Knicks Go(2016.1.29)-第38回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)の勝ち馬-

Result

Knicks Go(ニックスゴー) 牡 芦毛 2016.1.29生 米国・Angie Moore生産 馬主・Korea Racing Authority 米国・Brad H. Cox厩舎

Knicks Go(2016.1.29)の4代血統表
Paynter
鹿毛 2009.3.4
種付け時活性値:1.50【6】
Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Primal Force
鹿毛 1987.4.27
Blushing Groom 1974.4.8
Prime Prospect 1978.3.20
Tizso
鹿毛 1995.2.16
Cee’s Tizzy
芦毛 1987.4.21
Relaunch 1976.3.16
テイズリー 1981.4.27
Cee’s Song
黒鹿毛 1986.3.20
Seattle Song 1981.2.19
Lonely Dancer 1975.5.29
Kosmo’s Buddy
芦毛 2005.3.1
仔受胎時活性値:0.50【10】
Outflanker
黒鹿毛 1994.4.19
種付け時活性値:0.50【10】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.29
Lassie’s Lady
鹿毛 1981.3.18
Alydar 1975.3.23
Lassie Dear 1974.5.2
Vaulted
芦毛 1989.5.2
仔受胎時活性値:1.75【15】
Allen’s Prospect
鹿毛 1982.5.24
種付け時活性値:1.50【6】
Mr. Prospector 1970.1.28
Change Water 1969.4.7
Aube d’Or
芦毛 1982.3.17
仔受胎時活性値:1.50【6】
Medaille d’Or
栗毛 1976.5.23
種付け時活性値:1.25【5】
Cloudy and Warm
芦毛 1976.2.29
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Mr. Prospector5×4、Raise a Native5×5>

Knicks Go(2016.1.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Paynter
(Deputy Minister系)
Outflanker
(Danzig系)
Allen’s Prospect
(Mr. Prospector系)
Medaille d’Or
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Paynter 5.00
(No. 1-w)
4番仔?

*

2021年の第38回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。デルマー・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5Knicks Go 牡5 57.2 Joel Rosario 1:59.57 Brad H Cox 2
2 8Medina Spirit 牡3 55.3 John R Velazquez 2 3/4 Bob Baffert 4
3 4Essential Quality 牡3 55.3 Luis Saez 3/4 Brad H Cox 1
4 3 Hot Rod Charlie 牡3 55.3 Flavien Prat 1 Doug O’Neill 2
5 7 Stilleto Boy せん3 55.3 Kent J Desormeaux 5 3/4 Ed Moger Jr 8
ニックスゴーがBCクラシックを完勝、前年のダートマイルと合わせ二階級制覇 | JRA-VAN Ver.World
 米ダート競馬の総決算、ブリーダーズカップクラシック(3歳以上、ダート10ハロン)が現地6日にデルマー競馬場で8頭により争われ、ニックスゴー(2番人気タイ)が好スタートから終始1馬身余りのリードで逃げ

2021年の第38回ブリーダーズカップ・クラシック。ブラッド.H.コックス厩舎のステーブルメイト、同じ芦毛の毛色の年少馬Essential Quality(2018.4.9)が日本風に言うと単勝2.9倍の1番人気に推されましたが、そこは年長馬の意地があったのでしょう。Knicks Go、好発から主導権を握るとMedina Spirit(2018.4.5)、Essential Quality、Hot Rod Charlie(2018.4.11)という3歳GI馬たちに対して、ゴールまで先頭を譲ることはありませんでした。

↑で引いたJRA-VAN Ver.Worldの記事の通り、2020年はブリーダーズカップ・ダートマイル(米GI)を制していたKnicks Go、2021年は初挑戦の距離となった10ハロンのブリーダーズカップ・クラシックを見事に逃げ切りました。デルマー・ダート10ハロンの勝ち時計1分59秒57は、Candy Ride(1999.9.27)が持つ1分59秒11のトラックレコードからコンマ46秒差の好タイム。38回の歴史を誇るブリーダーズカップ・クラシックにおいても、第21回のGhostzapper(2000.4.6)の1分59秒02、第14回のSkip Away(1993.4.4)の1分59秒16、第25回のRaven’s Pass(2005.2.17)の1分59秒27、第16回のCat Thief(1996.1.30)の1分59秒52に次ぐ史上5番目の勝ち時計でした。

Knicks Goはブリーダーズカップ・クラシック、ブリーダーズカップ・マイル、ペガサスワールドカップ招待S(米GI)、ホイットニーS(米GI)、ブリーダーズフューチュリティS(米GI)と米GI5勝を引っさげて、2022年から米国はケンタッキー州のテイラーメイドスタリオンズで種牡馬入りとのこと。

BCクラシック有力馬ニックスゴー、引退後はテイラーメイドスタリオンズで種牡馬入り | JRA-VAN Ver.World
 来月の米G1ブリーダーズカップクラシックで有力視されているニックスゴーが、引退後は米ケンタッキー州のテイラーメイドスタリオンズで種牡馬入りすることが発表された。米競馬メディア『bloodhorse.
KNICKS GO - Taylor Made Stallions
The Best Racehorse in the World

日本ではJRAが開催するレース「韓国馬事会杯」でもおなじみの韓国馬事会の持ち馬であるKnicks Go。2歳時にブリーダーズフューチュリティSを制した後、3歳時はスランプに陥ったのか勝つことが出来なかったものの、4歳時にはブリーダーズカップ・ダートマイルを勝ち、5歳時にペガサスワールドカップ招待S、ホイットニーS、そしてブリーダーズカップ・クラシックを勝利。2歳GIを勝てた早さと、ブリーダーズカップ・ダートマイル等のレコード勝ちで見せた速さと、そして4歳時、5歳時と2回の4連勝で強さを重ねたその戦績から、種牡馬としても重宝されるのでしょう。

そんなKnicks Go、ペガサスワールドカップ招待Sを制した際、メリーランド州産馬でその4代血統構成に配されている種牡馬がマイナースタリオンであることに感心したのですが、ウィキペディア日本語版の記事によりますと、

2017年9月のキーンランド・イヤリングセールで韓国馬事会が87,000ドルで落札[2]

本馬は韓国馬事会による「ニックスパターンと血統理論によって優秀な競走馬を厳選する」K-Nicksプログラムの対象馬であり、馬名はそれに由来する[3]

ニックスゴー – Wikipedia

韓国馬事会の慧眼によって見い出されたKnicks Go、種牡馬としてどんなニックスを見せてくれるのでしょうか。繁殖生活でもその活躍を楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。