Vequist(2018.2.6)-第37回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)の勝ち馬-

Result

Vequist(ヴェクイスト) 牝 黒鹿毛 2018.2.6生 米国・Swilcan Stables生産 馬主・Barber, Gary, Wachtel Stable and Swilcan Stable LLC 米国・Robert E. Reid, Jr.厩舎

Vequist(2018.2.6)の4代血統表
Nyquist
鹿毛 2013.3.10
種付け時活性値:1.00【4】
Uncle Mo
鹿毛 2008.3.10
Indian Charlie
鹿毛 1995.3.27
In Excess 1987.4.8
Soviet Sojourn 1989.4.4
Playa Maya
黒鹿毛 2000.4.16
Arch 1995.1.31
Dixie Slippers 1995.2.5
Seeking Gabrielle
栗毛 2007.2.14
Forestry
鹿毛 1996.5.9
Storm Cat 1983.2.27
Shared Interest 1988.1.30
Seeking Regina
栗毛 1992.2.25
Seeking the Gold 1985.4.7
Fulbright Scholar 1985.6.2
Vero Amore
黒鹿毛 2011.2.18
仔受胎時活性値:1.50【6】
Mineshaft
黒鹿毛 1999.5.17
種付け時活性値:0.75【11】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8 ♀
Prospectors Delite
栗毛 1989.3.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Up the Flagpole 1978.5.12
Summers Edge
鹿毛 2006.5.5
仔受胎時活性値:1.00【4】
The Cliff’s Edge
黒鹿毛 2001.4.6
種付け時活性値:1.00【4】
★Gulch 1984.4.16
Zigember 1993.6.1
Miss Summer Reign
鹿毛 1999.2.8
仔受胎時活性値:1.50【6】
Summer Squall
鹿毛 1987.3.12
種付け時活性値:0.75【11】
Sultry Lass
栗毛 1990.4.7
仔受胎時活性値:2.00【8】

<5代血統表内のクロス:Storm Bird5×5、Mr. Prospector5×4×5、Weekend Surprise(♀)4×5>

Vequist(2018.2.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Nyquist
(フオルテイノ系)
Mineshaft
(Seattle Slew系)
The Cliff’s Edge
(Mr. Prospector系)
Summer Squall
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Nyquist 6.00 ミッドサマーフェアと同牝系
(No. 1-o)
3番仔
(3連産目)

*

2020年の第37回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI。キーンランド・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Vequist 牝2 55.3 Joel Rosario 1:42.30 Robert E Reid Jr 5
2 3 Dayoutoftheoffice 牝2 55.3 Junior Alvarado 2 Timothy E Hamm 3
3 5 Girl Daddy 牝2 55.3 Joseph Talamo ハナ Dale Romans 4
4 1 Simply Ravishing 牝2 55.3 Luis Saez ハナ Kenneth McPeek 2
5 7 Princess Noor 牝2 55.3 Victor Espinoza 2 1/2 Bob Baffert 1

2020年の第37回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ。7頭立てと頭数は寂しい一戦となりましたが、ジョエル・ロザリオ騎手にエスコートされたVequist、先行2~3番手から直線は内ラチ沿いの狭い所を抜け出して、決勝点では逃げ粘ったDayoutoftheoffice(2018.2.19)に2馬身差の快勝でした。キーンランド・ダート8.5Fの勝ち時計1分42秒30は、近10年では2014の第31回を制したTake Charge Brandi(2012.2.7)の1分41秒95に次いで速いタイムでした。

↑ロザリオ騎手目線のレース映像。最後の直線でしっかり内を突いて、最短距離を走らせるところに、プロ騎手の技量の高さを目の当たりにします。YouTubeチャンネル「Breeders’ Cup World Championships」は再生リストも豊富ですし、360° VRのライブ中継もカッチリしてくれますし、サスガと唸らされます。

*

2016年の第142回ケンタッキーダービー(米GI)をデビュー以来8連勝で制したNyquist。その初年度産駒であるVequistは9月6日に行われたサラトガ・ダート7FのスピナウェイS(米GI)を制したことにより、産駒初のGI勝ち馬となりました。その後、9月20日に行われたウッドバイン芝8FのサマーS(加GI)を木村和士騎手騎乗のGretzky the Great(2018.5.12)が制して、牡馬産駒初のGI勝ち馬となりました。

Gretzky the Great(2018.5.12)-2020年のサマーS(加GI)の勝ち馬-
Gretzky the Great(グレツキーザグレート) 牡 鹿毛 2018.5.12生 加国・Anderson Farms Ont. Inc.生産 馬主・Eclipse Thoroughbred Partners and Barber, Gary 米国・Mark E. Casse厩舎

初年度産駒からGI勝ち馬2頭を輩出したNyquist。その直父系は、一子相伝的にしぶとく世代交代を果たしています。

  • フオルテイノ(1959.4.19)
    →アベイ・ド・ロンシャン賞など
  • Caro(1967.4.11)
    →仏2000ギニー、イスパーン賞、ガネー賞など
  • Siberian Express(1981.1.25)
    →仏2000ギニー(GI)、モルニ賞(仏GI)の勝ち馬
  • In Excess(1987.4.8)
    →メトロポリタンH(米GI)、サバーバンH(米GI)、ホイットニーH(米GI)、ウッドワードS(米GI)と米GI4連勝
  • Indian Charlie(1995.3.27)
    →サンタアニタダービー(米GI)の勝ち馬。ケンタッキーダービー(米GI)はReal Quiet(1995.3.7)の3着
  • Uncle Mo(2008.3.10)
    →ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)、シャンペンS(米GI)の勝ち馬
  • Nyquist(2013.3.10)
    →ケンタッキーダービー(米GI)、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)、フロリダダービー(米GI)、デルマーフューチュリティ(米GI)、フロントランナーS(米GI)ほか

見ればUncle Mo、Nyquist、そしてVequistと3代続けてのブリーダーズカップ2歳GI制覇と相成りました。仕上がり早が特に好まれるであろう北米において、Uncle MoとNyquistの父仔は重宝され続けるのでしょう。実のところ、今回のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズの出走7頭のうち1着のVequist、3着のGirl Daddy(2018.4.10)、4着のSimply Ravishing(2018.4.8)がUncle Moを直父系先祖に持つ馬たちです。輸入種牡馬フォルティノの直系仔孫の「これから」にも期待したいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。