2020年のクラシック候補生を確認する(No.30)-バビット(2017.5.1)+コントレイル(2017.4.1)-

バビット 牡 栗毛 2017.5.1生 浦河・大北牧場生産 馬主・宮田直也氏 栗東・浜田多実雄厩舎

バビット(2017.5.1)の4代血統表
ナカヤマフェスタ
鹿毛 2006.4.5
種付け時活性値:0.50【10】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
ディアウィンク
鹿毛 1998.5.27
タイトスポット
鹿毛 1987.2.24
His Majesty 1968.4.15
Premium Win 1981.4.26
セイレイ
鹿毛 1991.4.14
デインヒル 1986.3.26
センスオブリズム 1984.4.17
アートリョウコ
栗毛 2011.3.10
仔受胎時活性値:1.25【5】

タイキシャトル
栗毛 1994.3.23
種付け時活性値:0.00【16】
Devil’s Bag
鹿毛 1981.2.9
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
ウェルシュマフィン
鹿毛 1987.3.15
Caerleon 1980.3.27
Muffitys 1982.3.7
グランスオークス
鹿毛 1990.3.3
仔受胎時活性値:1.00【20】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.00【12】
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Dry Fly
鹿毛 1977.5.8
仔受胎時活性値:1.00【12】
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
種付け時活性値:0.00【8】
Gay Missile
鹿毛 1967.3.27
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Halo4×4>

バビット(2017.5.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ナカヤマフェスタ
(サンデーサイレンス系)
タイキシャトル
(Halo系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Mill Reef
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Nureyev
(グランスオークス)
3.50 大伯父フオテイテン
(No. 3-l)
2番仔
(2連産目)

*

2020年の第74回朝日杯セントライト記念(GII。中山芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6 バビット 牡3 56 内田 博幸 2:15.0   1-1-1-1 37.0 462
[+8]
浜田 多実雄 4
2 9 サトノフラッグ 牡3 56 戸崎 圭太 2:15.3 1 1/2 7-7-6-2 36.5 486
[-2]
国枝 栄 1
3 7 ガロアクリーク 牡3 56 川田 将雅 2:15.4 1/2 3-3-3-2 37.0 502
[+4]
上原 博之 2
4 2 ラインハイト 牡3 56 北村 友一 2:15.6 1 1/4 6-6-6-5 36.9 472
[+10]
石坂 正 9
5 10 ヴァルコス 牡3 56 三浦 皇成 2:15.6 アタマ 9-8-8-7 36.5 496
[-2]
友道 康夫 5

伊達や酔狂でラジオNIKKEI賞(GIII)を5馬身差で逃げ切っていた訳ではありません。バビット、朝日杯セントライト記念も逃げてペースを作り後続を完封。これで2020年は4月の未勝利戦(福島芝2000m)、5月の早苗賞(新潟芝1800m)、7月のラジオNIKKEI賞(福島芝1800m)、そして9月の朝日杯セントライト記念(中山芝2200m)と4戦4勝。通算でも6戦4勝、2着2回。100%連対のまま臨む、京都芝3000mの菊花賞(GI)。「別路線からの挑戦者」の怖さを見せてくれるでしょうか。ブルードメアサイアーに短距離で活躍した馬を持ち、セントライト記念勝ちから菊花賞に臨んだ馬といえば、キタサンブラック(2012.3.10)を思うところ。バビット、三冠最終戦が楽しみです。

*


コントレイル 牡 青鹿毛 2017.4.1生 新冠・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田晋二氏 栗東・矢作芳人厩舎

コントレイル(2017.4.1)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50【14】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
ロードクロサイト
芦毛 2010.4.17
仔受胎時活性値:1.50【6】

Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
種付け時活性値:0.00【16】
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
Caro 1967.4.11
Lucky Spell 1971.1.28
Folklore
鹿毛 2003.2.26
仔受胎時活性値:1.50【6】
Tiznow
鹿毛 1997.3.12
種付け時活性値:1.25【5】
Cee’s Tizzy 1987.4.21
Cee’s Song 1986.3.20
Contrive
黒鹿毛 1998.1.24
仔受胎時活性値:1.00【4】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50【14】
Jeano
鹿毛 1988.3.12
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Fappiano4×5(母方)>

コントレイル(2017.4.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
★Unbridled’s Song
(Mr. Prospector系)
Tiznow
(Intent系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 4.25 祖母が米GI2勝馬
(No. 1-s)
3番仔
(3連産目)

*

2020年の第68回神戸新聞杯(GII。中京芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 コントレイル 牡3 56 福永 祐一 2:12.5   8-7-8-6 35.6 460
[0]
矢作 芳人 1
2 18 ヴェルトライゼンデ 牡3 56 池添 謙一 2:12.8 2 14-14-15-16 35.4 488
[+2]
池江 泰寿 3
3 5 ロバートソンキー 牡3 56 伊藤 工真 2:12.8 クビ 12-12-13-10 35.7 474
[-8]
林 徹 14
4 11 ディープボンド 牡3 56 和田 竜二 2:13.0 1 2-2-3-3 36.4 490
[+6]
大久保 龍志 4
5 13 ターキッシュパレス 牡3 56 富田 暁 2:13.1 3/4 8-9-8-10 36.0 468
[-8]
昆 貢 17

伊達や酔狂で無敗の二冠馬になれるものではない。新馬、東京スポーツ杯2歳S(GIII)ホープフルS(GI)皐月賞(GI)東京優駿(GI)、神戸新聞杯。6戦6勝で向かう先は、シンボリルドルフ(1981.3.13)、そして父ディープインパクトに続いて史上3頭目の「無敗の三冠馬」を遂げるべく菊花賞。コントレイル、三冠最終戦が本当に楽しみです。

バビットとコントレイル。並べて書いてみて、そしてバビットの母父タイキシャトルの血統を思い出してみて「あぁ、タイキシャトルの曾祖母もContrailやったなぁ」と。飛行機雲を先祖に持つバビット、そして飛行機雲そのもののコントレイル。競演の舞台となる第81回菊花賞、京都芝3000mは2020年10月25日の日曜日、15時40分発走です。

*

そんな訳で「伊達や酔狂」で始まる一文で揃えてきた、2020年秋の3歳限定GIレースにおける前哨戦の勝ち馬たち4頭。その4代血統構成を改めて確認しておきますと、

2020年秋の3歳限定GIレースにおける前哨戦の勝ち馬たち4頭
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
GI コントレイル
(2017.4.1)
[1-s]
3番仔
(3連産目)
[4.25]
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
★Unbridled’s Song
(Mr. Prospector系)
Tiznow
(Intent系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
GII バビット
(2017.5.1)
[3-l]
2番仔
(2連産目)
[3.50]
ナカヤマフェスタ
(サンデーサイレンス系)
タイキシャトル
(Halo系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Mill Reef
(Never Bend系)
GII マルターズディオサ
(2017.2.7)
[23-b]
5番仔
(流産後)
[5.00 or 3.00]
キズナ
(サンデーサイレンス系)
★Grand Slam
(Mr. Prospector系)
スピニングワールド
(Nureyev系)
ジェネラス
(Nijinsky系)
GII リアアメリア
(2017.2.21)
[A1]
2番仔
(2連産目)
[6.50]
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
★Rockport Harbor
(Mr. Prospector系)
Mr. Greeley
(Mr. Prospector系)
Polish Numbers
(Danzig系)

4頭いずれも「父がサンデーサイレンス系種牡馬+母父がミニモの遺伝」の組み合わせ。トライアル勝ち馬たち、本番の走りも期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。