ラッキーライラック(2015.4.3)-第45回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬-

Result

ラッキーライラック 牝 栗毛 2015.4.3生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松永幹夫厩舎

ラッキーライラック(2015.4.3)の4代血統表
オルフェーヴル
栗毛 2008.5.14
種付け時活性値:1.50【6】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
ノーザンテースト 1971.3.15
グランマステイーヴンス 1977.2.9
ライラックスアンドレース
栗毛 2008.4.6
仔受胎時活性値:1.50【6】
Flower Alley
栗毛 2002.5.7
種付け時活性値:1.25【5】
★Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
フォーティナイナー 1985.5.11
Danzig’s Beauty 1987.3.7
プリンセスオリビア
栗毛 1995.2.20
Lycius 1988.2.29
Dance Image 1990.3.16
Refinement
鹿毛 1994.3.9
仔受胎時活性値:1.25【13】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:0.75【19】
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
ステラマドリッド
鹿毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:1.50【6】
Alydar
栗毛 1975.3.23
種付け時活性値:0.75【11】
My Juliet
黒鹿毛 1972.5.7
仔受胎時活性値:1.50【14】

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト5×4(父方)、Mr. Prospector5×5(母方)>

ラッキーライラック(2015.4.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オルフェーヴル
(Halo系)
Flower Alley
(Mr. Prospector系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Alydar
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
オルフェーヴル 5.75 母が米GI勝ち馬
(No. 6-a)
3番仔
(不受胎後)

*

2020年の第45回エリザベス女王杯(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 18ラッキーライラック 牝5 56 C.ルメール 2:10.3  12-12-11-3 33.9 522
[-2]
松永 幹夫 1
2 13サラキア 牝5 56 北村 友一 2:10.4 クビ 14-14-15-12 33.7 450
[-4]
池添 学 5
3 11ラヴズオンリーユー 牝4 56 M.デムーロ 2:10.4 クビ 11-11-13-8 33.8 486
[0]
矢作 芳人 3
4 12ウインマリリン 牝3 54 横山 武史 2:10.7 1 3/4 3-3-3-6 34.4 460
[-4]
手塚 貴久 9
5 8センテリュオ 牝5 56 戸崎 圭太 2:10.8 3/4 16-16-16-14 33.9 476
[+4]
高野 友和 4

「名花」ラッキーライラック。第23回&第24回のメジロドーベル(1994.5.6)、第28回&第29回のアドマイヤグルーヴ(2000.4.30)、第35回&第36回のSnow Fairy(2007.2.12)に続いて、史上4頭目となるエリザベス女王杯連覇達成。

思い出の女馬を辿る(其の漆)-メジロドーベル(1994.5.6)-
メジロドーベル 牝 鹿毛 1994.5.6生 伊達・メジロ牧場生産 馬主・メジロ商事(株) 美浦・大久保洋吉厩舎
アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)。 - 中島理論コラムの裏ページ
アドマイヤグルーヴ急死(netkeiba.com) アドマ...
Snow Fairy(2007.2.12)
Snow Fairy(スノーフェアリー) 牝 鹿毛 2007.2.12生 愛国・Windflower Overseas Holdings Inc生産 馬主・Anamoine Limited 英国・Ed Dunlop厩舎

ミスカブラヤ(1976.3.31)が制した1979年の第4回以来41年ぶりの阪神開催となった2020年の第45回エリザベス女王杯。ラッキーライラック、大外18番枠ものかは、テン乗りとなったクリストフ・ルメール騎手のエスコートにより馬なりのまま抜け出すと、最後はサラキア(2015.2.5)、ラヴズオンリーユー(2016.3.26)の猛追を「クビ」「クビ」だけ退けたところが決勝点。阪神芝2200mの勝ち時計2分10秒3はエリザベス女王杯のレースレコードであり、阪神競馬場で開催されたGIレースを3勝というのは史上初めてのことでした。

2015年生まれ世代の同期に「目千両」アーモンドアイ(2015.3.10)が居ることにより、悔しい思いをして来たであろうラッキーライラック。けれど、それでも「名花」ラッキーライラック。2歳牝馬王者となり、齢重ねて強さ重ねて、4歳時にエリザベス女王杯を勝ち、5歳時に牡牝混合GIである大阪杯(GI)を制してエリザベス女王杯の連覇を果たす。GI4勝は伊達や酔狂で出来るものではありません。かたや鹿毛の瞳の美しさ、こなた栗毛の流星の麗しさ。2015年生まれ世代、同い年で故郷を共にする名牝2頭。走る姿を目の当たりに出来た我々は幸運であったのでしょう。

第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬
ラッキーライラック 牝 栗毛 2015.4.3生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松永幹夫厩舎 ラッキーライラック(2015.4.3)の4代血統表 オルフェーヴル 栗毛...
第44回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬-ラッキーライラック(2015.4.3)-
ラッキーライラック 牝 栗毛 2015.4.3生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松永幹夫厩舎
第64回大阪杯(GI)の勝ち馬-ラッキーライラック(2015.4.3)-
ラッキーライラック 牝 栗毛 2015.4.3生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松永幹夫厩舎

その馬名意味も「五弁のライラックの花(幸運のシンボル)」であるラッキーライラック。現役としては、恐らく後1レースを走るのみでしょう。昨年2019年の雪辱を果たすべくの香港遠征か、あるいは……。ラッキーライラック、名花のラストランも楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

#余談。第45回エリザベス女王杯の同日、福島記念(GIII)が行われましたが、勝利を収めたのはバイオスパーク(2015.3.27)と池添謙一騎手。バイオスパーク、ラッキーライラックと同じ2015年生まれ世代であると共に、同じオルフェーヴル産駒。そしてまた、オルフェーヴルの主戦であった池添騎手は、史上6人目となるJRA全10競馬場の重賞制覇となりました。2020年11月15日は、ある意味「オルフェーヴル・デー」だったのかも知れません。

#余談の余談。JRA全10競馬場の重賞制覇を遂げたのは、達成順に安田富男、武豊、藤田伸二、横山典弘、秋山真一郎、そして池添謙一の各氏です。