メイショウハリオ(2017.2.25)-第35回かしわ記念(JpnI)の勝ち馬-

Result

メイショウハリオ 牡 栗毛 2017.2.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・松本 好雄氏 栗東・岡田 稲男厩舎

メイショウハリオ(2017.2.25)の4代血統表
パイロ
黒鹿毛 2005.2.19
種付け時活性値:0.75【11】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Wild Vision
鹿毛 1998.5.16
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
▲Icecapade 1969.4.4
Bushel-n-Peck 1958.3.21
Carol’s Wonder
芦毛 1984.3.15
Pass the Tab 1978.3.29
Carols Christmas 1977.4.10
メイショウオウヒ
黒鹿毛 2008.5.7
仔受胎時活性値:2.00【8】
マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:0.25【9】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society 1982.2.16
Santa Luciana 1973.4.4
アルペンローズ
黒鹿毛 1999.3.31
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
種付け時活性値:1.25【21】
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Amizette
鹿毛 1992.5.23
仔受胎時活性値:1.50【6】
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
種付け時活性値:1.50【6】
Courtly Dee
黒鹿毛 1968.3.8
仔受胎時活性値:1.75【23】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Hail to Reason5×5(母方)>

メイショウハリオ(2017.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
パイロ
(A.P. Indy系)
マンハッタンカフェ
(サンデーサイレンス系)
Kris S.
(Roberto系)
フォーティナイナー
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
フォーティナイナー
(Amizette)
7.25 or 5.25
(【8】+【8】+【6】+【23】)
半弟テーオーロイヤル
(No. A4)
2番仔
(不受胎後)

*

2023年の第35回かしわ記念(JpnI。船橋ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 メイショウハリオ 牡6 57 濱中俊 1:39.3 9-10-9-7 37.2 505
[-3]
岡田稲男 2
2 13 タガノビューティー 牡6 57 石橋脩 1:39.4 クビ 8-8-8-6 37.3 520
[0]
西園正都 5
3 7 ハヤブサナンデクン 牡7 57 津村明秀 1:39.5 1/2 3-3-3-2 37.6 516
[+2]
吉村圭司 3
4 4 シャマル 牡5 57 川田将雅 1:39.7 1.1/2 4-4-4-4 37.8 509
[+3]
松下武士 1
5 5 ソリストサンダー 牡8 57 松山弘平 1:40.2 2.1/2 6-6-6-8 38.1 484
[+2]
高柳大輔 7
2023年の第35回かしわ記念(GI。ダート1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2 – 12.0 – 12.5 – 12.8 – 12.3 – 12.1 – 12.9 – 12.5
ラップの
累計タイム
12.2 – 24.2 – 36.7 – 49.5 – 1:01.8 – 1:13.9 – 1:26.8 – 1:39.3
上り 4F 49.8 – 3F 37.5

船橋ダート1600m、晴の良馬場、1頭除外で13頭立てとなりJRA勢6頭、NAR勢7頭の一戦。2022年のJBCレディスクラシック(JpnI)勝ち馬ヴァレーデラルナ(2019.1.17)が逃げて馬群を引き連れて作り出したペースは入りの600m36秒7、1000m通過が61秒8という流れ。ジーワンレースのマイル戦としてはゆったりしたペースを察知してか、向こう正面からマクリ加減で進出する後続馬たち。3角から4角、積極的に仕掛けた外のハヤブサナンデクン(2016.3.31)と津村明秀騎手、最内から今年2023年のNAR開催のダートグレード競走6連勝中だった川田将雅騎手騎乗のシャマル(2018.2.23)。そんな競馬学校20期生どうしの勝負に割って入ったのは、大外から一気の末脚を見せたメイショウハリオと浜中俊騎手(23期生)、そして馬群中央を伸びたタガノビューティーと石橋脩騎手(19期生)。馬は2017年生まれ世代の現6歳世代どうし、伸び合いを制したのは、僅かに「クビ」差でメイショウハリオ。昨年の帝王賞(JpnI)に続いてジーワン競走2勝目を遂げたのでした。

メイショウハリオ(2017.2.25)-第45回帝王賞(JpnI)の勝ち馬-
メイショウハリオ 牡 栗毛 2017.2.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・松本 好雄氏 栗東・岡田 稲男厩舎

メイショウハリオは前走フェブラリーS(GI)で大きな出遅れを見せたものの鋭い末脚で3着。

レモンポップ(2018.2.15)-第40回フェブラリーS(GI)の勝ち馬-
レモンポップ 牡 栗毛 2018.2.15生 米・Mr. & Mrs. Oliver S. Tait氏生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・田中 博康厩舎

サスガの地力を見せていたところで、五分のスタートを切ったかしわ記念では「戦って来た相手からは負けられない」というところを見せてのジーワン2勝目。オープンクラスに上がってからは「左回りでどうか」と思われるフシもあったメイショウハリオですが、タガノビューティー以下をねじ伏せての勝利、サスガでした。そしてまた関西の大馬主である松本好雄オーナーにとっては、

【かしわ記念】松本好雄オーナーが65年ぶり船橋競馬場来場で歓喜! メイショウハリオがG1・2勝目 | 競馬ニュース - netkeiba
◆第35回かしわ記念・交流G1(船橋競馬場・ダート1600メートル)  第35回かしわ記念・交流G1(船橋競馬場、1600メートル)が4日、13頭(JRA6、南関東3、他地区4、スマイルウィは競… No.1競馬情報サイト「netkeiba」...

実に65年ぶりの船橋競馬場の来訪、愛馬が見事に勝利で祝ってくれました。しっかし、松本オーナーは御年85歳でも背筋ピンとされていて、実にカクシャクとされていますね。素晴らしい(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。