ウシュバテソーロ(2017.3.4)-第27回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬-

Result

ウシュバテソーロ(Ushba Tesoro) 牡 鹿毛 2017.3.4生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・高木 登厩舎

ウシュバテソーロ(2017.3.4)の4代血統表

オルフェーヴル
栗毛 2008.5.14
種付け時活性値:0.00【8】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
ノーザンテースト 1971.3.15
グランマステイーヴンス 1977.2.9
ミルフィアタッチ
鹿毛 2006.1.28
仔受胎時活性値:0.50【10】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.00【4】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シジェームサン
黒鹿毛 1992.2.19
仔受胎時活性値:1.25【13】
Septieme Ciel
鹿毛 1987.4.15
種付け時活性値:1.00【4】
Seattle Slew 1974.2.15
Maximova 1980.4.16
Samalex
鹿毛 1982.1.30
仔受胎時活性値:0.25【9】
Ela-Mana-Mou
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:1.25【5】
Pampas Miss
栗毛 1974.3.7
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×5(父方)>

ウシュバテソーロ(2017.3.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オルフェーヴル
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Septieme Ciel
(Seattle Slew系)
Ela-Mana-Mou
(Fair Trial系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ela-Mana-Mou
(Rose Bertin)
3.75
(【10】+【13】+【9】+【7】)
祖母が米Gレース3勝馬
(No. 9-f)
6番仔
(6連産目)

*

2023年の第27回ドバイワールドカップ(UAE・GI。メイダン・ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 14 ウシュバテソーロ 牡6 57 川田 将雅 2:03.25 高木 登 5
2 1 Algiers せん6 57 James Doyle 2 3/4 Simon & Ed Crisford 2
3 6 Emblem Road 牡5 57 Adel Alfouraidi 短アタマ Ahmad Abdulwahed 9
4 13 テーオーケインズ 牡6 57 Oisin Murphy 3/4 高柳 大輔 3
5 5 クラウンプライド 牡4 57 Damian Lane 4 新谷 功一 12
【ドバイWC】ウシュバテソーロが豪快に追い込んで栄冠、ついに日本競馬界の悲願達成! | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地25日のG1ドバイワールドカップ(メイダン競馬場、ダート2000m)で、ウシュバテソーロ(4番人気)が日本競馬界の悲願をついに達成。道中最後方から直線で豪快に追い込みを決め、2.75馬身突き抜け

ウシュバテソーロ、道中最後方からの一気呵成の末脚でライバル14頭を撫で切りにして、日本生産調教馬史上初となるダート開催のドバイワールドカップ制覇。テン乗りとなった「優勝請負人」川田将雅騎手の鼓舞に応えた様を見て、日本時間では真夜中なのに大きな声が出てしまいました^^;。ウシュバテソーロ、ブラジルC(L)、カノープスS(L)、東京大賞典(GI)、川崎記念(JpnI)、そしてドバイワールドカップと5連勝。本当にお見事でした。本当におめでとうございました。

ウシュバテソーロ(2017.3.4)-第68回東京大賞典(GI)の勝ち馬-
ウシュバテソーロ 牡 鹿毛 2017.3.4生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・高木 登厩舎
ウシュバテソーロ(2017.3.4)-第72回川崎記念(JpnI)の勝ち馬-
ウシュバテソーロ 牡 鹿毛 2017.3.4生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・了德寺健二ホールディングス(株) 美浦・高木 登厩舎

もはや世界の舞台で日本生産調教馬が勝つのは「当たり前」の時代となりました。ただ、それでも海外のダートGIの敷居は高かったのですが、金色の三冠馬の仔たちが恐るべき末脚を以て勝利を蹄中に収めてくれました。壁を打ち崩したマルシュロレーヌ(2016.2.4)、ウシュバテソーロの素晴らしさ。同時にステイゴールド、オルフェーヴルに続く親仔3代連続の日本生産調教馬による海外Gレース制覇も凄い。サンデーサイレンスの血が真に革命的であることを世界に示してくれています。

平成の首位種牡馬を辿る(其の伍)-サンデーサイレンス(1986.3.25)-
サンデーサイレンス(Sunday Silence) 牡 青鹿毛 1986.3.25生~2002.8.19没 米国・Oak Cliff Thoroughbreds, Ltd. 生産 馬主・Gaillard-Hancock III-Whittingham & 吉田善哉氏 米国・Charles E. Whittingham厩舎
ステイゴールド(1994.3.24)-五十音にて名馬を辿る(No.13)-
ステイゴールド 牡 黒鹿毛 1994.3.24生~2015.2.5没 白老町・白老ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・池江 泰郎厩舎
オルフェーヴル(2008.5.14)-三冠馬を辿る(No.7)-
オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎
マルシュロレーヌ(2016.2.4)-第38回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-
マルシュロレーヌ(Marche Lorraine) 牝 鹿毛 2016.2.4生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・矢作 芳人厩舎

という訳で、やっぱりスリープレスナイト(2004.2.7)になってしまった、2023年のドバイワールドカップデー。勝ち馬たちに関しては、ドバイワールドカップ、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)とメイン、準メインからレースの開催の逆順に追い、都合8本、薄目の記事群の投稿になろうかと思います。ご容赦の程、お願い申し上げます。……あ、今日は高松宮記念(GI)の勝ち馬も書かないといけないですね^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

【ドバイWC】ウシュバテソーロ 凱旋門賞挑戦プラン 史上初砂芝“二刀流”で世界最高峰狙う | 競馬ニュース - netkeiba
父さん、忘れ物を取りに行くよ――。25日(日本時間26日未明)、UAEのメイダン競馬場で行われた1着賞金696万ドル(約9億1000万円)のダートG1ドバイワールドカップを制した日本馬ウシュバテソー… No.1競馬情報サイト「netkeib...

追い切りで感じた「和生との時間」──彼が乗っていたからこそ、ウシュバはこの舞台に辿り着けた【月刊 川田将雅・前編】 - 川田将雅 | 競馬コラム - netkeiba
▲今年のドバイWCデーを振り返ります(撮影:高橋正和)今年は史上最多26頭もの日本馬が参戦したドバイWCデー。結果はUAEダービーの上位独占から始まり、ドバイSCを圧巻の勝利。そして最後に川田騎手とウ… No.1競馬情報サイト「netkei...