ディープボンド(2017.2.18)-第67回フォワ賞(仏GII)の勝ち馬-

Result

ディープボンド(Deep Bond) 牡 青鹿毛 2017.2.18生 新冠町・村田牧場生産 馬主・前田 晋二氏 栗東・大久保 龍志厩舎

ディープボンド(2017.2.18)の4代血統表
キズナ
青鹿毛 2010.3.5
種付け時活性値:1.50
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
キャットクイル
鹿毛 1990.5.22
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Pacific Princess
鹿毛 1973.5.10
★Damascus 1964.4.14
Fiji 1960
ゼフィランサス
青毛 2008.3.26
仔受胎時活性値:2.00
キングヘイロー
鹿毛 1995.4.28
種付け時活性値:1.00
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard 1969.5.10
Navajo Princess 1974.3.31
グッバイヘイロー
栗毛 1985.2.12
Halo 1969.2.7
Pound Foolish 1979.3.17
モガミヒメ
黒鹿毛 1992.3.22
仔受胎時活性値:1.75
カコイーシーズ
鹿毛 1986.3.7
種付け時活性値:1.25
Alydar 1975.3.23
Careless Notion 1970.3.18
モガミポイント
鹿毛 1985.4.9
仔受胎時活性値:1.50
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:0.50
ポイントメーカー
栗毛 1980.4.21
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Halo4×4、Lyphard4×5、Northern Dancer5×5>

ディープボンド(2017.2.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キズナ
(ディープインパクト系)
キングヘイロー
(Lyphard系)
カコイーシーズ
(Alydar系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キズナ 6.25 従兄ローレルゲレイロ
(No. 1-b セレタ系)
3番仔
(3連産目)

*

2021年の第67回フォワ賞(仏GII。パリロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2ディープボンド 牡4 58 Cristian Demuro 2:31.82 大久保 龍志 5
2 3Broome 牡5 58 Frankie Dettori 1 1/2 A P O’Brien 2
3 4 Iresine せん4 58 Mlle Marie Velon 1 3/4 J-P Gauvin 4
4 5 Skalleti せん6 58 Gerald Mosse 3 1/2 J Reynier 1
5 1 Sublimis せん5 58 Mickael Barzalona 2 A Fabre 3
​ディープボンドがフォワ賞を逃げ切り!オルフェーヴル以来の勝利 | JRA-VAN Ver.World
 現地12日、仏パリロンシャン競馬場にて凱旋門賞の前哨戦にあたるG2フォワ賞(芝2400m)が行われ、日本から参戦したディープボンドが逃げ切り勝ちを収めた。  好スタートからハナを切ったディープボン

2021年の第67回フォワ賞。『あれ、ここは日本?』と思ってしまった1着馬と2着馬の勝負服。しかし、勝負の場所は紛うことなくブローニュの森の中、パリロンシャン競馬場。好発から芝2400mを逃げ切ったのはディープボンド。その馬名意味「深い絆」の通り、「父仔2代の凱旋門賞の前哨戦制覇」は父との深い絆の現れだったのでしょうか。うぉーい、強いぞ、ディープボンド。番手から追ったサンクルー大賞(仏GI)の勝ち馬を完封したその姿。青鹿毛に星1つ、「水色、赤十字襷、赤袖水色三本輪」の勝負服とお揃いの帽子、クリスチャン・デムーロ騎手を背にしたキズナの仔。本当に見事な勝利でした。素晴らしい!!

という訳で、すでに認めていた愛チャンピオンS(GI)や英セントレジャーS(GI)の記事を差し置いて先にアップしてしまった訳ですが、ディープボンド。日本調教馬でフォワ賞を制して本番を迎えた先達を確認すれば、

エルコンドルパサー(1995.3.17)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.18)-
エルコンドルパサー(El Condor Pasa) 牡 黒鹿毛 1995.3.17生~2002.7.16没 米国・Takashi Watanabe生産 馬主・渡邊隆氏 美浦・二ノ宮敬宇厩舎
オルフェーヴル(2008.5.14)-三冠馬を辿る(No.7)-
オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

エルコンドルパサー(1995.3.17)、オルフェーヴル(2008.5.14)の2頭。日本風に言えば、先達は本番で必ず連対を果たしている結果ではあります。むぅディープボンド、もう2着はいいので、連対を果たすよりも「上」のことをやってしまってください。そしてまた、生き物は親を超えていくもの。前哨戦で父仔の絆は見せてくれましたから、ディープボンド、どうぞお父さんを超えてしまってください。3週間後、10月3日の第100回凱旋門賞(仏GI)、ただただ期待しています(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。