ウシュバテソーロ(2017.3.4)-第72回川崎記念(JpnI)の勝ち馬-

Result

ウシュバテソーロ 牡 鹿毛 2017.3.4生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・高木 登厩舎

ウシュバテソーロ(2017.3.4)の4代血統表

オルフェーヴル
栗毛 2008.5.14
種付け時活性値:0.00【8】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
ノーザンテースト 1971.3.15
グランマステイーヴンス 1977.2.9
ミルフィアタッチ
鹿毛 2006.1.28
仔受胎時活性値:0.50【10】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.00【4】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シジェームサン
黒鹿毛 1992.2.19
仔受胎時活性値:1.25【13】
Septieme Ciel
鹿毛 1987.4.15
種付け時活性値:1.00【4】
Seattle Slew 1974.2.15
Maximova 1980.4.16
Samalex
鹿毛 1982.1.30
仔受胎時活性値:0.25【9】
Ela-Mana-Mou
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:1.25【5】
Pampas Miss
栗毛 1974.3.7
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×5(父方)>

ウシュバテソーロ(2017.3.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オルフェーヴル
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Septieme Ciel
(Seattle Slew系)
Ela-Mana-Mou
(Fair Trial系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ela-Mana-Mou
(Rose Bertin)
3.75
(【10】+【13】+【9】+【7】)
祖母が米Gレース3勝馬
(No. 9-f)
6番仔
(6連産目)

*

2023年の第72回川崎記念(JpnI。川崎ダート2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ウシュバテソーロ 牡6 57 横山和生 2:16.0   6-5-6-2 39.5 523
[0]
高木登 2
2 3 テーオーケインズ 牡6 57 松山弘平 2:16.1 1/2 5-3-4-4 39.9 493
[-1]
高柳大輔 1
3 1 ニューモニュメント 牡7 57 小崎綾也 2:16.9 4 8-8-9-5 40.2 490
[-2]
小崎憲 5
4 7 テリオスベル 牝6 55 江田照男 2:17.1 1 1-1-1-1 41.2 455
[+1]
田島俊明 7
5 10 ライトウォーリア 牡6 57 矢野貴之 2:18.0 4 2-2-2-3 41.9 490
[-1]
内田勝義 6
2023年の第72回川崎記念(GI。ダート2100m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
6.8 – 11.3 – 12.5 – 13.5 – 12.6 – 13.1 – 13.8 – 12.3 – 13.3 – 13.7 – 13.1
ラップの
累計タイム
6.8 – 18.1 – 30.6 – 44.1 – 56.7 – 1:09.8 – 1:23.6 – 1:35.9 – 1:49.2 – 2:02.9 – 2:16.0
上り 4F 52.4 – 3F 40.1

2017年生まれ世代のダート強者2頭の好勝負。かたや前走東京大賞典(GI)でGI初勝利を遂げたウシュバテソーロ。

ウシュバテソーロ(2017.3.4)-第68回東京大賞典(GI)の勝ち馬-
ウシュバテソーロ 牡 鹿毛 2017.3.4生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・高木 登厩舎

こなたチャンピオンズカップ(GI)帝王賞(JpnI)、JBCクラシック(JpnI)とジーワン3勝のテーオーケインズ(2017.4.27)。

テーオーケインズ(2017.4.27)-第22回JBCクラシック(JpnI)の勝ち馬-
テーオーケインズ 牡 栗毛 2017.4.27生 日高町・ヤナガワ牧場生産 馬主・小笹 公也氏 栗東・高柳 大輔厩舎

3角から4角にかけて上手く内に潜り込んだウシュバテソーロ、直線で先に抜け出すといつもの通りメンバー最速の末脚を発揮。脚を伸ばす様から楽勝かと思いましたが、ライバルもさる者。直線では外を回る格好になったテーオーケインズでしたが、徐々に追い詰めた姿がジーワン3勝の力量馬。最後は3着以降を引き離した2頭のマッチレース、決勝点、半馬身差で先着を果たしたのはウシュバテソーロ。初対決となった同世代のテーオーケインズを下しての見事なジーワン連勝劇で4連勝を飾ったのでした。

*

オルフェーヴル産駒が大活躍! デビューから7年連続のGI級競走制覇を達成 | 競馬ニュース - netkeiba.com
1日、ウシュバテソーロ(牡6、美浦・高木登厩舎)が川崎記念(JpnI)を勝利。これにより、オルフェーヴル産駒は初年度産駒がデビューした2017年から7年連続のGI級競走制覇を達成した。 オルフェーヴ… No.1競馬情報サイト「netkeib...

ウシュバテソーロの川崎記念制覇により、産駒がデビューした2017年から2023年まで7年連続でジーワン競走勝ち。GI4勝の「名花」ラッキーライラック(2015.4.3)、父仔2代の皐月賞(GI)馬エポカドーロ(2015.2.15)、ブリーダーズカップ・ディスタフ(GI)勝ちで世界の度肝を抜いたマルシュロレーヌ(2016.2.4)、牡牝混合のかしわ記念(JpnI)を制したショウナンナデシコ(2017.2.6)、そして本稿の主役ウシュバテソーロ。

ラッキーライラック(2015.4.3)-第45回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬-
ラッキーライラック 牝 栗毛 2015.4.3生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松永幹夫厩舎
第78回皐月賞(GI)の勝ち馬
エポカドーロ 牡 黒鹿毛 2015.2.15生 新ひだか・田上徹氏生産 馬主・(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 栗東・藤原英昭厩舎 エポカドーロ(2015.2.15)の4代血統表 オルフェーヴル 栗毛 2008.5.14 種付け時活性値...
マルシュロレーヌ(2016.2.4)-第38回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-
マルシュロレーヌ(Marche Lorraine) 牝 鹿毛 2016.2.4生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・矢作 芳人厩舎
ショウナンナデシコ(2017.2.6)-第34回かしわ記念(JpnI)の勝ち馬-
ショウナンナデシコ 牝 栗毛 2017.2.6生 日高町・天羽牧場生産 馬主・国本 哲秀氏 栗東・須貝 尚介厩舎

「金色の三冠馬」オルフェーヴル、種牡馬としてもサスガというところです。

オルフェーヴル(2008.5.14)-三冠馬を辿る(No.7)-
オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

*

東京大賞典と川崎記念を連勝したのはわずか5頭 ウシュバテソーロの実力に疑いなし | 競馬ニュース - netkeiba.com
2月1日に川崎競馬場で行われた川崎記念(4歳上・JpnI・ダ2100m)。レースは、横山和生騎手騎乗の2番人気ウシュバテソーロが1番人気テーオーケインズに半馬身差をつけ勝利した。 ウシュバテソーロは… No.1競馬情報サイト「netkeib...

現行の施行距離となった東京大賞典と川崎記念で連勝を果たしたのはアブクマポーロ(1992.2.27)アジュディミツオー(2001.6.2)カネヒキリ(2002.2.26)スマートファルコン(2005.4.4)ホッコータルマエ(2009.5.26)、そしてウシュバテソーロの6頭。超強力なダートのスターホースの先達に、ウシュバテソーロも続いて欲しいと願うばかりです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。