1 – 1:51.1 – 2:03.6 –
2:16.8 – 2:29.2 – 2:41.0 – 2:52.4 – 3:03.9 –
3:15.3
上り 4F 46.1 – 3F 34.3

1999年の第119回天皇賞・春。1999年5月2日、スペシャルウィーク満4歳の誕生日を自ら祝った天皇賞・春。勝ち時計3分15秒3は、マヤノトップガン(1992.3.24)の3分14秒4に続く当時歴代2位の好タイムでした。私、淀の現地で観ていたんですよね。ゴール後、「サスガに誕生日!!」って、叫んでいました。

しかし、いまレースを見直してみると、ユタカさん、厳しい攻めの騎乗をされています。道中のセイウンスカイ(1995.4.26)のマークは、サンデーセイラ(1995.4.24)を利用して突いているのが見て取れます。そして最後の直線、後ろから来たメジロブライト(1994.4.19)の脚色が勝るかと思いきや、詰められればその分だけ伸びる。永遠の2分の1馬身差は、先行3番手からの完勝。鞍上の意図にたやすく応える、鞍下の能力。簡単なように見えて、簡単では無い。改めて、スペシャルウィークの能力の凄みを最も感じたレースでした。

そしてまた、この天皇賞・春は弔い合戦でもありました。スペシャルウィークの生まれ故郷である日高大洋牧場が、前年末に火災に遭い死傷馬が出ていたのです。スペシャルウィーク、その身に御霊を携えて走りました。

*

1999年の第120回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重
[増減]
調教師
1 9 スペシャルウィーク 牡4 58 武豊 1:58.0 レコード 470
[-16]
白井寿昭 4
2 6 ステイゴールド 牡5 58 熊沢重文 1:58.1 クビ 420
[-2]
池江泰郎 12
3 1 エアジハード 牡4 58 蛯名正義 1:58.2 3/4 498
[+4]
伊藤正徳 5
4 11 スティンガー 牝3 54 岡部幸雄 1:58.3 1/2 450
[0]
藤沢和雄 8
5 7 セイウンスカイ 牡4 58 横山典弘 1:58.3 クビ 480
[-2]
保田一隆 1
1999年の第120回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.8 – 11.4 – 10.8 – 11.5 – 11.5 – 11.9 – 11.8 – 12.2 – 11.8 – 12.3
ラップの
累計タイム
12.8 – 24.2 – 35.0 – 46.5 – 58.0 – 1:09.9 – 1:21.7 – 1:33.9 – 1:45.7 – 1:58.0
上り 4F 48.1 – 3F 36.3

1999年の第120回天皇賞・秋。京都大賞典(GII)7着と、初めて複勝圏を外した前哨戦から臨んだこのレース。前走比マイナス16kgという馬体減も懸念されたのか4番人気。けれど、この馬体減は「ダービーの頃の馬体重に戻せば、闘志が戻るのではないか」という陣営の意図があったそうな。果たせるかな、後方から一気の大外強襲を決めたスペシャルウィーク、見事な天皇賞春秋連覇。その勝ち時計1分58秒0は天皇賞・秋のレコードタイム。巷間、不安説が流れたのは、いったい何だったのでしょうか(^^;)

*

1999年の第19回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重
[増減]
調教師
1 13 スペシャルウィーク 牡4 57 武豊 2:25.5 468
[-2]
白井寿昭 2
2 7 インディジェナス せん6 57 D.ホワイト 2:25.7 1 1/2 456
[前計不]
I.アラン 12
3 12 ハイライズ 牡4 57 L.デットーリ 2:25.7 ハナ 446
[前計不]
S.ビン・スルール 7
4 14 モンジュー 牡3 55 M.キネーン 2:25.8 3/4 484
[前計不]
J.ハモンド 1
5 6 ラスカルスズカ 牡3 55 柴田善臣 2:26.5 4 474
[-4]
橋田満 4
1999年の第19回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9 – 11.2 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 12.3 – 12.7 – 11.2 – 12.8
ラップの
累計タイム
12.9 – 24.1 – 36.3 – 48.3 – 1:00.2 – 1:12.4 – 1:24.4 – 1:36.5 – 1:48.8 – 2:01.5 – 2:12.7 – 2:25.5
上り 4F 49.0 – 3F 36.7

1999年の第19回ジャパンカップ。第78回凱旋門賞(GI)でエルコンドルパサー(1995.3.17)を負かしたモンジュー(1996.4.4)が1番人気。しかし、府中の舞台ならば、スペシャルウィーク。直線、馬場中央を堂々と抜け出して、快勝。夕映えのターフに、橙の帽子と「紫、白鋸歯形」の勝負服、そして黒鹿毛の流星が弾みました。

*

改めて振り返ると、スペシャルウィークという馬は、国内で最強馬の称号を得る為に進むべき路線を、満3歳冬の有馬記念(GI)を除いて、ただひたすらに走っていたのだということが見て取れました。

牡馬クラシック三冠を皆勤して3着、1着、2着。3歳秋にジャパンカップに挑み3着。古馬となってからは中長距離路線のGIにはすべて出走して天皇賞・春1着、宝塚記念(GI)2着、天皇賞・秋1着、ジャパンカップ1着、有馬記念2着。

レースにも、ライバルにも、逃げることなく立ち向かい、ある時は勝利を収め、ある時は敗北の辛酸をなめ……。

けれどそれでも、自身に課せられた業を、ただ愚直なまでに果たそうとした、スペシャルウィーク。

いつでも、どんな戦いの折も、鞍上の意に添うように懸命であった、スペシャルウィーク。

どなたかの言葉を借りれば、王者でありながら挑戦者だった、スペシャルウィーク。

生涯、忘れ得ない名馬です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[スペシャルウィーク(1995.5.2)の主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)、天皇賞・春(GI)、天皇賞・秋(GI)、阪神大賞典(GII)、AJCC(GII)、京都新聞杯(GII)、弥生賞(GII)、きさらぎ賞(GIII)
  2. 有馬記念(GI)、菊花賞(GI)、宝塚記念(GI)
  3. ジャパンカップ(GI)、皐月賞(GI)

通算17戦10勝、2着4回、3着2回。

#2023年02月23日(木)記事改め。

20世紀の名馬 第02位 スペシャルウィーク(前編)
20世紀の名馬 第02位 スペシャルウィーク(前編) 14分以上ある動画なので、2つに分けました。自動的に飛びます。    後編→sm5094544   競...
20世紀の名馬 第02位 スペシャルウィーク(後編)
20世紀の名馬 第02位 スペシャルウィーク(後編) 続き。   sm5094452←前編    競馬動画→mylist/7354219