JRA賞になって以降の年度代表馬を辿る(其の陸)-ミホノブルボン(1989.4.25)-。

Horse of the Year

ミホノブルボン 牡 栗毛 1989.4.25生~2017.2.22没 門別町・原口圭二氏生産 馬主・(有)ミホノインターナショナル 栗東・戸山為夫厩舎→松元茂樹厩舎

ミホノブルボン(1989.4.25)の4代血統表
マグニテユード
鹿毛 1975.3.16
種付け時活性値:1.25【13】
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
Princequillo 1940
Virginia Water 1953.4.18
Altesse Royale
栗毛 1968
セントクレスピン
栗毛 1956
Aureole 1950.4.14
Neocracy 1944
Bleu Azur
栗毛 1959
Crepello 1954
Blue Prelude 1951
カツミエコー
青毛 1983.5.18
仔受胎時活性値:1.25【5】
シヤレー
青鹿毛 1976.2.6
種付け時活性値:1.50+α【6】
Luthier
黒鹿毛 1965.3.22
Klairon 1952.3.31
Flute Enchantee 1950
Christiana
栗毛 1967
Double Jump 1962
Mount Rosa 1957
ハイフレーム
栗毛 1968.5.21
仔受胎時活性値:1.50【14】
ユアハイネス
栗毛 1958
種付け時活性値:0.25【9】
Chamossaire 1942
Lady Grand 1943
カミヤマト
黒鹿毛 1959.5.8
仔受胎時活性値:2.00【8】
ライジングフレーム
黒鹿毛 1947
種付け時活性値:0.75【11】
コロナ
栗毛 1943.4.20
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:Nearco5×5(父方)>

ミホノブルボン(1989.4.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
マグニテユード
(Mill Reef系)
シヤレー
(Luthier系)
ユアハイネス
(Hurry On系)
ライジングフレーム
(Cyllene系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
シヤレー
(Hill Gail)
6.50
(【5】+【14】+【8】+【15】)

(No. 11-c クレイグダーロツチ系)
初仔

*

1991年の第43回朝日杯3歳S(GI。中山芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 4 ミホノブルボン 牡2 小島 貞博 1:34.5 戸山 為夫 1
2 6 ヤマニンミラクル 牡2 田島 良保 1:34.5 ハナ 浅見 国一 2
3 1 エーピージェット 牡2 的場 均 1:34.8 2 元石 孝昭 5
4 2 マチカネタンホイザ 牡2 岡部 幸雄 1:35.0 1・1/4 伊藤 雄二 3
5 5 シャートストーン 牡2 郷原 洋行 1:35.2 1・1/4 吉野 勇 4
1991年の第43回朝日杯3歳S(GI。中山芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7 – 11.2 – 11.5 – 11.5 – 12.0 – 12.5 – 11.7 – 11.4
ラップの
累計タイム
12.7 – 23.9 – 35.4 – 46.9 – 58.9 – 1:11.4 – 1:23.1 – 1:34.5
上り 4F 47.6 – 3F 35.6

ミホノブルボンの勝利のうち、最も2着馬に詰め寄られた現年齢表記2歳王者決定戦。外から迫るヤマニンミラクル(1989.3.15)をハナ差退けてのゴールは、鞍上の小島貞博騎手に平地のGI級レース初勝利をもたらしました。

*

1992年の第52回皐月賞(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 4 ミホノブルボン 牡3 小島 貞博 2:01.4 戸山 為夫 1
2 5 ナリタタイセイ 牡3 南井 克巳 2:01.8 2・1/2 中尾 謙太郎 4
3 1 スタントマン 牡3 角田 晃一 2:02.1 1・3/4 渡辺 栄 5
3 6 アサカリジェント 牡3 柴田 政人 2:02.1 同着 河野 通文 2
5 7 マヤノペトリュース 牡3 田原 成貴 2:02.2 1/2 坂口 正大 6
1992年の第52回皐月賞(GI。中山芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7 – 11.1 – 11.6 – 12.5 – 11.9 – 12.1 – 12.4 – 12.4 – 12.1 – 12.6
ラップの
累計タイム
12.7 – 23.8 – 35.4 – 47.9 – 59.8 – 1:11.9 – 1:24.3 – 1:36.7 – 1:48.8 – 2:01.4
上り 4F 49.5 – 3F 37.1

2枠4番という内枠も利して好発一気に迷わず逃げたミホノブルボン。16頭を引き連れて、一度も先頭を譲ることなく、5戦5勝で皐月賞制覇となりました。

*

1992年の第59回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 15 ミホノブルボン 牡3 小島 貞博 2:27.8 戸山 為夫 1
2 13 ライスシャワー 牡3 的場 均 2:28.5 4 飯塚 好次 16
3 5 マヤノペトリュース 牡3 田原 成貴 2:28.5 ハナ 坂口 正大 5
4 7 マチカネタンホイザ 牡3 岡部 幸雄 2:29.2 4 伊藤 雄二 8
5 18 スタントマン 牡3 角田 晃一 2:29.7 3 渡辺 栄 6
1992年の第59回東京優駿(GI。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.8 – 11.7 – 12.3 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 12.5 – 12.5 – 12.3 – 12.6 – 12.0 – 12.5
ラップの
累計タイム
12.8 – 24.5 – 36.8 – 49.0 – 1:01.2 – 1:13.4 – 1:25.9 – 1:38.4 – 1:50.7 – 2:03.3 – 2:15.3 – 2:27.8
上り 4F 49.4 – 3F 37.1

「師弟愛の結実」を見た1992年の春。私が競馬者としての歩みを始める半年前のお話。橙の帽子に、「桃、黄銭形散、桃袖」の勝負服が、栗毛の流星と共に東京芝2400mを逃げ切りました。これで6戦6勝とし、前年のトウカイテイオー(1988.4.20)に続いて、2年連続で無敗の二冠馬となりました。

血統から来る距離不安を唱えられたミホノブルボン、終わってみれば皐月賞よりも差を着けて4馬身差の楽勝。その絶対能力の高さを、まざまざと見せ付けたのでした。

*

1992年の第53回菊花賞(GI。京都芝3000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 8 ライスシャワー 牡3 的場 均 3:05.0 日本レコード 飯塚 好次 2
2 7 ミホノブルボン 牡3 小島 貞博 3:05.2 1・1/4 戸山 為夫 1
3 10 マチカネタンホイザ 牡3 岡部 幸雄 3:05.2 アタマ 伊藤 雄二 3
4 2 メイキングテシオ 牡3 大崎 昭一 3:06.4 7 橋口 弘次郎 6
5 18 ダイイチジョイフル 牡3 千田 輝彦 3:06.7 2 伊藤 雄二 8
1992年の第53回菊花賞(GI。京都芝3000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.1 – 11.4 – 11.5 – 11.8 – 11.9 –
12.3 – 13.1 – 13.1 – 13.2 – 13.3 –
13.0 – 12.3 – 11.6 – 11.8 – 11.6
ラップの
累計タイム
13.1 – 24.5 – 36.0 – 47.8 – 59.7 –
1:12.0 – 1:25.1 – 1:38.2 – 1:51.4 – 2:04.7 –
2:17.7 – 2:30.0 – 2:41.6 – 2:53.4 – 3:05.0
上り 4F 47.3 – 3F 35.0

「逃げていれば」の声も、すでに24年前。距離に対する不安は陣営が最も理解していたことでしょう。それでも、ハードトレーニングをこなしたミホノブルボンであれば、無敗で二冠を達成し、なおのこと菊花賞トライアルをも制したミホノブルボンであればと、誰しもが思いました。けれど、晩秋の菊舞台で待っていたのは、関東の刺客による、逆転。ただ、敗れても2着を死守したところに、内をすくったマチカネタンホイザ(1989.5.7)には抜かされなかったところに、ミホノブルボンの矜持を見ました。

この1992年11月8日に行われた第53回菊花賞は、私が生涯で初めて意識をして見た競馬のレースでした。競馬者としての歩みを始めた、忘れることが出来ない大切なレースです。

*

1980年代に生まれたJRA賞年度代表馬の中では、最も近時まで存命だったミホノブルボン。

菊花賞で見た栗毛の流星の姿。

ミホノブルボン、生涯忘れない名馬の1頭です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ミホノブルボン(1989.4.25)の主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、皐月賞(GI)、朝日杯3歳S(GI)、京都新聞杯(GII)、スプリングS(GII)
  2. 菊花賞(GI)

通算8戦7勝、2着1回。

#2023年02月12日(日)記事改め。

20世紀の名馬 第17位 ミホノブルボン
20世紀の名馬 第17位 ミホノブルボン 「ウホッ、いい筋肉……」「走らないか」   競馬動画→mylist/7354219
ミホノブルボン(1989.4.25)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.15)-
ミホノブルボン 牡 栗毛 1989.4.25生~2017.2.22没 門別町・原口圭二氏生産 馬主・(有)ミホノインターナショナル 栗東・戸山為夫厩舎→松元茂樹厩舎