Sammarco(2019.4.19)-第153回独ダービー(GI)の勝ち馬-

Result

Sammarco(サンマルコ) 牡 鹿毛 2019.4.19生 愛国・Gestut Park Wiedingen生産 馬主・Gestut Park Wiedingen 独国・P Schiergen厩舎

Sammarco(2019.4.19)の4代血統表
Camelot
鹿毛 2009.3.5
種付け時活性値:0.25【9】
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Floripedes
鹿毛 1985.5.11
★Top Ville 1976.4.5
Toute Cy 1979.5.4
Tarfah
鹿毛 2001.2.26
▲Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
Fickle
鹿毛 1996.3.30
デインヒル 1986.3.26
Fade 1988.4.11
Saloon Sold
鹿毛 2014.3.14
仔受胎時活性値:1.00【4】
Soldier Hollow
鹿毛 2000.2.25
種付け時活性値:1.25【13】
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler’s Wells 1981.4.11
High Hawk 1980.3.17
Island Race
鹿毛 1995.4.20
Common Grounds 1985.4.20
Lake Isle 1989.4.5
Saloon Rum
鹿毛 2004.3.30
仔受胎時活性値:0.25【9】
Spectrum
鹿毛 1992.5.8
種付け時活性値:0.75【11】
Rainbow Quest 1981.5.15
River Dancer 1983.1.13
Salonblue
鹿毛 1998.2.23
仔受胎時活性値:1.25【5】
Bluebird
鹿毛 1984.4.2
種付け時活性値:1.25【13】
Salonrolle
鹿毛 1993.3.17
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Sadler’s Wells3×4>

Sammarco(2019.4.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Camelot
(Sadler’s Wells系)
Soldier Hollow
(Sadler’s Wells系)
Spectrum
(Blushing Groom系)
Bluebird
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Soldier Hollow
(High Hawk)
3.50シュネルマイスターと同牝系
(No. 16-c)
初仔

*

2022年の第153回独ダービー(GI。ハンブルク芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Sammarco 牡3 58 Bauyrzhan Murzabayev 2:32.95 P Schiergen 3
2 8 Schwarzer Peter 牡3 58 Andreas Helfenbein 短アタマ Markus Klug 12
3 2 So Moonstruck 牡3 58 Frankie Dettori 短アタマ Markus Klug 1
4 17 Assistent 牡3 58 Cieren Fallon 1 1/4 Henk Grewe 8
5 12 Nerik 牡3 58 Sibylle Vogt 短アタマ P Schiergen 6
​独ダービーはサンマルコが接戦制す、デットーリ騎乗のソームーンストラックは3着 | JRA-VAN Ver.World
 現地3日、独ハンブルク競馬場にてG1独ダービー(3歳牡馬・牝馬、芝2400m)が行われ、B.ムルザバエフ騎乗のサンマルコが三つ巴の接戦を制した。  20頭立ての2番枠から出たサンマルコは好スタート

2022年の第153回独ダービー。北半球の競馬主要国のダービーの掉尾を飾るのはいつでも独ダービー。毎年7月の第1日曜日にハンブルク芝2400mで行われる一戦、20頭立てとなった2022年の第153回は「短アタマ」「短アタマ」の際どい決着。独国競馬らしく直線で内外大きく広がった決勝点、最内のバウイルザン・ムルザバエフ騎手騎乗のSammarco、馬場中央のフランキー・デットーリ騎手騎乗のSo Moonstruck(2019.3.19)、大外のアンドレアス・ヘルフェンバイン騎手騎乗のSchwarzer Peter(2019.4.10)。馬名の頭文字Sで始まる3頭の叩き合いは、最内の経済コースを回ったSammarcoとムルザバエフ騎手に軍配が上がりました。

ただ、僅差の勝負になった結果、上位2頭の騎手はムチの過剰使用で罰則が適用された模様。機械翻訳に寄るところですが、

優勝したムルザバエフ騎手は許可された5回ではなく7回、2着のヘルフェンバイン騎手は6回ムチを使用した。

このため、両騎手には厳しい処分が下された。過去12カ月間に前科のないムルザバエフには、17日間のライセンス停止と賞金の50%の没収が言い渡されました。彼の場合、それは9,750ユーロです。

アンドレアス・ヘルフェンバインは14日間の出場停止処分を受け、賞金の50%も没収されました。彼の場合、これは3,250ユーロに相当します。

Peitsche: Sperren f・ Murzabayev und Helfenbein | GaloppOnline

勝負に行っての気概がさせたこと。29歳のムルザバエフ騎手、54歳のヘルフェンバイン騎手。どちらが勝っても独ダービー初制覇となったのですから。

そんな勝負をわずかに勝ち切ったムルザバエフ騎手は、香国(カザフスタン)出身で現在は独国のペーター・シールゲン厩舎の所属騎手として活躍されています。ムルザバエフ騎手、日本での知名度はまだまだ低いかも知れませんが、2013年から2015年まで捷国(チェコ)で首位騎手、そして2019年から2021年まで独国で首位騎手と、若い時期から手腕を振るわれています。昨年2021年の凱旋門賞(仏GI)を制したTorquator Tasso(2017.4.21)の初勝利もムルザバエフ騎手によるものでした。シールゲン調教師とムルザバエフ騎手のコンビ、独ダービーの2週間前には伊オークス(GII)をNachtrose(2019.4.13)で勝利されており、勢いに乗っての独ダービー制覇。併せてムルザバエフ騎手のGI初制覇が、今回の独ダービーと相成りました。

https://www.turf-times.de/kontakt/bauyrzhan-murzabayev

*

独ダービー馬サンマルコの次走はバーデン大賞か、昨年は後の凱旋門賞馬が制覇 | JRA-VAN Ver.World
 現地3日のG1独ダービーを制したサンマルコは、次の目標を9月の独G1バーデン大賞と定めているようだ。 キャメロット産駒のサンマルコは独G2ケルンボンウニオンレネンからの連勝で独ダービーを制覇した。 

シールゲン師によるとSammarcoの次走はバーデン大賞(独GI)になる模様。独国伝統のGI、日本に馴染み深い馬たちも勝利を収めており、キャロルハウス(1985.3.5)Lando(1990.1.23)ピルサドスキー(1992.4.23)マリエンバード(1997.5.26)デインドリーム(2008.5.7)、ノヴェリスト(2009.3.10)等が勝ち馬に名を連ねています。上述のTorquator Tassoもバーデン大賞から凱旋門賞を連勝していますが、Sammarco、若い3歳馬の力がまずは独国内の古馬との勝負で通用するか。秋初戦も楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。