マルシュロレーヌ(2016.2.4)-第38回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-

Result

マルシュロレーヌ(Marche Lorraine) 牝 鹿毛 2016.2.4生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・矢作 芳人厩舎

マルシュロレーヌ(2016.2.4)の4代血統表
オルフェーヴル
栗毛 2008.5.14
種付け時活性値:1.75【7】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
ノーザンテースト 1971.3.15
グランマステイーヴンス 1977.2.9
ヴィートマルシェ
鹿毛 2002.4.16
仔受胎時活性値:1.25【13】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.25【9】
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
キョウエイマーチ
鹿毛 1994.4.19
仔受胎時活性値:1.75【7】
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
種付け時活性値:0.50【10】
Lyphard 1969.5.10
Navajo Princess 1974.3.31
インターシャルマン
鹿毛 1987.3.12
仔受胎時活性値:1.50【6】
ブレイヴエストローマン
鹿毛 1972.5.19
種付け時活性値:1.50【14】
トキノシユリリー
栗毛 1978.4.21
仔受胎時活性値:2.00【8】

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×5(父方)、Northern Dancer5×5×5>

マルシュロレーヌ(2016.2.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オルフェーヴル
(サンデーサイレンス系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
ダンシングブレーヴ
(Lyphard系)
ブレイヴエストローマン
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
オルフェーヴル 6.50 祖母が桜花賞馬
(No. 7-d シユリリー系)
6番仔
(2連産目)

*

2021年の第38回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI。デルマー・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 マルシュロレーヌ 牝5 56.2 Oisin Murphy 1:47.67 矢作 芳人 9
2 11 Dunbar Road 牝5 56.2 Jose L Ortiz ハナ Chad C Brown 7
3 3Malathaat 牝3 54.9 John R Velazquez 1/2 Todd Pletcher 2
4 5 Clairiere 牝3 54.9 Ricardo Santana Jr アタマ Steven Asmussen 5
5 2 Royal Flag 牝5 56.2 Joel Rosario 1/2 Chad C Brown 3

2021年の第38回ブリーダーズカップ・ディスタフ。マルシュロレーヌ、オイシン・マーフィー騎手のエスコートに応えて、日本調教馬初の米国ダートGI制覇の大偉業を達成。故郷を共にする同い年のステーブルメイトであるラヴズオンリーユー(2016.3.26)の歴史的偉業の後、

ラヴズオンリーユー(2016.3.26)-第23回ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(米GI)の勝ち馬
ラヴズオンリーユー(Loves Only You) 牝 鹿毛 2016.3.26生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・DMMドリームクラブ(株) 栗東・矢作 芳人厩舎

もうひとつ、大声が出る歴史的偉業が成されてしまいました。スタート直後「アメリカのダートは速いからついていくのも大変」。向こう正面の3角から4角、まくり気味に進出する姿を見て「あれ。おいおい、良い感じやぞ」。4角先頭から直線「ここまで来たら勝ってしまえ、勝ってしまえ!!」。決勝点で差し返す姿を見て「うわぁ、勝った勝った!!!!」。確証は無かったものの、僅かに先んじているように見えました。そうして確定してみれば、1着マルシュロレーヌ!!!!!!。日本時間の2021年11月7日の日曜日、朝からシビレてしまいました。

矢作厩舎はラヴズオンリーユーが7RのBCフィリー&メアターフを制したのに続き、BC1日2勝の離れ業をやってのけた。矢作師は「もう死んでもいい。何て日だ!」と喜びにひたった。

【BCディスタフ】マルシュロレーヌ日本馬初の米国ダートG1制覇|極ウマ・プレミアム

矢作先生、日本で観戦していた大勢のファンも「なんて日だ!」と思いましたm(_ _)m

マルシュロレーヌは祖父ステイゴールドが香港ヴァーズ(GI)、ドバイシーマクラシック(GII)を勝ち、父オルフェーヴルがフォワ賞(仏GII)2勝であり、「日本調教馬の親仔3代に渡る海外Gレース制覇」という偉業も果たしました。曽祖父サンデーサイレンスの血の恐ろしさを、曽祖父が生まれた米国で見せ付けました。

また、マルシュロレーヌの牝系は7号族d分枝系のシユリリー(1925)系。このいにしえの基礎繁殖牝馬は1930年に下河辺孫一氏が豪州から輸入されたということ。シユリリー系の活躍馬にはクインナルビー(1949.4.13)、オグリキャップ(1985.3.27)&オグリローマン(1991.5.20)兄妹、リンデンリリー(1988.3.16)等が見え、そしてマルシュロレーヌの祖母キョウエイマーチ。同馬は現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍に桜花賞(GI)、ローズS(GII)、報知杯4歳牝馬特別(GII)、京都金杯(GIII)、阪急杯(GIII)と重賞5勝。芝だけではなくダートでもマイルチャンピオンシップ南部杯(統一GI)2着、黒船賞(統一GIII)3着があります。速くて強くてタフな牝馬だったキョウエイマーチ、私にとっても思い出深い名牝。そんなキョウエイマーチの仔ヴィートマルシェは「速く行進する(仏)。父名より仏語、母名より行進(マーチ)を連想」、そして孫マルシュロレーヌは「フランスの行進曲」。キョウエイマーチの血、馬名意味の連想と共に、21世紀に世界の檜舞台で大きく花開きました。

  

成したことが凄すぎて現実味を帯びない中、記事を書いています。日曜日の朝から幸せなふわふわした気分です。有り難う、マルシュロレーヌ。有り難う、ラヴズオンリーユー。有り難う、両馬に関わる周囲の関係者の皆様。馬人皆に、どうぞお疲れが残りませんように。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。