ファルブラヴ(1998.2.28)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.22)-

Series

ファルブラヴ(Falbrav) 牡 鹿毛 1998.2.28生 愛国・Azienda Agricola Francesca生産 馬主・Scuderia Rencati & Teruya Yoshida 伊国・Luciano D’Auria厩舎→英国・Luca Cumani厩舎

ファルブラヴ(1998.2.28)の4代血統表
Fairy King
鹿毛 1982.3.4
種付け時活性値:1.75【15】
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason
鹿毛 1968.4.8
Hail to Reason 1958.4.18
Lalun 1952
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Gift of the Night
黒鹿毛 1990.2.7
仔受胎時活性値:1.75【7】
Slewpy
黒鹿毛 1980.3.28
種付け時活性値:0.25【9】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Rare Bouquet
栗毛 1963.5.10
Prince John 1953.4.6
Forest Song 1958.5.16
Little Nana
栗毛 1975.3.18
仔受胎時活性値:1.50【14】
Lithiot
鹿毛 1965.4.5
種付け時活性値:0.25【9】
Ribot 1952.2.27
Lithia 1959.3.8
Nenana Road
栗毛 1970.4.4
仔受胎時活性値:1.00【4】
★Kirkland Lake
栗毛 1961.4.20
種付け時活性値:0.00【8】
Sena
栗毛 1951
仔受胎時活性値:0.50【18】

<5代血統表内のクロス:なし>

ファルブラヴ(1998.2.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Fairy King
(Northern Dancer系)
Slewpy
(Seattle Slew系)
Lithiot
(Ribot系)
Kirkland Lake
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Fairy King
(Djebel)
4.75
(No. 4-i)
4番仔
(4連産目)

*

2002年の第22回ジャパンカップ(GI。中山芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 ファルブラヴ 牡4 57 L.デットーリ 2:12.2 7-6-5-5 35.6 538
[前計不]
L.ダウリア 9
2 8 サラファン せん5 57 C.ナカタニ 2:12.2 ハナ 14-10-12-7 35.3 516
[前計不]
N.ドライスデール 11
3 7 シンボリクリスエス 牡3 55 O.ペリエ 2:12.3 クビ 9-6-5-7 35.7 536
[+6]
藤沢 和雄 1
4 15 マグナーテン せん6 57 岡部 幸雄 2:12.5 1 1/2 1-1-1-1 36.3 518
[+10]
藤沢 和雄 8
5 10 ジャングルポケット 牡4 57 武 豊 2:12.5 ハナ 16-15-15-13 35.3 478
[+4]
渡辺 栄 3

2002年の第22回ジャパンカップ。東京競馬場の改修工事により、史上初めて中山競馬場の芝2200mで行われたジャパンカップ。勝利を収めたのは伊国代表馬のファルブラヴ。その鞍上には伊国が産んだ天才、ランフランコ・デットーリ騎手。1996年の第16回のSingspiel(シングスピール。1992.2.25)に続き、「ジャパンカップで勝利を収める時はハナ差勝ち」のフランキーマジックが発揮された2度目の回でした。

Singspiel(1992.2.25)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.16)-
Singspiel(シングスピール) 牡 鹿毛 1992.2.25生~2010.7.2没 愛国・Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum生産 馬主・Sheikh Mohammed 英国・Sir Michael Stoute厩舎

ファルブラヴの血統を初めて見た時、「エリシオのモノマネ配合やなぁ」と、単純に思ってしまいました。「父Fairy King×母父Slewpy牝馬」の組み合わせで、ファルブラヴは1998年生まれ世代ですから、生産者さんの意図の中に、1996年の凱旋門賞(仏GI)を制したエリシオ(1993.1.24)が全く無かったとは言えないでしょう。果たせるかなファルブラヴ、ジャパンカップ、エクリプスS(英GI)、英インターナショナルS(GI)、クイーンエリザベス2世S(英GI)、イスパーン賞(仏GI)、ミラノ大賞(伊GI)、共和国大統領賞(伊GI)、香港カップ(GI)とGI8勝を挙げて、エリシオに勝るとも劣らないFairy Kingの代表産駒となりました。「父Fairy King×母父Slewpy牝馬」、端的なニックの好例と思います。

また2着のSarafan(サラファン。1997.5.9)。平時は競馬場が左回りばかりの米国馬が、苦もなく右回りをこなしたことに驚きましたが、英国所属だった時代には右回りも経験していたのでした。そしてまた、彼はRoberto(1969.3.16)直仔のLear Fan(1981.2.2)産駒。「非根幹距離はRoberto系」。同じ中山競馬場で行われる暮れの有馬記念(GI)で何度も目の当たりにしたことでした。まま、この第22回ジャパンカップでは3着だったシンボリクリスエス(1999.1.21)が3歳時、4歳時とそれを見せ付けてくれました^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ファルブラヴ(1998.2.28)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、エクリプスS(英GI)、英インターナショナルS(GI)、クイーンエリザベス2世S(英GI)、イスパーン賞(仏GI)、ミラノ大賞(伊GI)、共和国大統領賞(伊GI)、香港カップ(GI)
  2. 伊ダービー(GI)、愛チャンピオンS(GI)、グイドベラルデリ賞(伊GII)
  3. ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、ガネー賞(仏GI)、フォワ賞(仏GII)

通算26戦13勝、2着5回、3着5回。