日本に輸入された凱旋門賞馬を辿る(其の漆)-パントレセレブル(1994.3.17)&マリエンバード(1997.5.26)-

Special feature

パントレセレブル(Peintre Celebre) 牡 栗毛 1994.3.17生 米国・Allez France Stables生産 馬主・Daniel Wildenstein 仏国・Andre Fabre厩舎

パントレセレブル(1994.3.17)の4代血統表

Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli
栗毛 1963.8.10
Aristophanes 1948
Trevisa 1951
Thong
鹿毛 1964.4.23
Nantallah 1953.3.5
Rough Shod 1944
Peinture Bleue
栗毛 1987.4.7
仔受胎時活性値:1.50
Alydar
栗毛 1975.3.23
種付け時活性値:0.75
Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Sweet Tooth
鹿毛 1965.4.17
★On-and-On 1956.4.24
Plum Cake 1958.4.11
Petroleuse
鹿毛 1978.5.13
仔受胎時活性値:2.00
Habitat
鹿毛 1966.5.4
種付け時活性値:0.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Little Hut 1952
Plencia
栗毛 1968.1.12
仔受胎時活性値:0.25
Le Haar
栗毛 1954.4.11
種付け時活性値:1.25
Petite Saguenay
栗毛 1961.1.26
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Native Dancer4×4、Hyperion5×5(父方)、Nasrullah5×5>

パントレセレブル(1994.3.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Nureyev
(Northern Dancer系)
Alydar
(Raise a Native系)
Habitat
(Sir Gaylord系)
Le Haar
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Le Haar
(Vieux Manoir)
5.25 母が米GII勝ち馬
(No. 9)
2番仔
(2連産目)

*

1997年の第76回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 13 パントレセレブル 牡3 56 Olivier Peslier 2:24.60 A Fabre 1
2 9ピルサドスキー 牡5 59.5 Mick Kinane 5 Sir Michael Stoute 3
3 15 Borgia 牝3 54.5 Kieren Fallon 2 1/2 B Schutz 8
4 8 Oscar Schindler 牡5 59.5 C Asmussen 短アタマ Kevin Prendergast 6
5 6 Predappio 牡4 59.5 John Reid 短アタマ Saeed bin Suroor 4

1997年の第76回凱旋門賞を制したのはパントレセレブル。オリビエ・ペリエ騎手の「凱旋門賞3連覇」の2年目は、当年の仏国最強3歳馬による恐ろしいまでの瞬発力を見せ付けられたという結果。ロンシャン芝2400mの走破時計2分24秒6は、アンドレ・ファーブル厩舎の先輩であるTrempolino(1984.3.17)が第66回で計時した2分26秒3のレコードを1秒7も縮めるスーパーレコードでした。

そんなパントレセレブルについては「カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の漆)-パントレセレブル(1994.3.17)-」もご参照いただければ幸いです。

[パントレセレブル(1994.3.17)の主な競走成績]

  1. ジョッケクルブ賞(仏GI)、凱旋門賞(仏GI)、パリ大賞(仏GI)、グレフュール賞(仏GII)
  2. ニエル賞(仏GII)
  3. シェーヌ賞(仏GIII)

通算7戦5勝、2着1回、3着1回。

*

マリエンバード(Marienbard) 牡 鹿毛 1997.5.26生 愛国・Saif Ali生産 馬主・Godolphin Racing 英国・Michael Jarvis厩舎→Saeed bin Suroor厩舎

マリエンバード(1997.5.26)の4代血統表

Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:0.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Flaming Page
鹿毛 1959.4.24
Bull Page 1947
Flaring Top 1947
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table
鹿毛 1954.4.6
Princequillo 1940
Knight’s Daughter 1941
Regal Gleam
黒鹿毛 1964.3.17
Hail to Reason 1958.4.18
Miz Carol 1953
マリエンバド
鹿毛 1991.3.31
仔受胎時活性値:1.25
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:0.25
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Delsy
鹿毛 1972.3.20
Abdos 1959.5.18
Kelty 1965.2.28
Marie de Fontenoy
栗毛 1983.2.18
仔受胎時活性値:1.75
★Lightning
鹿毛 1974.3.31
種付け時活性値:0.00
Kashmir 1963
Fidra 1961.5.2
Primula
栗毛 1972.3.27
仔受胎時活性値:0.50
Petingo
鹿毛 1965
種付け時活性値:1.50
Valrose
鹿毛 1957.3.25
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

マリエンバード(1997.5.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Caerleon
(Nijinsky系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Lightning
(Owen Tudor系)
Petingo
(Fairway系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Petingo
(Art Paper)
5.00 サクラレイコと同牝系
(No. 12-g)
2番仔
(2連産目)

*

2002年の第81回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 マリエンバード 牡5 59.5 Frankie Dettori 2:26.70 Saeed bin Suroor 8
2 14 Sulamani 牡3 56 Thierry Thulliez 3/4 P Bary 2
3 13High Chaparral 牡3 56 Mick Kinane 1/2 A P O’Brien 1
4 2 Califet 牡4 59.5 Thierry Jarnet 1/2 G Cherel 15
5 16 Islington 牝3 54.5 Kieren Fallon 短クビ Sir Michael Stoute 5

2002年の第81回凱旋門賞を制したのはマリエンバード。前々走ドイツ賞(独GI)、前走バーデン大賞(独GI)と独GIを連勝してやって来た5歳牡馬マリエンバード、人気は若い3歳牡馬High Chaparral(1999.3.1)、Sulamani(1999.4.9)に譲りましたが、勝利は譲りませんでした。その勝ち時計2分26秒7は当時史上4位の勝ち時計であり、古馬牡馬が凱旋門賞を制した際の勝ち時計としては、実は2019年時点でも最速の勝ち時計です。

  • 凱旋門賞レコード:2分32秒61
    →第95回でFound(2012.3.13)が記録。ただし、シャンティイ競馬場での開催によるもの
  • ロンシャン競馬場での開催による最速の勝ち時計:2分24秒49
    →第90回でDanedream(2008.5.7)が記録。同時に3歳牝馬による最速の勝ち時計
  • 3歳牡馬による最速の勝ち時計:2分24秒6
    →第76回でパントレセレブル(1994.3.17)が記録。上述
  • 古馬牡馬による最速の勝ち時計:2分26秒7
    →第81回でマリエンバード(1997.5.26)が記録。本稿の主役
  • 古馬牝馬による最速の勝ち時計:2分26秒05
    →第93回でTreve(2010.4.7)が記録

競馬は時計がすべてではありませんが、マリエンバード、59.5kgを背負って立派な勝利を収めました。なお、凱旋門賞の5歳以上の馬の勝利は、第67回を制したトニービン(1983.4.7)以来14年ぶりのことでした。マリエンバード以降は長らく5歳以上の馬が制していなかったのですが、今年2019年の第98回でWaldgeist(2014.2.17)が17年ぶりに勝利を収めました。また、このマリエンバードが制した第81回には日本からマンハッタンカフェ(1998.3.5)が出走していましたが、奮闘実らず13着。世界の厳しさを、改めて知らされました。

[マリエンバード(1997.5.26)の主な競走成績]

  1. 凱旋門賞(仏GI)、バーデン大賞(独GI)、ドイツ賞(独GI)、英ジョッキークラブS(GII)、ヨークシャーC(英GII)
  2. グレートヴォルティジュールS(英GII)、ドーヴィル大賞(仏GII)、セントサイモンS(英GIII)
  3. 愛セントレジャー(GI)

通算17戦8勝、2着3回、3着1回。

Marienbard

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。