2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

シャフリヤール(2018.4.13)-第88回東京優駿(GI)の勝ち馬-

Result

シャフリヤール 牡 黒鹿毛 2018.4.13生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・藤原英昭厩舎

シャフリヤール(2018.4.13)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.75【15】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ドバイマジェスティ
黒鹿毛 2005.3.19
仔受胎時活性値:1.00【12】
Essence of Dubai
黒鹿毛 1999.3.7
種付け時活性値:1.25【5】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Epitome
鹿毛 1985.4.21
Summing 1978.4.16
Honest and True 1977.2.4
Great Majesty
黒鹿毛 1990.4.2
仔受胎時活性値:1.50【14】
Great Above
黒鹿毛 1972.1.19
種付け時活性値:0.25【17】
Minnesota Mac 1964.4.26
Ta Wee 1966.3.26
Mistic Majesty
鹿毛 1978.5.22
仔受胎時活性値:0.75【11】
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
種付け時活性値:0.25【9】
Necaras Miss
栗毛 1968.4.26
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:なし>

シャフリヤール(2018.4.13)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Essence of Dubai
(Seattle Slew系)
Great Above
(Rough’n Tumble系)
His Majesty
(Ribot系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ディープインパクト
(サンデーサイレンス)
3.50全兄アルアイン
(No. 2-s)
6番仔
(2連産目)

*

2021年の第88回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
110シャフリヤール牡357福永 祐一2:22.57-7-11-933.4444
[-4]
藤原 英昭4
21エフフォーリア牡357横山 武史2:22.5ハナ3-4-9-933.4510
[+6]
鹿戸 雄一1
311ステラヴェローチェ牡357吉田 隼人2:22.71 1/413-14-13-1233.4488
[-12]
須貝 尚介9
413グレートマジシャン牡357戸崎 圭太2:22.7ハナ13-11-9-933.6478
[+4]
宮田 敬介3
516サトノレイナス牝355C.ルメール2:22.7ハナ7-4-2-234.0474
[0]
国枝 栄2

2021年の第88回東京優駿。シャフリヤールと福永祐一騎手、東京優駿レコードとなる東京芝2400m2分22秒5での決着、最後は「ハナ」だけ先んじていました。出走17頭中最軽量の馬体重444kgだったシャフリヤール、ナリは小さくとも馬名意味の「偉大な王(ペルシャ語)」たるべく、2018年生まれ世代の王として君臨しました。福永祐一騎手は第85回のワグネリアン(2015.2.10)、第87回のコントレイル(2017.4.1)に続いて東京優駿3勝目かつ史上3人目となる「東京優駿連覇」を果たした騎手となられました。福永騎手は東京芝2400mのクラシックで「味」を見せられます。若き日は優駿牝馬(GI)で、齢重ねてからは東京優駿で。

福永騎手は優駿牝馬について第65回をダイワエルシエーロ(2001.5.11)、第66回をシーザリオ(2002.3.31)、第68回をローブデコルテ(2004.4.28)と、今回の東京優駿と同じように4年間で3勝という荒稼ぎをされていました。ちなみに第67回はフサイチパンドラ(2003.2.27)カワカミプリンセス(2003.6.5)の2着でした。つまりは優駿牝馬4年連続連対(!!)。

そうして、種牡馬ディープインパクトは

第79回日本ダービー(GI)の勝ち馬。 - 中島理論コラムの裏ページ
ディープブリランテ 牡 鹿毛 2009.5.8生 新冠・パカパカファー...
キズナ(2010.3.5)-自分の生まれ日に東京優駿を制した馬を辿る(No.7)-
キズナ 牡 青鹿毛 2010.3.5生 新冠・株式会社ノースヒルズ生産 馬主・前田晋二氏 栗東・佐々木晶三厩舎
第83回東京優駿(GI)の勝ち馬。 - 中島理論コラムの裏ページ
マカヒキ 牡 鹿毛 2013.1.28生 安平・ノーザンファーム生産 ...
第85回東京優駿(GI)の勝ち馬-ワグネリアン(2015.2.10)-
ワグネリアン 牡 鹿毛 2015.2.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・友道康夫厩舎 ワグネリアン(2015.2.10)の4代血統表 ディープインパクト 鹿...
ロジャーバローズ(2016.1.24)-自分の生まれ日に東京優駿を制した馬を辿る(No.8)-
ロジャーバローズ 牡 鹿毛 2016.1.24生 新ひだか・飛野牧場生産 馬主・猪熊広次氏 栗東・角居勝彦厩舎
コントレイル(2017.4.1)-第87回東京優駿(GI)の勝ち馬-
コントレイル 牡 青鹿毛 2017.4.1生 新冠・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田晋二氏 栗東・矢作芳人厩舎

に続いて、シャフリヤールが産駒7頭目の東京優駿制覇と相成りました。この「種牡馬として東京優駿7勝」は、6勝で並んでいたトウルヌソル(1922)、サンデーサイレンスを抜いて単独での最多勝記録となりました。恐れ入谷の鬼子母神ですm(_ _)m

そしてまたシャフリヤールを管理される藤原英昭調教師は、第77回のエイシンフラッシュ(2007.3.27)以来となる東京優駿2勝目。馬主のサンデーレーシングは第78回のオルフェーヴル(2008.5.14)、第79回のディーププリランテ(2009.5.8)、第82回のドゥラメンテ(2012.3.22)に続いて東京優駿4勝目。生産のノーザンファームは第63回のフサイチコンコルド(1993.2.11)、第66回のアドマイヤベガ(1996.3.12)、第68回のジャングルポケット(1998.5.7)、第71回のキングカメハメハ(2001.3.20)、第72回のディープインパクト、第76回のロジユニヴァース(2006.3.11)、第82回のドゥラメンテ、第83回のマカヒキ(2013.1.28)、第84回のレイデオロ(2014.2.5)、第85回のワグネリアンに続いて東京優駿11勝目(!!)。皆様、それぞれにおめでとうございました。

日本で血統登録された2018年生まれ世代のサラブレッド7398頭の頂点に立ったシャフリヤール。偉大な王としての威厳をこれからの競走でも示して欲しいもの。ともあれ東京優駿レコードとなる超抜の時計での決着を走り終えた今、17頭の馬たちが、また次も元気に走る姿を見せてくれますように。相も変わらず祈りを捧げます。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

切ない会話(改)

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

↑の1つ前の投稿で話していた通り、案の定「流れ」は断ち切られてしまいました。

マイシンザン
マイシンザン

「名前を挙げていたシャフリヤールが勝ってくれたから、なんとか面目は保てた」って、このサイトの管理人。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

はい。「でも、やっぱり武史に勝たせてやりたかった」とも言っていました。

マイシンザン
マイシンザン

ああ。俺らを使ってメタ的な発言を繰り返すよな、このサイトの管理人。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

「事の序に3連複の配当8800円は第88回らしい」ですって……。