ミックファイア(2020.4.5)-第69回東京ダービーの勝ち馬-

Result

ミックファイア 牡 鹿毛 2020.4.5生 新ひだか町・高橋ファーム生産 馬主・星加 浩一氏 大井・渡辺 和雄厩舎

ミックファイア(2020.4.5)の4代血統表

シニスターミニスター
鹿毛 2003.3.29
種付け時活性値:0.00【16】
Old Trieste
栗毛 1995.3.2
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Lovlier Linda
栗毛 1980.5.17
Vigors 1973
Linda Summers 1967.2.28
Sweet Minister
鹿毛 1997.4.3
The Prime Minister
鹿毛 1987.4.15
Deputy Minister 1979.5.17
Stick to Beauty 1973.4.17
Sweet Blue
黒鹿毛 1985.4.15
Hurry Up Blue 1977.5.16
Sugar Gold 1980.4.22
マリアージュ
栗毛 2005.4.3
仔受胎時活性値:1.50【14】
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:0.75【19】
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley’s Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
アーミールージュ
鹿毛 1999.5.24
仔受胎時活性値:1.25【5】
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:1.00【20】
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
All Along
鹿毛 1979.4.17
仔受胎時活性値:0.75【19】
★ターゴワイス
黒鹿毛 1970.4.10
種付け時活性値:0.00【8】
Agujita
鹿毛 1966.2.18
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5>

ミックファイア(2020.4.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★シニスターミニスター
(A.P. Indy系)
ブライアンズタイム
(Roberto系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
ターゴワイス
(Round Table系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Miswaki
(Mr. Prospector)
4.50
(【14】+【5】+【19】+【12】)
曾祖母が凱旋門賞馬
(No. 1-d)
8番仔
(8連産目)

*

2023年の第69回東京ダービー(大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12 ミックファイア 牡3 56 御神本訓史 2:04.8 2-2-2-1 37.0 483
[+1]
渡辺和雄 1
2 3 ヒーローコール 牡3 56 森泰斗 2:06.0 6 7-6-3-3 38.1 492
[-1]
小久保智 2
3 6 ナンセイホワイト 牡3 56 笹川翼 2:06.3 1.3/4 5-5-5-4 37.8 500
[-1]
米田英世 4
4 2 サベージ 牡3 56 石崎駿 2:06.6 1.1/2 15-13-6-6 37.8 507
[+4]
森下淳平 3
5 13 オピニオンリーダー 牡3 56 矢野貴之 2:06.7 クビ 6-8-8-8 37.5 455
[-9]
澤佳宏 5
2023年の第69回東京ダービー(ダート2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3 – 12.2 – 13.0 – 13.2 – 13.0 – 12.2 – 11.9 – 12.6 – 11.9 – 12.5
ラップの
累計タイム
12.3 – 24.5 – 37.5 – 50.7 – 1:03.7 – 1:15.9 – 1:27.8 – 1:40.4 – 1:52.3 – 2:04.8
上り 4F 48.9 – 3F 37.0

第69回東京ダービー。14回目の騎乗で東京ダービー初制覇となった御神本訓史騎手曰くとんでもないスケールの馬。ミックファイア、南関東勢どうしの東京ダービーとしては最後の開催となる第69回を6馬身差の圧勝。その勝ち時計2分4秒8は大井ダート2000mで施行された東京ダービーのレースレコード。アジュディミツオー(2001.6.2)以来19年ぶりとなる無敗の南関東二冠を達成したミックファイア、その二冠は共に「2着に1秒2差の6馬身差かつレースレコード」という、ただただ速く強い走りぶりでした。一冠目の羽田盃に続いて連続2着だったヒーローコール(2020.5.2)は「相手が悪かった」としか言いようがありません。ええ、羽田盃も東京ダービーも、番手先行から4角先頭、なおかつ上がり3ハロン最速の脚を使われては……、ですねm(_ _)m

ミックファイア(2020.4.5)-第68回羽田盃の勝ち馬-
ミックファイア 牡 鹿毛 2020.4.5生 新ひだか町・高橋ファーム生産 馬主・星加 浩一氏 大井・渡辺 和雄厩舎

ミックファイアの父シニスターミニスターは現役時代に米国で2勝を挙げ、その主な勝ち鞍にトヨタ自動車のスポンサードでも知られるブルーグラスS(米GI)があります。

キーンランド・ダート9ハロンのGIレースを「12馬身と4分の3馬身差勝ち」という強烈な一発で繁殖界への挑戦権を得たシニスターミニスター。私の中の勝手な競馬格言に「左回りのシニスターミニスター」というのがありまして、北米伝来の血が凝縮されたシニスターミニスターは、仔も左回り得手の印象を持っています。JRA重賞及びダートグレード競走を制した代表産駒を確認してみますと、

  1. テーオーケインズ(2017.4.27)
    →チャンピオンズカップ(GI)、JBCクラシック(JpnI)、帝王賞(JpnI)、平安S(GIII)、アンタレスS(GIII)ほか
  2. ヤマニンアンプリメ(2014.4.5)
    →JBCレディスクラシック(JpnI)、クラスターC(JpnIII)、北海道スプリントC(JpnIII)ほか
  3. ドライスタウト(2019.3.21)
    →全日本2歳優駿(JpnI)ほか
  4. マイネルバサラ(2013.3.27)
    →浦和記念(JpnII)ほか
  5. ハヤブサマカオー(2015.3.3)
    →兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)
  6. グランブリッジ(2019.4.29)
    →エンプレス杯(JpnII)、関東オークス(JpnII)、TCK女王盃(JpnIII)、ブリーダーズGC(JpnIII)ほか
  7. インカンテーション(2010.3.24)
    →武蔵野S(GIII)、マーチS(GIII)、平安S(GIII)、みやこS(GIII)、レパードS(GIII)、白山大賞典(JpnIII)ほか
  8. キングズガード(2011.4.21)
    →プロキオンS(GIII)ほか
  9. ゴールドクイーン(2015.3.22)
    →かきつばた記念(JpnIII)、葵S(重賞)ほか
  10. コーラルツッキー(2017.4.23)
    →エーデルワイス賞(JpnIII)
  11. ラッキードリーム(2018.5.9)
    →JBC2歳優駿(JpnIII)ほか。北海優駿、北斗盃、王冠賞を制して史上6頭目のホッカイドウ競馬3歳三冠を達成

まま、左回りでも右回りでも強い仔ばっかりなのですが、上位3頭はいずれも左回りのGI級競走を制した馬たちですので、印象が強くなるのかも知れません。ともあれデビュー以来5戦すべて大井の右回りで走っているミックファイアの、左回りでの走りも見てみたいもの。どうなんでしょうね、0の理論的にはシニスターミニスターが16歳時交配のミニモの遺伝を受けているミックファイアですけれど、やっぱり回りの左右関係なしに強そうです(^^)

ミックファイア、5戦5勝の負け無しで向かう次の舞台は1ヶ月後、同じ大井ダート2000m、レース名称としては最後の「ジャパンダートダービー」でしょう。しっかし、2020年生まれ世代のダート路線は役者が揃っていますね。ミックファイアの他にもデルマソトガケ(2020.4.28)、ミトノオー(2020.4.24)、マンダリンヒーロー(2020.3.20)、ユティタム(2020.4.5)、ヤマニンウルス(2020.5.21)などなど。

デルマソトガケ(2020.4.28)-第23回UAEダービー(GII)の勝ち馬-
デルマソトガケ(Derma Sotogake) 牡 栗毛 2020.4.28生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・浅沼 廣幸氏 栗東・音無 秀孝厩舎
スマートフォルス(2020.5.8)&ミトノオー(2020.4.24)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.27)-
スマートフォルス 牡 鹿毛 2020.5.8生 日高町・(株)スマート生産 馬主・大川 徹氏 栗東・吉村 圭司厩舎ミトノオー 牡 栗毛 2020.4.24生 新ひだか町・築紫 洋氏生産 馬主・ロイヤルパーク 美浦・牧 光二厩舎
コンティノアール(2020.3.7)&マンダリンヒーロー(2020.3.20)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.9)-
コンティノアール 牡 栗毛 2020.3.7生 洞爺湖町・レイクヴィラファーム生産 馬主・ライオンレースホース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎マンダリンヒーロー 牡 青鹿毛 2020.3.20生 新ひだか町・平野牧場生産 馬主・新井 浩明氏 大井・藤田 輝信厩舎
ルガル(2020.3.7)&ユティタム(2020.4.5)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.29)-
ルガル 牡 青鹿毛 2020.3.7生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・江馬 由将氏 栗東・杉山 晴紀厩舎ユティタム 牡 栗毛 2020.4.5生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝 尚介厩舎
ゴールデンハインド(2020.4.25)&ヤマニンウルス(2020.5.21)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.25)-
ゴールデンハインド 牝 芦毛 2020.4.25生 新冠町・ビッグレッドファーム生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・武市 康男厩舎ヤマニンウルス 牡 鹿毛 2020.5.21生 新冠町・錦岡牧場生産 馬主・土井 肇氏 栗東・斉藤 崇史厩舎

砂の駿馬たちが一堂に会する機会、心から楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。