リメイク(2019.4.18)&ウインエクレール(2019.3.31)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.26)-

リメイク 牡 栗毛 2019.4.18生 新冠町・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田 幸治氏 栗東・新谷 功一厩舎

リメイク(2019.4.18)の4代血統表
ラニ
芦毛 2013.2.22
種付け時活性値:1.25【5】
Tapit
芦毛 2001.2.27
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled 1987.3.5
Ruby Slippers 1982.3.18
ヘヴンリーロマンス
鹿毛 2000.3.5
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ファーストアクト
鹿毛 1986.5.16
Sadler’s Wells 1981.4.11
Arkadina 1969.3.21
サリエル
鹿毛 2007.2.7
仔受胎時活性値:0.75【11】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.25【5】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シンコウノビー
栗毛 1995.3.2
仔受胎時活性値:0.75【11】
★Nashwan
栗毛 1986.3.1
種付け時活性値:0.00【8】
Blushing Groom 1974.4.8
Height of Fashion 1979.4.14
Christabelle
栗毛 1983.3.7
仔受胎時活性値:0.75【11】
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:1.25【21】
Where You Lead
栗毛 1970.4.23
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer4×5、Raise a Native5×5(母方)>

リメイク(2019.4.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ラニ
(A.P. Indy系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Nashwan
(Blushing Groom系)
Northern Dancer
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ラニ 3.25 母がGIII3着馬
(No. 14-f)
6番仔
(6連産目)

*

2022年の端午S(OP。阪神ダート1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 リメイク 牡3 57 福永 祐一 1:23.2 5-5 35.3 478
[-2]
新谷 功一 1
2 5 ジレトール 牡3 56 川田 将雅 1:23.5 2 2-2 35.9 472
[-8]
松永 幹夫 3
3 3 ファーンヒル 牡3 56 武 豊 1:23.6 1/2 5-5 35.7 458
[+2]
清水 久詞 9
4 11 カセノダンサー 牝3 54 石橋 脩 1:23.7 1/2 1-1 36.1 472
[-2]
中尾 秀正 7
5 4 グットディール 牡3 56 C.ルメール 1:23.7 クビ 8-8 35.5 492
[0]
須貝 尚介 4

2022年の端午S。過去の勝ち馬を辿ればレギュラーメンバー(1997.6.16)ゴールドアリュール(1999.3.3)カネヒキリ(2002.2.26)サクセスブロッケン(2005.5.5)グレープブランデー(2008.4.11)、ハタノヴァンクール(2009.5.16)、ホワイトフーガ(2012.3.28)等の姿が見える、平年は京都ダート1400mで行われるオープン特別。

そんな端午Sの2022年の一戦、11頭立ての阪神ダート1400mを制したのは戦前1番人気のリメイク。道中5~6番手を進み、直線で前が開いた後の余裕しゃくしゃくな感じが「あ、この馬、強い」と思わせる走りぶり。福永祐一騎手の左ムチが一発二発と飛ぶと、それに応えたリメイク、前走昇竜S(OP)のリプレイとばかりに先に抜け出していたジレトール(2019.4.22) 、サンビスタ(2009.3.18)の息子をアッと言う間に捉えて2馬身差の快勝。

リメイク(2019.4.18)&プルパレイ(2019.2.10)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.20)-
リメイク 牡 栗毛 2019.4.18生 新冠町・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田 幸治氏 栗東・新谷 功一厩舎プルパレイ 牡 鹿毛 2019.2.10生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(株)Gリビエール・レーシング 栗東・須貝 尚介厩舎

昨年2021年10月のデビュー以来ダート1400mのみ使われて来たリメイク、今年2月の東京の1勝クラス、3月の中京の昇竜S、そして5月の阪神の端午Sと3連勝。栗毛が眩く煌めくリメイク、ダート界の逸材、この後の進路を楽しみにしたいと思います。

*

ウインエクレール 牝 鹿毛 2019.3.31生 新冠町・コスモヴューファーム生産 馬主・(株)ウイン 美浦・畠山 吉宏厩舎

ウインエクレール(2019.3.31)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.00【16】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
サマーエタニティ
芦毛 2005.4.17
仔受胎時活性値:1.25【13】

アドマイヤコジーン
芦毛 1996.4.8
種付け時活性値:0.00【8】
Cozzene
芦毛 1980.5.8
Caro 1967.4.11
Ride the Trails 1971.5.28
アドマイヤマカディ
栗毛 1991.6.12
ノーザンテースト 1971.3.15
ミセスマカディー 1974.3.10
オールフォーゲラン
黒鹿毛 1993.5.15
仔受胎時活性値:0.75【11】
ジェイドロバリー
黒鹿毛 1987.3.14
種付け時活性値:1.25【5】
★Mr. Prospector 1970.1.28
Number 1979.5.5
ミスゲラン
鹿毛 1981.5.3
仔受胎時活性値:0.75【11】
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.50【6】
ゲラン
栗毛 1964.5.30
仔受胎時活性値:2.00【16】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、Nijinsky5×5(母方)>

ウインエクレール(2019.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
アドマイヤコジーン
(フオルテイノ系)
ジェイドロバリー
(Mr. Prospector系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
マルゼンスキー
(Quill)
4.75 半兄ウインブライト
(No. 18 ミスブゼン系)
7番仔
(不受胎後)

*

2022年のスイートピーS(L。東京芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 ウインエクレール 牝3 54 M.デムーロ 1:48.9 3-2-3 36.4 470
[+6]
畠山 吉宏 1
2 9 コントディヴェール 牝3 54 菅原 明良 1:49.1 1 1/2 10-9-10 35.6 464
[-2]
清水 久詞 6
3 6 ラリベラ 牝3 54 松本 大輝 1:49.7 3 1/2 6-6-5 36.8 444
[-14]
安田 隆行 8
4 8 ローブエリタージュ 牝3 54 横山 武史 1:50.0 1 1/2 6-7-7 36.9 396
[0]
手塚 貴久 3
5 2 グランスラムアスク 牝3 54 古川 奈穂 1:50.0 クビ 1-1-1 37.8 446
[-2]
矢作 芳人 5

2022年のスイートピーS。過去の勝ち馬を辿ればカワカミプリンセス(2003.6.5)の名前が燦然と輝く、東京芝1800mで行われる優駿牝馬(GI)トライアルのリステッドレース。

そんなスイートピーSの2022年の一戦を制したのは、戦前1番人気のウインエクレール。雨、稍重の10頭立てを道中3番手あたりで進めると、直線も上手く最内を突いて鋭進。最後は最後方から末脚を発揮したコントディヴェール(2019.4.13)が差し迫りましたが、抜け出していたウインエクレールを脅かすには至らず。「府中千八展開要らず」という実力を試されるコースにおいて、良血馬が今年1月の中山芝1600mの新馬戦以来の2勝目を収めたという結果でした。

ウインエクレールについては、プレサージュリフト(2019.4.25)が制したクイーンC(GIII)の折に

マテンロウレオ(2019.4.22)&プレサージュリフト(2019.4.25)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.15)-
マテンロウレオ 牡 黒鹿毛 2019.4.22生 新ひだか町・猪野毛牧場生産 馬主・寺田 千代乃氏 栗東・昆 貢厩舎プレサージュリフト 牝 黒鹿毛 2019.4.25生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・木村 哲也厩舎

#実のところクイーンCではウインブライト(2014.5.12)の妹を応援していました。ウインエクレール(2019.3.31)、まだ馬が若い感じがしましたし、兄が本当の良さを見せたのは古馬になってからでしたので、これからの成長に期待したいと思います。

と記していました。ともあれ、やっぱり「これから」という感は変わらず、陣営もこの兄妹を熟知されていますので、優駿牝馬については出走せずに札幌開催の芝1800mを次走に見据えられている模様。この牝系は非根幹距離上手と思いますし、その上で2000mもこなせる地力がある。ウインブライトの妹、ゆっくり階段を登って行って、秋にはGI大舞台での快走を期待したいと思います。ウインエクレール、その馬名意味は「冠名+閃光(仏)」ということです。

#贔屓目があるのでしょう。分かっています。なんだか応援したくなるのです。サマーエタニティの仔は。このきょうだいの主戦を務める松岡正海騎手も含めて^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。