第45回クイーンエリザベス2世カップ(香GI)の勝ち馬-ウインブライト(2014.5.12)-

Result

ウインブライト(Win Bright) 牡 芦毛 2014.5.12生 新冠・コスモヴューファーム生産 馬主・(株)ウイン 美浦・畠山吉宏厩舎

ウインブライト(2014.5.12)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサツシユ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサツシユ 1966
サマーエタニティ
芦毛 2005.4.17
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

アドマイヤコジーン
芦毛 1996.4.8
種付け時活性値:0.00
Cozzene
芦毛 1980.5.8
Caro 1967.4.11
Ride the Trails 1971.5.28
アドマイヤマカディ
栗毛 1991.6.12
ノーザンテースト 1971.3.15
ミセスマカディー 1974.3.10
オールフォーゲラン
黒鹿毛 1993.5.15
仔受胎時活性値:0.75
ジェイドロバリー
黒鹿毛 1987.3.14
種付け時活性値:1.25
★Mr. Prospector 1970.1.28
Number 1979.5.5
ミスゲラン
鹿毛 1981.5.3
仔受胎時活性値:0.75
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.50
ゲラン
栗毛 1964.5.30
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×4、Nijinsky5×5(母方)>

ウインブライト(2014.5.12)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
★アドマイヤコジーン
(フオルテイノ系)
ジェイドロバリー
(Mr. Prospector系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
マルゼンスキー
(ミスゲラン)
5.50 or 3.50全姉ウインファビラス
(No. 18 ミスブゼン系)
4番仔
(4連産目)

*

2019年の第45回クイーンエリザベス2世カップ(香GI。シャティン芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
14ウインブライト牡557.2松岡 正海1:58.81畠山 吉宏10
21Exultantせん557.2Zac Purton3/4A S Cruz1
312リスグラシュー牝555.3Oisin Murphyクビ矢作 芳人2
43Glorious Foreverせん557.2K C Leung3/4F C Lor6
55Pakistan Starせん657.2Matthew ChadwickクビP O’Sullivan6

2019年の第45回クイーンエリザベス2世カップ。

https://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=43165

今回は自分がこれまで騎手として経験してきたことの集大成だと思ってます。と述べられていた松岡正海騎手、ウインブライトの力を信じ続けた結果が、香港の舞台でのGI初勝利。そうして走り終えてみれば、シャティン芝2000mのコースレコードとなる1分58秒81の快時計勝ち。ウインブライトは中山記念(GII)2回、スプリングS(GII)、中山金杯(GIII)、福島記念(GIII)に続いて、Gレース6勝目となり、2019年は3戦3勝。力量馬に真に実が入って、ウインブライト。見事なGI初制覇でした。やはり、伊達や酔狂で前走の中山記念でGI馬5頭をなで斬りにしてないですよね。強い。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、改元後の最初の記事がウインブライトと松岡騎手の記事になって良かったって、言っていました。

マイシンザン
マイシンザン

ああ。最近はコロコロ乗り代わってしまうので、馬人一体の名コンビも少なくなったからな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

浪花節的だとしても、やっぱり馬と人がセットで語られるのは、良いことです。