ルーラーシップ(2007.5.15)-五十音にて名馬を辿る(No.41)-

Series

ルーラーシップ 牡 鹿毛 2007.5.15生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・角居 勝彦厩舎

ルーラーシップ(2007.5.15)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.25【5】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
仔受胎時活性値:1.25【13】
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25【9】
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.00【12】
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00【8】
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
シヤダイフエザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50【6】
ガーサント
鹿毛 1949.4.5
種付け時活性値:1.75【23】
パロクサイド
栗毛 1959
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

ルーラーシップ(2007.5.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
トニービン
(ゼダーン系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
ガーサント
(Hermit系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ガーサント
(ダイナカール)
5.00 母と祖母が優駿牝馬勝ち馬
(No. 8-f パロクサイド系)
8番仔
(8連産目)

*

2009年のメイクデビュー阪神(阪神芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 ルーラーシップ 牡2 55 岩田 康誠 2:04.7 8-7-4-3 34.7 498
[初出走]
角居 勝彦 1
2 8 アイファーライアン 牡2 55 川田 将雅 2:05.3 3 1/2 2-2-2-2 35.6 472
[初出走]
鮫島 一歩 6
3 7 タマモグランプリ 牡2 55 和田 竜二 2:05.3 クビ 10-10-7-7 35.0 428
[初出走]
川村 禎彦 8
4 11 アドマイヤマスター 牡2 55 安藤 勝己 2:05.5 1 1/4 1-1-1-1 35.8 496
[初出走]
橋田 満 2
5 2 マルカゴクウ 牡2 55 小牧 太 2:06.0 3 10-10-11-9 35.4 466
[初出走]
鶴留 明雄 5

*

2010年のアルメリア賞(阪神芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14 ルーラーシップ 牡3 56 岩田 康誠 1:51.2 7-5 34.2 490
[+2]
角居 勝彦 1
2 1 ミヤジシェンロン 牡3 56 和田 竜二 1:51.6 1+1 1/2 2-2 34.9 430
[+2]
川村 禎彦 10
3 13 マシュケナーダ 牝3 54 藤岡 佑介 1:51.6 クビ 9-9 34.4 450
[+4]
安田 隆行 5
4 7 プレファシオ 牡3 56 浜中 俊 1:51.8 1 1/4 7-5 34.8 490
[-4]
藤岡 健一 9
5 9 デンコウオクトパス 牡3 56 太宰 啓介 1:51.8 アタマ 11-11 34.4 434
[0]
坂口 正則 11

*

2010年のプリンシパルS(東京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ルーラーシップ 牡3 56 横山 典弘 1:59.1 9-3-3 33.7 486
[-2]
角居 勝彦 1
2 3 クォークスター 牡3 56 戸崎 圭太 1:59.8 4 9-12-13 33.7 494
[-4]
堀 宣行 7
3 2 バシレウス 牡3 56 蛯名 正義 2:00.0 1 1/2 5-6-5 34.5 464
[-12]
国枝 栄 5
4 1 ヤングアットハート 牡3 56 柴山 雄一 2:00.1 3/4 12-12-13 34.1 482
[0]
松山 康久 10
5 6 ダイワファルコン 牡3 56 北村 宏司 2:00.3 1 1/4 7-9-7 34.6 500
[-2]
上原 博之 2

*

2010年の第63回鳴尾記念(GIII。阪神芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11 ルーラーシップ 牡3 55 岩田 康誠 1:44.9 4-4 33.8 496
[+12]
角居 勝彦 2
2 10 ヒルノダムール 牡3 55 藤田 伸二 1:45.0 1/2 8-7 33.5 474
[0]
昆 貢 1
3 6 リルダヴァル 牡3 55 福永 祐一 1:45.0 クビ 6-6 33.6 494
[-2]
池江 泰郎 4
4 9 シルポート 牡5 56 酒井 学 1:45.2 1 1/4 1-1 35.1 494
[+6]
西園 正都 5
5 2 ショウリュウムーン 牝3 53 浜中 俊 1:45.6 2 1/2 2-2 34.9 458
[-2]
佐々木 晶三 7

*

2011年の第58回日経新春杯(GII。京都芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8 ルーラーシップ 牡4 56.5 U.リスポリ 2:24.6 4-4-3-3 34.4 496
[+4]
角居 勝彦 2
2 11 ヒルノダムール 牡4 56 藤田 伸二 2:24.9 2 8-8-8-6 34.4 474
[0]
昆 貢 3
3 5 ローズキングダム 牡4 58 武 豊 2:24.9 ハナ 8-8-8-8 34.3 468
[+6]
橋口 弘次郎 1
4 2 ナムラクレセント 牡6 57 和田 竜二 2:25.1 1 4-4-3-3 34.8 506
[+4]
福島 信晴 7
5 10 ホワイトピルグリム 牡6 56 福永 祐一 2:25.9 5 10-10-10-10 35.0 468
[+10]
鮫島 一歩 11

*

2011年の第47回金鯱賞(GII。京都芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13 ルーラーシップ 牡4 58 福永 祐一 2:02.4 16-15-6-4 35.8 496
[前計不]
角居 勝彦 1
2 5 キャプテントゥーレ 牡6 58 小牧 太 2:02.5 3/4 1-1-1-1 36.4 464
[+8]
森 秀行 2
3 9 アーネストリー 牡6 58 佐藤 哲三 2:02.9 2 1/2 2-2-2-2 36.7 536
[+6]
佐々木 晶三 3
4 3 ホワイトピルグリム 牡6 57 池添 謙一 2:03.4 3 14-13-14-13 36.1 468
[+2]
鮫島 一歩 11
5 12 アンライバルド 牡5 58 N.ピンナ 2:03.6 1 1/4 3-3-2-3 37.3 486
[+12]
友道 康夫 9

*

2012年の第53回AJCC(GII。中山芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 ルーラーシップ 牡5 57 福永 祐一 2:17.3 8-8-7-7 35.6 504
[0]
角居 勝彦 1
2 4 ナカヤマナイト 牡4 55 柴田 善臣 2:17.8 3 5-5-4-4 36.4 484
[+6]
二ノ宮 敬宇 2
3 9 ゲシュタルト 牡5 56 蛯名 正義 2:18.1 2 7-7-6-4 36.6 520
[+8]
長浜 博之 4
4 11 サンテミリオン 牝5 54 北村 宏司 2:18.5 2 1/2 3-3-2-1 37.4 472
[+12]
古賀 慎明 9
5 6 トーセンレーヴ 牡4 55 C.ルメール 2:18.5 クビ 1-1-2-2 37.5 464
[+8]
池江 泰寿 3

*

2012年の第38回クイーンエリザベス2世カップ(香GI。シャティン芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 ルーラーシップ 牡5 57.2 Umberto Rispoli 2:02.38 角居 勝彦 3
2 6 Thumbs Up せん7 57.2 Brett Prebble 3 3/4 C Fownes 2
3 11 Sweet Orange 牡4 57.2 W C Marwing クビ D E Ferraris 1
4 13 Zaidan せん4 57.2 Olivier Doleuze 3/4 John Moore 8
5 1 California Memory せん6 57.2 Matthew Chadwick クビ A S Cruz 5

2012年の第38回クイーンエリザベス2世カップ。デビュー時から期待されていた素質馬がついにGIを制覇した舞台は、通算6度目のGI挑戦となった香港シャティン芝2000m。道中先行3番手から4コーナー最内を通ってあっという間の抜け出し。大跳びの前脚が高く上がる度に後続との差を離して、終わってみればシンコウキング(1991.4.24)産駒Thumbs Up(2004.10.5)に3と4分の差3馬身差の快勝。これは「お見事」というほかないレースぶりでした。

*

ルーラーシップ。社台グループ、威信の血です。だってですね、母エアグルーヴからの分枝でもですよ、

エアグルーヴ 1993.4.6 9勝 優駿牝馬(GI) 天皇賞・秋(GI) 札幌記念(GII)2回 産経大阪杯(GII) マーメイドS(GIII) チューリップ賞(GIII)ほか
|アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 8勝 エリザベス女王杯(GI)2回 阪神牝馬S(GII) ローズS(GII) マーメイドS(GIII)ほか
||アドマイヤセプター 2008.3.14 5勝 京阪杯(GIII)2着 スワンS(GII)3着ほか
|||スカイグルーヴ 2017.1.23 現役 京王杯SC(GII)2着 京成杯(GIII)2着 京都牝馬S(GIII)2着
|||デシエルト 2019.1.17 現役 若葉S(L) グリーンチャンネルC(L)
||ボージェスト 2011.3.12 2勝
|||ボーデン 2018.2.16 現役 スプリングS(GII)3着
|||ソネットフレーズ 2019.3.24 現役 デイリー杯2歳S(GII)2着
||ドゥラメンテ 2012.3.22 5勝 東京優駿(GI) 皐月賞(GI) 中山記念(GII)ほか
|ソニックグルーヴ 2003.3.30 不出走
||スペシャルグルーヴ 2007.1.23 0勝
|||グルーヴィット 2016.4.5 現役 中京記念(GIII)ほか
|||ジュンライトボルト 2017.4.27 現役 チャンピオンズカップ(GI) シリウスS(GIII)ほか
|ポルトフィーノ 2005.3.14 3勝 エルフィンS(OP)
||ポルトドートウィユ 2012.3.19 2勝 京都新聞杯(GII)2着 きさらぎ賞(GIII)2着
|フォゲッタブル 2006.4.3 4勝 ステイヤーズS(GII) ダイヤモンドS(GIII)ほか
|ルーラーシップ 2007.5.15 (本馬) 8勝 クイーンエリザベス2世カップ(香GI) AJCC(GII) 金鯱賞(GII) 日経新春杯(GII) 鳴尾記念(GIII)ほか
|グルヴェイグ 2008.5.11 5勝 マーメイドS(GIII)
||ヴァナヘイム 2014.1.25 1勝 ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII)2着
||アンドヴァラナウト 2018.2.21 現役 ローズS(GII)ほか
|ラストグルーヴ 2010.1.23 1勝
||ランフォザローゼス 2016.2.14 1勝 青葉賞(GII)2着 ダイヤモンドS(GIII)2着 京成杯(GIII)2着
||レッドルレーヴ 2017.2.16 1勝 フラワーC(GIII)2着

ですから、ね^^;

もとより繁殖も意識して生産された感もある「東京優駿勝ち馬馬×優駿牝馬勝ち馬」の組み合わせにして「サンデーサイレンスフリー」の血。競走馬としてもGレース5勝、種牡馬としてもキセキ(2014.5.13)メールドグラース(2015.5.26)と既に2頭のGI勝ち馬を輩出。

ルーラーシップ15歳、早世した甥っ子のドゥラメンテの分も、良い仔を送り続けて欲しいものです。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ルーラーシップ(2007.5.15)の主な競走成績]

  1. クイーンエリザベス2世カップ(香GI)、AJCC(GII)、金鯱賞(GII)、日経新春杯(GII)、鳴尾記念(GIII)
  2. 宝塚記念(GI)
  3. ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)、天皇賞・秋(GI)、日経賞(GII)

通算20戦8勝、2着2回、3着4回。

*

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人、ルーラーシップが勝ったレースでは金鯱賞が一番印象に残っているってさ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

雨、不良馬場の京都芝2000m、16頭立てを出遅れからぶっこ抜いた姿を見て「メチャクチャやな^^;」と思ったそうで。

マイシンザン
マイシンザン

現役時代の晩年はその出遅れがクセになってしまい、5歳秋はまるでウチの親父みたいに天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念と3戦連続3着。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

むぅ。開門時に気難しさが出なければ、もっと数多くGIを勝ってもおかしくない力量馬でしたね。

マイシンザン
マイシンザン

ああ。ルーラーシップ、GI馬であるにも関わらず「さらなる可能性」を感じさせた、未完の大器やった。