Hitotsu(2018.9.11)-第161回オーストラリアンダービー(GI)の勝ち馬-

Result

Hitotsu(ヒトツ) 牡 青鹿毛 2018.9.11生 豪州・Arrowfield Pastoral Pty Ltd生産 馬主・A Kheir, K J Payne Et Al 豪州・Ciaron Maher & David Eustace厩舎

Hitotsu(2018.9.11)の4代血統表
モーリス
鹿毛 2011.3.2
種付け時活性値:1.625【6.5】
スクリーンヒーロー
栗毛 2004.4.18
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
Silver Hawk 1979.4.20
Ameriflora 1989.1.29
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
サンデーサイレンス 1986.3.25
ダイナアクトレス 1983.5.4
メジロフランシス
鹿毛 2001.3.18
カーネギー
鹿毛 1991.2.26
Sadler’s Wells 1981.4.11
Detroit 1977.2.24
メジロモントレー
黒鹿毛 1986.4.25
モガミ 1976.5.18
メジロクインシー 1981.7.1
Love Is Fickle(AUS)
鹿毛 2011.9.13
仔受胎時活性値:1.50【6】
Redoute’s Choice(AUS)
鹿毛 1996.8.15
種付け時活性値:1.50【14】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Shantha’s Choice
鹿毛 1992.10.28
Canny Lad 1987.9.1
Dancing Show 1983.3.19
She’s A Meanie(NZ)
青鹿毛 1995.11.10
仔受胎時活性値:1.75【15】
★Prince Salieri(AUS)
栗毛 1986.9.28
種付け時活性値:0.00【8】
Salieri 1980.2.14
Caitie’s Kingdom 1980.10.9
Shekanwyn(NZ)
鹿毛 1987.10.15
仔受胎時活性値:1.75【7】
Musical Phantasy(USA)
黒鹿毛 1976.3.11
種付け時活性値:0.625【10.5】
Brauner Flight(NZ)
黒鹿毛 1981
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Danzig5×4、Northern Dancer5×5>

Hitotsu(2018.9.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
モーリス
(Roberto系)
Redoute’s Choice
(デインヒル系)
Prince Salieri
(Damascus系)
Musical Phantasy
(Phalaris系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
モーリス 6.25 祖母が新GI勝ち馬
(No. C4)
3番仔?
(3連産目?)

*

2022年の第161回オーストラリアンダービー(GI。ランドウィック芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Hitotsu 牡3 56.5 John Allen 2:39.39 Ciaron Maher & David Eustace 1
2 15 Benaud せん3 56.5 Brenton Avdulla クビ J O’Shea 5
3 2 Alegron せん3 56.5 Hugh Bowman 1/2 James Cummings 3
4 13 Zoumon せん3 56.5 Timothy Clark 8 1/4 Gai Waterhouse & Adrian Bott 16
5 17 Sea Treasures せん3 56.5 Rachel King 1 Bjorn Baker 14
モーリス産駒のヒトツ、豪ダービーも制して史上初の快挙を達成 | JRA-VAN Ver.World
 G1オーストラリアンダービー(3歳、芝2400m)が現地2日にランドウィック競馬場で行われ、単勝3.30倍の1番人気に推されたモーリス産駒のヒトツが中団のやや後方を追走すると、迎えた直線では差し返す

2022年の第161回オーストラリアンダービー。最後、マクリから凌ぎ切ったHitotsuの姿を見て「うぉ、これは強い!!」と声が出ました。モーリスの仔Hitotsu、2つ目のダービー制覇と3つ目のGI勝利、果たしてくれました。

Hitotsu(2018.9.11)-第168回ヴィクトリアダービー(豪GI)の勝ち馬-
Hitotsu(ヒトツ) 牡 青鹿毛 2018.9.11生 豪州・Arrowfield Pastoral Pty Ltd生産 馬主・A Kheir, K J Payne Et Al 豪州・Ciaron Maher & David Eustace厩舎
Hitotsu(2018.9.11)-第37回オーストラリアンギニー(GI)の勝ち馬-
Hitotsu(ヒトツ) 牡 青鹿毛 2018.9.11生 豪州・Arrowfield Pastoral Pty Ltd生産 馬主・A Kheir, K J Payne Et Al 豪州・Ciaron Maher & David Eustace厩舎

Hitotsu、ヴィクトリアダービー(豪GI)、オーストラリアンギニー(GI)、そしてオーストラリアンダービーとGI3連勝。現行の開催時期になってからのヴィクトリアダービーとオーストラリアンダービー制覇は、Dulcify(1975.10.14)、Mahogany(1990.10.1)-日本でも供用されたラストタイクーン(1983.5.9)の仔-に続いて3頭目。そしてまたヴィクトリアダービー、オーストラリアンギニー、オーストラリアンダービーの3連勝は史上初ということでした。素晴らしい!!

モーリス産駒ヒトツ、ジャパンカップ参戦の可能性浮上 | JRA-VAN Ver.World
 現地2日にG1オーストラリアンダービーを制したモーリス産駒のヒトツが、春シーズンにジャパンカップ遠征を検討していることが分かった。  地元メディア『The Sydney Morning Heral

Hitotsu、もしかしたら11月のジャパンカップ(GI)でその走りが見られるかも知れません。21世紀の今、オセアニアの強い馬の強い競馬を、ジャパンカップで見てみたいもの。環太平洋の架け橋たるレースにおいて、日本発の豪州で花開いた血が、帰ってくる様を見てみたいもの。モーリスの仔Hitotsu、今後の進路も楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#今回のオーストラリアンダービーにはAkahata(2018.9.11)という名前の馬が走っていました。HitotsuとAkahata、日本語由来と思われる2頭、同じ2018年9月11日生まれ。18頭立て、かたや1着、こなたブービー(本来の意味)。着順はどうあれ、ヘビーな馬場での走り、お疲れ様でした。

##Hitotsuを共同管理されるキアロン・マー&デヴィッド・ユースタスのコンビは、昨年2021年の第160回を制したExplosive Jack(2017.11.9)に続くオーストラリアンダービー連覇。おめでとうございました。

Explosive Jack(2017.11.9)-第160回オーストラリアンダービー(GI)の勝ち馬-
Explosive Jack(エクスプローシブジャック) 牡 鹿毛 2017.11.9生 新国・Explosive Breeding Ltd生産 馬主・M Johnston, Mrs A J Johnston Et Al 豪州・Ciaron Maher & David Eustace厩舎